« 記録 | トップページ | お花三昧 »

2013年5月 5日 (日)

記録②

自宅での救急隊の蘇生行為中、

夫、息子、義姉、娘に電話した。

搬送されるまでには誰も間に合わなく、

病院に集まった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それまで、一人で対応したが、

なにをどうやって、どうしたのか覚えがない。

ジジの保険証を出してほしいと救急隊の一人に言われ、

見せたのは覚えているが、

それを返却してもらったのかどうかの記憶がすっぽり消えていた。

病院までは5分もかからずに着いたような気がする。

ジジには何の変化もない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

待機中、少し冷静になれた。

ドクターからは一応の説明があった。

しかし家族はだれもまだ来ていないが、

これ以上の蘇生を続けても回復の見込みはない・・・

ここで打ち切る旨の同意書にサインを欲しい・・・とDr.から。

家族は私一人、まだ誰も来ていない。

その後も、死亡原因の究明をするかしないか・・・

それについてもサインを求められた。

義姉夫婦が到着。

ジジは、すでに救命の一室に設けられた隔離された部屋に運ばれている。

病院での寝巻に着替えられ、

エンゼルメイクもされていた。

息子夫婦が到着した。

病院へは最後に娘が到着した。

ジジと面会した後、

娘と義娘は先に帰ってもらうことにした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次々と事務的作業を要求される。

診療料金の支払い。

葬儀場に連絡。

遺体引き取り時間の確認。

午後9時半、霊安室に運ばれ、

自宅に搬送される。

息子に支払いを頼み、

私はジジと一緒に自宅に向かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

|

« 記録 | トップページ | お花三昧 »

コメント

お久しぶりです。
久しぶりにブログを拝見しようと思い
何気なく見てビックリしました。
お父様大変でしたね!
お悔やみ申し上げます。
暫らく大変だと思いますが、
無理しないで下さいね。

投稿: hoshino | 2013年5月 6日 (月) 午前 12時38分

hosinoさんへ
ご無沙汰しています。ばばから2年半たちました。長いようであっという間に感じました。ばばの時同様、いろいろ辛かっこともあったのに、思い出すのは楽しかった思い出ばかりです。
じじとは考え方の違いで、衝突もあったけどもこうして最後まで一緒に暮らすことができ人間的に成長できたのはじじのおかげかな・・・なんて思っています。

ありがとうございました。
またお会いしたいです。

投稿: にゃご | 2013年5月 8日 (水) 午前 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/57313726

この記事へのトラックバック一覧です: 記録②:

« 記録 | トップページ | お花三昧 »