« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月に作成された記事

2013年5月18日 (土)

お花三昧

P4280532

P4280534_2


ゴールデンウィークからいろいろな出来事があり、お花をたくさんいただく機会があったので記録しておきます。

まずは、お兄ちゃんの結婚式でいただいた、お嫁さんからの花束のプレゼント。

P5120543_2

娘が、結婚式場見学にいったらプレゼントされたかわいらしいブーケ。

P5120548


母の日に、娘と彼氏からとどいたプレゼント。

一度にいろいろなことがありすぎてしまってめがまわりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

記録②

自宅での救急隊の蘇生行為中、

夫、息子、義姉、娘に電話した。

搬送されるまでには誰も間に合わなく、

病院に集まった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それまで、一人で対応したが、

なにをどうやって、どうしたのか覚えがない。

ジジの保険証を出してほしいと救急隊の一人に言われ、

見せたのは覚えているが、

それを返却してもらったのかどうかの記憶がすっぽり消えていた。

病院までは5分もかからずに着いたような気がする。

ジジには何の変化もない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

待機中、少し冷静になれた。

ドクターからは一応の説明があった。

しかし家族はだれもまだ来ていないが、

これ以上の蘇生を続けても回復の見込みはない・・・

ここで打ち切る旨の同意書にサインを欲しい・・・とDr.から。

家族は私一人、まだ誰も来ていない。

その後も、死亡原因の究明をするかしないか・・・

それについてもサインを求められた。

義姉夫婦が到着。

ジジは、すでに救命の一室に設けられた隔離された部屋に運ばれている。

病院での寝巻に着替えられ、

エンゼルメイクもされていた。

息子夫婦が到着した。

病院へは最後に娘が到着した。

ジジと面会した後、

娘と義娘は先に帰ってもらうことにした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次々と事務的作業を要求される。

診療料金の支払い。

葬儀場に連絡。

遺体引き取り時間の確認。

午後9時半、霊安室に運ばれ、

自宅に搬送される。

息子に支払いを頼み、

私はジジと一緒に自宅に向かった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

記録

ゴールデンウィークが始まり、なんとなく心に余裕ができた。

28日は息子の結婚式。

とっても和やかな穏やかな雰囲気の式だった。

披露宴も雰囲気継続で、いい感じに過ぎた。

その後の二次会、三次会は親の出る幕ではなく、

二人とお友達たちでつくっていく。

一年前より予約し、二人で計画してきた結婚式だけに、

よくここまでがんばったね・・・と二人に祝福。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は、お嫁に来るときに、黒留袖を持参した。

ところが、帯と帯絞めと帯揚げは、

この黒留袖にコーディネートできる代物はもっていない。

近くの貸衣装やで借りることにした。

結婚式場では一式レンタルできたが、

せっかく親が持たせてくれたから・・・

これを着ようと決めていた。

「返却は使用日の翌日でいいですよ。」

一週間前に借り、式場に持ち込んだ。

これが後日、大変な出来事と重なると予想もしなかった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

式一週間前、

ジジの容態も安定していた。

式場で車椅子を借りるように手配し、

ジジは無事、息子たちの結婚式に出席し、

式の終わりまで見届けることができた。

当日、少しせき込みが続くが、

本人表情よく穏やかに過ごせた。

食欲はすこぶる良く、

私、娘、義義姉の食事介助で

ほとんど食べることができた。

本人満足げであった。

息子が中学1年から習っているギターを、

お嫁さんへのサプライズとして演奏した。

それを、目を細めて見つめていた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

5月29日、私の仕事は休み。

ジジはデイサービス日である。

今日は疲れちゃったから休む・・・・と、じじ。

まぁ、私もお休みだから・・・

とのんびり過ごした。

ジジは、時々ヒューヒューと息づかいが荒くなり苦しくなるらしい。

発作が起きたように、安静にしていても急に肩で息をしだす。

入院時から、つづいている症状だ。

病院では、心筋梗塞カテーテルは成功しているが、

かなり心臓自体が弱っていると報告があった。

食欲は、ムラがあり、調子よければすんなりと食べる。

いまは食べたくないと、ほとんど残ったままの時もある。

29日は、遅い朝食を食べ、まずまずの食欲だった。

発作のような肩での呼吸は時々みられる。

退院してからは、不思議と排尿の失敗はほとんどみられなくなっていた。

レンタルしていた、帯一式を返却しようと貸衣装やへ持参したら、

臨時休業の貼り紙がされていた。

電話で確認すると、

明日、明るいうちは開けておきますのでそれまでに返却ください・・・

とのことだった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

4月30日、前日とほとんど変化ない。

朝食も食べた。

薬もいつものように飲み、気管支拡張剤も貼り替え、

私はいつものように出勤した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

5時半、仕事終了。

少しの確認事項などして6時少し過ぎたころ勤務先から自宅に向かう。

途中、町内組長のSさんと遭遇。

Sさん、

「今、町費をあつめたいんだけど・・・」

と呼び止められた。

一緒に自宅に入り、支払いを済ませる。

ジジの部屋からTV音量が結構大きな音で聞こえてくる。

まぁ、TV見て調子よく過ごしているものだと思った。

Sさんは「昼間、訃報が一件入っているから・・・」、

と日中に置いていったらしいメモを私にくれた。

メモを確認し、世間話10分くらしいしたのかもしれない。

ふっと、レンタル帯を返却しにいかないと・・・頭をよぎった。

すぐに、自転車を走らせ向かった。

19時ごろになってしまっていた。

近くのスーパーにより、

あさり、しまほっけ、牛乳、カニカマ購入し自宅に向かう。

レシートには19時17分の印字。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

自宅に到着すると、

訃報の知らせが気になった。

相変わらずジジの部屋からはTV音量が続いている。

Kさんの訃報だった。

ババの時にお香典いただいたかどうか確認しようと

ジジの隣部屋に置いてあるパソコンにスイッチを入れた・・・

と同時に、ジジが気になり部屋をのぞいた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ジジはベットに寄りかかり、うつ伏せにうずくまっていた。

すぐに駆け寄り、

呼びかけ、

意識確認、

呼吸確認、

脈拍確認した。

無表情、

意識なく呼び掛けに応じない。

すぐに119番し、

救急隊が付くまで

心臓マッサージ、人工呼吸をつづけた。

到着後、救急隊に代わり、

AED蘇生が5回ほど行われた。

救命でも、

蘇生行為が続けられたが、

20時、死亡確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »