映画・テレビ

2011年6月 8日 (水)

3D

6月6日、ついに地デジ対策に踏み切った。

我が家には4台のテレビがある。

4台あることを、勤務先同僚に話したらびっくりしていた。

何でそんなにあるの?????

台所、ジジの部屋、夫の部屋、娘の部屋である。

我が家にはリビングがない。

だから、大きなテレビは必要ない。

全部小さい。

購入したものは、台所、夫の部屋、娘の部屋のものである。

ジジの部屋のテレビはババがまだ元気な頃に、

義姉がすでに我が家では最大のものを用意してくれてある。

夫の部屋には32型、娘は22型のアクオス、

キッチンには19型レグザ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

テレビを購入するにあたり、

夫との会話。

この歳になると、

最新っていうことにこだわりがなく、

今後のテレビの進化に興味もなくなったが

今後の進化は何があるのか?

と考えると3Dだろう・・・・って結論に。

3D体験のない私は、どうもピンとこなかった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨日、

「パイレーツ・オフ・カリビアン」

を3Dで体験した。

オォォォォォ~!

って感じ・・・・・。

やっぱり、

ないより、あったほうがいいかも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

ブラックスワン

施設には認知症で幻覚を見る方もおられる。

レビー小体型認知症の方から

とんでもない幻覚の話を聞く。

通常は廊下に設置されている連絡用電話を

入居者は使用することはない。

ある日、入居者Kさんが電話で話をしている。

警察からの電話で、

子供さんが刺され道路で血まみれで倒れ

今病院に救急車で運ばれ、

瀕死の状態なのですぐに病院に来るように・・・・

と連絡があった。

すぐに行かないと・・・・

と血相を変えている。

もちろんその電話には相手は存在しない。

入居者Kさんは、

部屋でベットに寝ようとするけれど

ベットに変な虫がうじゃうじゃいて

ベットに横になれないからなんとかして欲しい・・・

と訴える。

もちろんベットには何もいない。

というように、

こういった幻覚、幻視、幻聴の悩みを

入居者は訴えてくる。

私たちはそれを受け止め、傾聴し

入居者が安心できるように

助言する。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

25日観た映画、

ブラックスワンは幻覚の連続だった。

精神的に追い詰められた主人公、

彼女が体験する幻覚をリアルに映像化されている。

観ているほうも、

どこからが現実でどこまでが幻覚なのか分からなくなる。

映像にさほどの怖さはないけれど、

なんかゾッとするものがあるよね。

鳥肌がたってる映像は、

わたしも実際鳥肌たったよ。

またまた、

私なりの解釈ね・・・・、

自分の器にあった夢を持ちなさい

さもなければ精神がやられてしまいますよ・・・・

ってことかな・・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ハンドルネームと、ブログタイトル変更しました。

ハンドルネームは

むかし、娘につけたかった名前なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

八日目の蝉

ボビーは散歩に行くと、蝉の抜け殻を見つけ

ぼりぼりと食べた。

娘はそれを嫌い、

夏にボビーの散歩をしなくなると同時に

蝉が大嫌いになった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先日映画「八日目の蝉」を観た。

親子をテーマにした内容は

どうしても泣けてくるよね。

特に、幼少期の子供心理・・・

とか、母親の心理・・・

なんかは・・・・特に。

キャストがちがうと

また違う印象になるのかもしれないけれど

あの子役の愛らしさは

ますます切なさをそそる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

原作は少し前に読んだ。

私なりのテーマ解釈は

優柔不断な男とは手を切れ・・・・

ってなことですが、

女は簡単にはいかない。

・・・・・本当に難しいテーマだよね。

何が幸せなんだろう・・・。

やっぱり、一番悪いのは男・・・

だよね。

結婚してるのに他の女に手を出すな・・・

だよね。本当に・・・。

それと、幸せな家庭が築けないなら

子供は作るな・・・ってなことかな・・・。

これはあくまでも

私の見解です。

とにかく、男にむかつく。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、「いのち」

これがメインテーマかな。

タイトルに象徴されているけれど、

一般的でない境遇で生きるものは

幸せなのか?

