心と体

2016年2月22日 (月)

病人には優しくね

昨日、市民病院の救急外来にかかり、インフルB の陽性だった。
どんな時でも発熱しないわたしは周りからつらそうには見えないらしい。しんどいが、熱がないだけマシ。
発症後2日まででないとインフルエンザ薬効かないからと、3日目だったわたしは薬の処方はされなかった。今ってこんな対応なの?
症状変わらなく咳、鼻水、筋肉痛、関節痛に困惑している。
それから、今日の市民病院の総合内科の朝一の担当の対応の悪さに苛立ち、ますますストレスたまり、イライラ。
ぶつけるとこないから、ここで発散と思ったけど晴れないや。
明日は良くなってますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

カラオケ

少し前からジジは、

前回の脳梗塞入院前に通っていた、

カラオケ好きの集まるデイサービスに、

再度通い始めた。

ケアマネが言うには、

見学したところ皆さんの歌っているのを、

一緒になって口ずさむくらいに

楽しんでいるらしい。

ということで、我が家でも楽しましてやろうと、

パソコンを一階にもっていき、

ネットカラオケにアクセスしたら、

10曲ほど真剣に聞いて、

一緒になって歌った。

明日はデイサービス行けそうだね・・・・

と言うと、

ニコニコしまぁ行けばどうにか過ごせるから・・・

と意欲はあったものの、

今朝確認したら、

「やめとく・・・。」

だって・・・。

最近、こんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

体調

最近、朝起きると

指の関節がどうも変。

激痛ともいわないけれど、痛みがある。

肩が痛くなる前から時々感じていた。

最近は、腕の付け根の外側辺りに

力を入れると激痛が走る。

幼少のころ

よく脱臼を繰り返していた。

ジャンパー等、袖首が絞まった物を脱ぐとき

必ず脱臼をする。

物心つくころは、

自分の健康体を嘆いていたけれど

もっと幼かった頃、

病弱だったらしい・・・。

肺炎で入院したこともあったと

母親に聞いた。

昔は筋肉注射がよく打たれた。

この筋肉注射が筋肉の萎縮の原因になっていたということで

少し前、問題になった時期があった・・・・いつだったかなぁ~。

私も被害者?なんですよ。

大腿の注射打った辺り

左右確かに凹んでいるし、

両二の腕も同様。

若い頃、ノースリーブを着れなかった理由。

ものすごくムキムキマンに見えるのよねcatface

Cocolog_oekaki_2009_09_29_01_46

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

ウソのような本当の話

五日ぶりの自転車通勤。

快晴に近い、いい天気だったにもかかわらず、

五日間でこんなに人間の体って退化するものなの?

50メートルほどの20度傾斜の上り坂が通勤途中に二箇所ある。

ほぼ同じくらい上ったところで、二箇所で転倒してしまった。

一回目、いつも無いのに今日は工事中の柵が両サイドに立て掛けてあった弧線橋。

二回目はバローから施設まで登った10メートル当たり。このときは道路に面した民家から、お嬢さんとお母様が出てきたので、赤面。

おかげで両手には、擦り傷、腰は痛いし、とんだ災難。

でね、3回目気をつけようと思ってたら、

夕食時の配膳のとき、Yさんのお味噌汁こぼしてしまった・・・・やっぱりねぇ~。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

経過良好

今日午前中、一般病棟に移る旨の連絡が看護師さんから入りました。

ナースステーションで部屋を確認して入ると、

ICUと変わらないホースや、

配線をあちこちに付けているヤスオじいちゃんでした。

脳内の出血は止まったようです。

脳梗塞、心筋梗塞の治療として血液をサラサラにする薬を飲んでいたヤスオじいちゃん。

脳内の出血を助長する心配がありました。

その薬を止め、今度は凝固させる投薬。

おのずと合併症が出てくるらしいです。

心臓がちょっとまずくなっているらしいと主治医から連絡がありました。

なんせ年取っているしたくさんの病気もってるし・・・。

気長に治療していただくしかないです。

思ったよりも元気のいいおじいちゃんでした。

よかった、よかった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

転落

先ほど、階段から転落してしまった。

二階から洗濯物を階下におろそうと、トントントン・・・とリズミカルに降りていくと、あと三段というときに踏み外した。

背骨を打ち、左肘を打ち仰向けでずり落ちた。

非常に痛い!

