« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月に作成された記事

2011年12月20日 (火)

記録②(必要性・機能)

記録はなぜ必要なのか。

チーム間での情報伝達として、他職種にも理解できる言語でする。

医療者および施設を訴訟などから守る。

ケアの継続を保証するため、チームの協働を可能にする。

ケアの質を示す。(実施したケアに対する患者・家族の受け止めや要望を記録に残す。)

ケアのための情報を提供する。(問題点に焦点をあててアセスメントする。)

医療費請求を証明する。(必要な看護ケアが確実に実施されたことの証明。)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

①介護と看護の実践を明示する。

②患者に提供するケアの根拠となる。

③医療者間および患者・医療者間の情報交換の手段。

④施設の法律要件を満たすことの証明。

⑤ケアの評価やエアの向上開発の貴重な資料。

⑥医療事故や医療訴訟の際の法的資料。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

来年節分明けから、

いよいよリフォームを開始する。

自分たちの老後の生活の為と考えている。

それよりも前に、

ジジちゃんも快適に過ごせないといけない。

ババちゃんが車椅子生活するため、介護保険で取り付けた手すりが、玄関・トイレ・浴室についている。それと床をフリーにするため、トイレ浴室の区切りをフラットにし、廊下とキッチン、和室から廊下への出口にスロープを付けてある。

ここの箇所すべてがリフォーム対象となるため、

今度はジジのために手すりが必要となる。

お風呂はユニット式になるため、

発注時に手すりの数を注文しなくてはならない。

どことどこにつけるのか検討している。

ケアマネにも問い合わせが必要になってくる。

面倒くさい・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

記録①(問題点)

11月から、いっぱいっぱいで仕事してきた。

やっと少し余裕がもてるようになった。

今月は「年末休」という特別な休暇が3日余分についている。

それが理由なのかもしれない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いままでの職場は介護付き有料老人ホーム、

今の現場は「老健」。

違いは医療色がかなり強い。

施設に入っている方を

「入居者」と呼んでいたが、ここでは「入所者」と呼ぶ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

医療の現場とはいわないが、

専門用語がかなり飛び交い、最初のころはちんぷんかんぷん。

それを先輩介護士に話したら、

福祉士の試験で勉強しなかったか?と逆につっこまれてしまった。

そうだっけ?・・・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

かなりの違いを感じるのは、

記録方法。

生活の場であった今までの記録方法である日記形式は通用しない。

ここではフォーカスチャーティングという記録方式をとっている。

勉強かね、この場を借りることにするね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この記録方法は介護記録というより看護記録。

今まで問題となっていた記録の問題点を改善した方法とのこと。

それでは、どんな問題があったのか?

記録の時間が非常に長く、8時間労働の中2時間かかってしまうこともある。

訴訟に対応でき、対抗できる記録となっているのか。

記録内容が監査のための記録となっている。

情報分散があり、患者の全体像が掴みにくい。

看護介護計画が連動されていない。

患者・看護・医者と共有できない記録となっている。

計画実施が不明瞭。

施設全体の略語の統一性がされていない。

・・・・などの問題がある。

これを解決できる記録方法がフォーカスチャーティング。

この場を借りて、詳しく勉強していこうと思っている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

娘は子供のころから、プレゼント企画でよく当たる。

運をこんなところで使い果たしてないか心配である。

2回結婚式の二次会に出席した。

一回目はディズニーランドペア入場券。

今回折り畳み自転車を持ち帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

やっぱり心配です

確実に老化現象を自覚できている。

覚えることに時間はかかるのに、忘れるのは短時間。

今まで平気だった階段を上るのに息切れがするし、一休みしないと上り切れない。

もしかして、アルツハイマーになるのかもしれない・・・・。

もしかしたら、血管性の認知症になっているのかもしれない・・・・。

そして明日、もしかしたら心筋梗塞で死んでしまうかもしれないし、

脳死状態になって植物人間になってしまうかもしれない。

交通事故死にはならないとは断言できない。

そういう意味でブログは私の思い出として

記録に留めておきたいなぁと考えている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

息子から、僕のことはブログには書かないで・・・・と以前言われた。

それでもやっぱり、少しだけ残しておきたいと思う。

子供はやっぱりいくつになっても心配である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

二年半の一人暮らしに終止符をうって、先月11月から戻ってくるはずだった息子は、

今南三陸町に出向している。

南三陸町が今どういう状態になっているのか詳細は定かではないが、現地から発信している方のブログなどから少しの情報は得られている。

映像で見るのと現地に出向くとでは全く違う・・・と誰もが言う。

ホテル住まいから、先月21日に現地で一人暮らしを始めた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それに伴い、荷物を送る機会が何度かあった。

10㎏、3辺140㎝以内の荷物は、ゆうパックが一番安い。

ゆうパックは、同じ送付場所に一年以内に送付すると前回の送付状を持参すると50円のサービスがある。

これは初耳。

すでに3回送っていてこの情報をゲットしたのは前回送った時だった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

南三陸町へは一人自動車で出かけた。

自動車の運転は決して上手でないことは知っていたので、心配で仕方なかったが無事着いたと知らせが入った時はホッとした。

やっぱり年月がたったせいか、

18歳のときの海外一人旅した時は一秒でも安心できなかったが、

今回は少しの余裕が持てた。

親も成長したからなのかもしれないね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

抵抗力

最近の体調不良について考えてみたんだけど、

原因はやっぱり年齢的に抵抗力がなくなってきているのかもしれないね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いま、わたしがこうして51歳でありながら、新人研修というかたちであれ、若者からの厳しいもの言いに抵抗もせずに受け入れられることができているのは、

51年間積み重ねてきた人生の経験と、

家族の存在と、

職場の多くの認知症でありながら余生を生き抜いている、

人生の大先輩の方々の笑顔があるからだと、

心の底から思っています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道では今日、氷点下18度ですって・・・・。

東北にいる我が家の坊ちゃまが、

凍えて震えていないか心配です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »