« 記録①(問題点) | トップページ | 結婚26年目 »

2011年12月20日 (火)

記録②(必要性・機能)

記録はなぜ必要なのか。

チーム間での情報伝達として、他職種にも理解できる言語でする。

医療者および施設を訴訟などから守る。

ケアの継続を保証するため、チームの協働を可能にする。

ケアの質を示す。(実施したケアに対する患者・家族の受け止めや要望を記録に残す。)

ケアのための情報を提供する。(問題点に焦点をあててアセスメントする。)

医療費請求を証明する。(必要な看護ケアが確実に実施されたことの証明。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

①介護と看護の実践を明示する。

②患者に提供するケアの根拠となる。

③医療者間および患者・医療者間の情報交換の手段。

④施設の法律要件を満たすことの証明。

⑤ケアの評価やエアの向上開発の貴重な資料。

⑥医療事故や医療訴訟の際の法的資料。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

来年節分明けから、

いよいよリフォームを開始する。

自分たちの老後の生活の為と考えている。

それよりも前に、

ジジちゃんも快適に過ごせないといけない。

ババちゃんが車椅子生活するため、介護保険で取り付けた手すりが、玄関・トイレ・浴室についている。それと床をフリーにするため、トイレ浴室の区切りをフラットにし、廊下とキッチン、和室から廊下への出口にスロープを付けてある。

ここの箇所すべてがリフォーム対象となるため、

今度はジジのために手すりが必要となる。

お風呂はユニット式になるため、

発注時に手すりの数を注文しなくてはならない。

どことどこにつけるのか検討している。

ケアマネにも問い合わせが必要になってくる。

面倒くさい・・・・。

|

« 記録①(問題点) | トップページ | 結婚26年目 »

コメント

ご無沙汰しています。
暫く、こちらに伺わないうちに、またまた悩み多き熟女になっているのですね。
入所者の命を預かっているのですから、他の職とは違うと思うけど、人間関係が一番大変ですよね。
貴女、真面目すぎるから心配です。

リフォーム決定ですね。
旦那さん、やるときはやるじゃん!
貴女の為にたくさん貯蓄していてくれたのね。
我が家は、金無しのため、いつ着工になるのやらです。

よい年をお迎えください。

投稿: keiko | 2011年12月22日 (木) 午前 08時20分

Keiちゃんへ
コメントの返事が書けなくてごめんなさい。一か月以上かかってしまいました。

すべて私の気分の落ち込みのせいなのですが・・・。

51歳のスタートは難しいですね。それでも頑張っています。

いよいよ来週から、工事開始です。
楽しみでもあるけれど、間取りの変更がない分ただ単にイメージチェンジするだけですが、新しくなる・・・それだけでもちょっと期待します。

おそばせながら、今年もお願いします。

投稿: 管理人 | 2012年2月 3日 (金) 午前 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/53527501

この記事へのトラックバック一覧です: 記録②(必要性・機能):

« 記録①(問題点) | トップページ | 結婚26年目 »