どこがって、まず頭痛がする。ガンガンひびく。

頭痛がしたので、直前に風邪薬を飲んだところ。

しばらく動けない!

娘が笑いながら「大丈夫?」と質問した。

私は笑えない!

「背骨が折れたかも・・・・」

娘、曰く、

「大丈夫だよ、さっき動いたから・・・。」

なるほど、動く動く。

45も超えれば脳のどこかで梗塞が起きているのは普通らしい。

どんどん脳が死んでいく。

最近妙に自覚している。

「明日はわが身」がホームの年配者の姿と重なる。

まだ早い・・・・とは思えない。

弱気になるまい!

まだまだやりたいことあるじゃん・・・とつぶやく。

お臍の裏側あたりがすりむいたらしい。そのうえ横に青あざがはいっているのとのこと。

吐き気もしてきた。

ような気がする。

肘も、青あざになって少し腫れている。

まいったまいった・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

ムコ多糖症について

ムコ多糖症 Mucopolysaccharidosis、MPS

小児難病「ムコ多糖症」は、遺伝子の異常により、体の中の代謝物質「ムコ多糖」を分解する酵素がないことで、「ムコ多糖」が体中に溜まっていき、様々な障害を引き起こす病気です。

このため、「ムコ多糖症」は日々、症状が進行していきます。溜まっていく「ムコ多糖」は様々な臓器に障害を起こし、結果として徐々に衰弱していき、知能障害・運動能力・聴力の喪失と呼吸困難などを伴い早期に亡くなられます。病気の重篤度と症状は個々の患者によって違いますが、ほとんどの患者の寿命は通常10歳から15歳までと言われています。

つい数年前までは、ムコ多糖症の治療は骨髄移植という方法しかありませんでした。骨髄移植は、拒絶反応などの副作用を伴うため、移植を受けた患者さんの中には治療経過中に亡くなられる方もいました。

欧米では、最近になり、新しい安全な治療法が開発され、認可され始めています。
日本においても、ムコ多糖症治療薬の早期認可が望まれています。

ムコ多糖症治療薬の早期認可を求めて、この患者さんたちが、厚生省に出向いている姿が報道されました。

「ムコ多糖症」は進行性の病気で、病状は後戻りしません。日本での治療薬承認が遅れれば遅れるほど、患者さんは苦しむことになり、中には治療が間に合わない患者さんが出てくることにもなりかねません。

[ ムコ多糖症 ] ムコ多糖を分解する酵素が先天的に欠損している為、体内に蓄積 することで様々な異常が引き起こされる病気。 多くの場合、身体や精神の発達遅滞、骨の変形、水頭症なども伴う。 重症の場合は成人前に死亡する。 今のところ有効な治療法が無いので、骨髄移植や遺伝子治療の臨 床成果が待たれる病気の1つである。

★この本文を 日記に貼り付けてください。

※ 善意有るブロガーさん達が何か力になれば・・・とバトンを手渡し してます、 お時間のある方は御願いします。 家庭や職場でも話 題に上げて頂けると更に広がって行くと思いますm(_ _)m

riomamaさんのブログからの記事です。

どうか、多くの方がこの病気を知っていただいて、お役にたてれば幸いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火)

自覚

今日は安城までお出掛けでした。JR利用です。

この町は豊橋から名古屋までの通過点ですが、一度も電車から降りたことはありません。今日、初めて訪れました。(訪れた理由は昨日の記事のとおり、落ち込んであまりふれたくないです(笑))

デンパーク(デンマークをテーマにした公園)というテーマパークが有名です。

駅前周辺の商店街は火曜日がほとんどのお店が休日だそうです。

豊橋では、水曜日が街中の商店街の休日となってます。最近は年中無休が多いですしね。

豊橋もそうでなのですがバブル期くらいまでは、駅前は結構な賑わいでしたが、自動車社会になり、次第に郊外型大型店舗があちこちに建設され、人々は郊外へ郊外へ流れました。

