« やっぱり心配です | トップページ | 記録②(必要性・機能) »

2011年12月19日 (月)

記録①(問題点)

11月から、いっぱいっぱいで仕事してきた。

やっと少し余裕がもてるようになった。

今月は「年末休」という特別な休暇が3日余分についている。

それが理由なのかもしれない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いままでの職場は介護付き有料老人ホーム、

今の現場は「老健」。

違いは医療色がかなり強い。

施設に入っている方を

「入居者」と呼んでいたが、ここでは「入所者」と呼ぶ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

医療の現場とはいわないが、

専門用語がかなり飛び交い、最初のころはちんぷんかんぷん。

それを先輩介護士に話したら、

福祉士の試験で勉強しなかったか?と逆につっこまれてしまった。

そうだっけ?・・・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

かなりの違いを感じるのは、

記録方法。

生活の場であった今までの記録方法である日記形式は通用しない。

ここではフォーカスチャーティングという記録方式をとっている。

勉強かね、この場を借りることにするね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この記録方法は介護記録というより看護記録。

今まで問題となっていた記録の問題点を改善した方法とのこと。

それでは、どんな問題があったのか?

記録の時間が非常に長く、8時間労働の中2時間かかってしまうこともある。

訴訟に対応でき、対抗できる記録となっているのか。

記録内容が監査のための記録となっている。

情報分散があり、患者の全体像が掴みにくい。

看護介護計画が連動されていない。

患者・看護・医者と共有できない記録となっている。

計画実施が不明瞭。

施設全体の略語の統一性がされていない。

・・・・などの問題がある。

これを解決できる記録方法がフォーカスチャーティング。

この場を借りて、詳しく勉強していこうと思っている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

娘は子供のころから、プレゼント企画でよく当たる。

運をこんなところで使い果たしてないか心配である。

2回結婚式の二次会に出席した。

一回目はディズニーランドペア入場券。

今回折り畳み自転車を持ち帰ってきた。

|

« やっぱり心配です | トップページ | 記録②(必要性・機能) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/53522291

この記事へのトラックバック一覧です: 記録①(問題点):

« やっぱり心配です | トップページ | 記録②(必要性・機能) »