「幸福」と捕らえられる生き方のできる人は

少ないような気がするけど・・・・。

愛情を受けてきたものにとっては

そうとれるかもしれないね。

そうでない人のほうが、

きっと多い気がする。

・・・・・いろいろな事件、まわり見ちゃうとね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

発掘良品

TUTAYAで特設コーナーが設置されていた。
なかなか面白そうだぞ!・・・ってことで、
二本借りた。

「L.A.confidential」「理由」Just Cause。

いいもの発見!

こんど何借りようか?

迷うなぁ~。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

観たかった映画が
この辺では上映されていない。

残念です。

名古屋まで見に行こうかなぁ~・・・。

観たい映画は

「戦火の中へ」なんだけどね。

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

ソーシャルネットワーク

映画ね。

久しぶりです。

回転が速いから細かく理解しようとすると
混乱するかも。

内容はいたって単純。

あっという間に時間が過ぎる。

いつもの定番席獲得。

せいぜい3・4人しかいなかったかも・・・。

いつの世にも、
成功をつかむ影には
女・・・かもね・・・。

バネにするか、
執着するか、
支援するか・・・・、

笑わない主人公・・・
まわりにも
いるよね。

嫌いじゃないキャラなんだけどね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

告白

「孤高のメス」にしようか、

「告白」にしようか迷った。

「孤高のメス」は9:30~、

「告白」は10:15~。

必然的に「告白」。

とっても失礼なのかもしれないけれどCMで

主役の森口先生は、松嶋菜々子だと思ってた。

最後の最後の講堂で少年Aが倒れるシーンで初めて松たか子だと気がついた。

やっぱり私は俳優で映画を見てるのではないことが判明。

声の質が似ているのかもしれない。

で、内容はどう?

と申しますと。

1000円出しても良かったよ。(* ̄ー ̄*)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いろいろ考えるところアリ。

少年法、

被害者家族の心理、

加害者の心理、

とりまく人間の心理。

人間の成長段階での

満たされない愛情不足ってこういう結果になりうる可能性あるのかな?

すでに、子育て終えた親にとって冷静に見れるけれど、

まさに思春期の子供達をかかえた親にとっては

とっても人事で見ていられないかもしれないですね。

「命」の重さを問題にしている割には

重圧感がなく終わりがくるのは????。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アール指定15。

どこの母親も、

自分の子供が一番愛おしいと思うのは

違うのかもしれない・・・・ねぇ~。

最近のニュース見ていると・・・・。

虐待のニュース見るたび思おうよ・・・。

でも、今になって思うことあるのよね、

時には虐待まがいの行為してしまったこともあったなぁ~と。

日常継続ってのは有り得ないけどね、・・・一時の感情で。

北野たけし氏もいってましたし・・・

人類滅亡の終末期。

「な~んてね!」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

かちあった

坂の上の雲が始まった。

番組表を見ると、

JIN と少しの時間かぶる。

まして、亀田×内藤 戦がもろかぶり。

さてさてどちらを見ようか・・・。

結局NHKを選んだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

どこかの懸賞で、今日のJINに出てくるミキの洋服の色は?

というクイズがあったけれど、う~ん思い出せない。

最後まで見たけれど、今日、写真画面に流れた?

最初の辺りかな?

いつもは最後の辺りにでてくるんだけれど、

きょうは仁が驚いた顔が映し出されただけで、

写真はなかったよね。

最初の5分は NHKだったから・・・・

ここで見逃したかな?・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

内藤×亀田戦は勝敗だけしか

まだ情報得てないけれど・・・。

どっちも応援してないとは言わない

ほんのちょっとだけ残念な気分・・・・。

内容は後で確認。

亀田青年は試合終了時、

内藤選手へ

大人の対応できてた?