駅前は古い細々したビルが建ち並んでいます。駅から降りて改札ぬけて表に出ると、洗練されてない街並が目に入ります。看板のごちゃごちゃした感じが、なにか古臭い感じに見えてしまうのですね。

ちょっと目をそらし、電車道路に目を向けると。電柱を埋め込んだスッキリした町並みが目に入ります。

そういえば、高校3年の文化祭で上映したクラスの自作映画、豊橋の町並み写してあるよね。あれが急に見たくなったなぁ~。西武の屋上からだったかな、丸栄だったかな、撮ったんだよね。あれから30年もたってしまったんだね。デッキもできたし・・・あの頃と、随分違ってるんだろうねぇ。駅前なんて特に・・・。市電の停車場も延長されたしね。

「子馬」でよくホットサンド食べて帰ったなぁ。

今日、「安城(あんじょう)」の街をみて、豊橋の駅前の変遷を思い出しました。

タイトルと全く関係のない内容でした。本当は落ち込みの原因書くつもりだったのね。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年2月10日 (土)

花粉

早速対策として、パブロンと甜茶を購入。甜茶、効くかなぁ?Img_0834_1

パブロンはもう飲みました。前頭葉あたりの頭痛はスッキリ、鼻水も止まりました。でも喉の奥の咳が出そうな感じは止みません。鼻水、鼻づまりって書いてあるじゃん。こんどは喉にも効くものを購入しよう!

甜茶は花粉対策コーナーに陳列されていたし、安価だったので思わず手が出てしまいました。

ボビーの散歩は、今日は昨年の桜コースを行ってみましたら、すごいです。カンヒザクラがもう開花寸前の感じで蕾があちことについていました。

寒緋桜 カンヒザクラ
台湾などに自生しており、”台湾緋桜“、”緋寒桜“とも呼ばれる。花は鐘状で平開しない。3月中旬に開花。

3月中旬の気候がここのところ1週間ほどつづいていたからねぇ~。

Img_0823_1

Img_0833_1ハクモクレンもこんなに大きな蕾をつけてました。

羽根井公園のソメイヨシノももう芽吹いてました。Img_0825_1 Img_0830_1 満開の梅を思わずパチリ。日没直前でしたので暗いねぇ。

今年はこの調子ですと、桜は早すぎてしまいますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年12月14日 (木)

遠近両用

最近、活字を見るとどうしても30cm以上離さないとハッキリ見えないんです。

それまで使用していたメガネももう3年以上たってましたし、レンズもコーティングがはがれてきましたのでそろそろ変え時かな・・・とも思って遠近両用メガネを購入することにしました。

実はビーズアクセサリー作っていたとき、とってもとっても不自由だったんです。

今日から早速使用したところ、なんか今までつかっていた近視用の方が見やすいんです。慣れもあるかもしれないけれど・・・、結局今まだ継続してそれを使用しています。

それでね、メガネ店から2回ほど自宅に出来上がりの電話連絡をしたようなのです。前回の携帯電話修理と同様で、1回の連絡はどこかに流れて消えてしまったみたいです。(笑)

とまあ、話の流れはこちらに・・・。

今日、ものすごくタイムリーなドラマを見てしまって、すっごく同情してしまいました。

内容は、脳梗塞で体が半分利かなくなってしまったお舅さんと、老人性認知症のお姑さんを介護する嫁がそのお姑さんを殺してしまうという内容・・・・実はちがうんですけどね。その嫁役を酒井和歌子さん、弁護士役を北大路欣也さんが演じていたのですね。そしてその家に出入りしているヘルパーさんを岩崎ひろみさん。

その嫁の立場がよく理解できるんですよ。小姑達のビミョウな会話とか、仕事男の夫の言い草とか(マジ腹たった)、子供の母親の拒絶とか。

離婚理由に、配偶者の親の介護協力放棄という理由を認めてほしいと真剣に思っている最近の私って少しヘン?

| | コメント (10) | トラックバック (4)

より以前の記事一覧