その辺の確認のしておかないと・・・・ね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

4843歩 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

日曜劇場 

毎週欠かさず見ているテレビ番組がある。

TBS 日曜劇場 「JIN-仁」。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先日の娘との会話。

流行語大賞にノミネートされている

「こんなところ来とうはなかった」

加藤清史郎くんの天地人のセリフ。

「えぇ~、あの子 仁 に出てたっけ?」

時代劇の「じん」でどうも勘違いしている様子。

それにしても

今年は加藤清史郎君の年でしたね。

与六時代の熱演・・・かわいくてけな気で、泣き顔に魅了されてしまいました。

それが、子供店長で現れたときにはびっくり仰天。

「子供店長」もノミネートしているし・・・。

任侠ヘルパーにも出ているし・・・。

子役で成功している子の将来がとても心配。・・・入らぬ世話じゃpunchってか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ところで、来年からの

大河ドラマは「龍馬伝」

福山ってのがいいねぇ~

仁-では内野聖陽がやってるんですけどね、なかなかですよ。

英雄のキャスティングは美形になる・・・のは

見る側は、正直楽しみ・・・smile

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

坂本龍馬って、結構遅くまでオネショしていたらしい・・・・です。

息子に、その話ししては励ましていた時代がありました。

今日は「天地人」最終回。

「仁」7話。

最近こんなんで楽しんでます。pig

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

息抜き

巷のレンタルCD店では、

5本以上のレンタルで旧作が一本¥100になる

というので、見たかった作品をまとめてレンタルした。

ゲオ、つたや、アメリカ、我が家の近辺全部やっているらしい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

見たかったのは、

「プリズナー」

2回ほど探したがレンタル中。

一話は見たけれど、その後がなかなかレンタルできない。

映画では見損なってしまった「チェンジリング」と重なった。

警察を信用できない世界。

時代背景は全く違うけれどね・・・・。

プリズナーは、

騙されないでしょ・・・・普通・・・などと

独り言いいながら、

警察と登場人物に腹を立てながら

見ている。coldsweats01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

我が家は、リアルタイムで

WOWOW見れません。bearing

「パンドラ」は途中で中断してしまっていたので

この機に最後までみましたよ。

まあ、現実味のないところが

架空のお話しと割り切ることができ、

それはないでしょ~と

言いながら見ています。smile

三上博史・・・・久しぶりに映像で拝見。

私の中では彼の名を聞くと

「この世の果て」のドラマが浮かぶ。

と同時に、尾崎のこのドラマの主題歌になっていたのって

なんというタイトルだったっけ??

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今度は、「グラントリノ」旧作には当てはまらないけれど

同時に借りれば、旧作¥100となります。

関係ない話だけど・・・・、

前にも書いたことあったかなぁ~?

私の父は

クリント・イーストウッドに似ていると

よく言われます。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

五十肩かも・・・

ここ10日くらい前から、右二腕から肩甲骨あたりにかけて非常に痛い。

原因はわかっている。

トランス時に、全介助必要な方を起こす際に使用する筋肉。

清掃時、モップ掛けする時にも結構使う。

最近夜冷える日が続いた。

右肩上にする睡眠姿勢。必然的に右肩が冷える。

ツボをおさえると、キク~good

激痛ピークは過ぎた。

ネットで「五十肩」を調べた。

ちょっと違うような気もする・・・安心。

★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★

久しぶりに、映画を観に行ってきました。

いつもの席より一列前。

でもやっぱり真ん中陣取りました。

「相棒」です。

楽しむ為に見に行ったのであれこれ評論は自分の懐に・・。

よかったところだけ残しておきます。

あっという間に過ぎました・・・退屈しません。

一番伝えたいのは、事件の風化・・・なのかもしれません。

子供の死は、親にとって耐え難いこと・・・。

じぃ~んとくるシーンはありましたし。

チェスは全然知らないので、手は読めなかったですが。

木村佳乃氏は、今はまっている韓国ドラマ「雪の女王」のソン・ユリに非常に似ているなぁ~と前々から思っていましたが、今日改めて確認。似てます。

予告みて、

ぜひ観たい映画もう一つ増えました。

以前からはぜひ

「クライマーズ・ハイ」は観たいと思ってましたが

「まぼろしの邪馬台国」追加です。

最近は、邦画が多いなぁ~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