« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月に作成された記事

2011年8月29日 (月)

本気で逆襲

お盆明けの急に涼しくなった日から、

我が家の猫の様子がおかしくなった。

おかしくなったのは、

笑っちゃうような行動をするようになったのではなくて、

明らかに体調異変をきたしたとみられる状態になった。

日中は、寝てばかりいる。

そして、激しく体を動かすと妙なセキをするようになった。

急に涼しくなったから、

風邪でもひいたかな・・・という程度でとらえていたら、

一週間近くになってもセキは止まらなく

ますます、激しくなっているように思えた。

夫が、もしかしたらフェラリアではないか、

犬がフェラリアになるとこういうセキをする・・・という。

なるほど、ボビーもこういうのどの奥のほうから搾り出す様なセキをしていたかもしれない。

そういえば食欲もなくなり元気もない。

心配になり、

病院に連れて行くことにした。

診察してもらうのは、眼ケン炎になって以来、かなり前である。

我が家の猫、にゃごは非常に凶暴で病院に連れていくには知恵と体力が要る。

自動車がないので、自転車で連れて行かなければならない。

洗濯袋に入れて荷台に乗せる。

にゃごは荷台にかたまっていたが、案外おとなしく病院まで過ごした。

病院は丁度、途切れていてにゃごの診察はすぐにできた。

凶暴であることを伝えてると、爪を切りカラーを付け、網から出し、まずレントゲンと血液検査をした。

にゃごはレントゲン撮影時は猫かぶりしていた。

その後の血液検査での採血時には、シャーシャーと威嚇してきた。

診察結果は、

猫のフェラリアは統計的にかなり少なく、めったにないという。

心配ならば検査に出すが、治療方法は確立されていなく、現状を見守る処置しかないという。

ならば、検査する意味がないということでやめた。

心配なのは、むしろ猫エイズ、肝臓の疾患のほうが心配が高いという。

しかし、血液検査の結果、レントゲンの結果ともに、特に異常は認められなく、強いて血液データからは脱水気味かもしれないとのことだった。

それも、かけ離れた数値でなく極めて正常値に近い。

とのことで、吐き気止め、咳止めの注射を打ってもらい二日通い、後は様子見との事で家に帰った。

自宅に帰ると、やっぱりすぐに眠ってしまって元気がない。

しかし、セキは止まった。

二日目、前日と同じように、注射二本を打つため、洗濯ネットに入れて自転車荷台に乗せて受診にいった。

三日目とても元気になった。そして目が爛々としてきた。

心配はすっとび、安心して少し遊んでやっていたら、

思わぬ事がおきた。

前に起きたときと同様、後ろ向きになったとたんに、右腕に飛びつきかぶりついてきた。

おまけに、首ふり状態。

ライオンが獲物にかぶりつき肉を引きちぎる場面を想像してみて・・・・。

おもわずギャーですわ。

しかも、骨が砕けるくらいの激痛。

一瞬ではなくて継続して痛む。

すぐに消毒したけど、

これは、もしかしたらもしかして、

前回同様、点滴必要かも・・・・。

しばらく様子見ているけれど・・・・。

こんな感じ。

Img_0643

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

最近読んだ小説

フルに仕事していると、

読書とか連載のテレビドラマとは縁遠くなる。

一気に3冊小説を読み終えた。

まず、

プラ・バロック/結城充孝

嘘と少年/永瀬隼介

アントキノイノチ/さだまさし。

活字に飢えてたせいか、

入る入る・・・。

全部お勧め・・・、

小説世界から遠ざかっていたせいもあるかもしれないね。

嘘と少年は半日集中で読めますので、

ぜひ・・・。

ちょっと鳥肌物。

アントキノイノチ・・・、

イヤに現実味のある「松井」のキャラ。

映画化され11月19日ロードショーだそう。

だれがやるのかな?

ちなみに主人公は今をときめく岡田将生・榮倉奈々。

プラ・バロックはネット社会と関連性があるから

なんとなくココログ広場みたいな・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

バラ

Img_0618

お別れの日に、

同僚からバラの花束をいただいた。

とっても綺麗でだったのでアップします。

帰宅してすぐに、クリスタルの花瓶に挿したら、

ニャゴが知らぬ間にくつろいでいたのだけれど・・・・、

猫ってバラの香りに反応するのかな????

バラの水あげはなかなか難しい。

火であぶったんだけど、

今の時季は長持ちさせるには至難の業。

黄色いバラを避けているのは、

やっぱりお花好きのAさん。

ちゃんと花言葉考えてなのかな・・・・。

Img_0619 Img_0620 Img_0621 Img_0622 Img_0623 Img_0624

赤・・・・・「愛情」「模範」「貞節」「情熱」

黄・・・・・「嫉妬」「不貞」

白・・・・・「尊敬」「私はあなたにふさわしい」

ピンク・・・・・「上品」「愛を持つ」「しとやか」

朱赤・・・・・「愛情」

薄オレンジ・・・・・・「無邪気」「さわやか」

青・・・・・・「神の祝福」「奇跡」「夢 かなう」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

初盆2

Img_0627

初盆に関して、

何をどうしたらいいのかと

お伺いをした。

安寿さんは、大変なお年で

ご自分の体がままならないこともあり、

宅施食はやんわりと断られ、

簡単にすませては・・・と

お位牌は、お寺にもおいていただいてますし・・・

と、おっしゃられる。

この辺ですと、

お盆に親戚の方々がお参りに来ていただいたときは、

特別なにもなさらず、

おそうめんなぞをお出しし召し上がっていただいて、

帰っていただくくらいでしょう・・・

とのこと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

いや、それでも・・・・

と思い、初盆で志などいただいたりすれば、

お返しなどの手配や、

昼食などの用意をした方が・・・・・

と思い、

地元で、有名な仏具店の「すずや」さんでも聞いてみた。

安寿さんと同様の返事がきた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ババの地元の田原市では、

初盆はどうも盛大にやるらしい・・・・。

まぁ、こういったことを参考にして、

なお、親戚にも満足していただく

我が家の初盆を

夫と一緒に8月10日に実施することを計画した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ナカコばばちゃん満足だったかな?

ばばのことだから、

一生懸命やったと、

ねぎらってくれているはず・・・・だね・・・・きっと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

写真は、

夫のときもそうだったんだけど、

ニャゴはなぜか、

花が好きらしい。

記念にいただいた、お花を生けていたら

知らぬ間に近づいていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初盆

嫁ぎ先での初盆は初めてではない。

しかし、私たちが中心となり取り仕切るのは初めて。

実家は門徒であり、我が家の禅宗のしきたりとは異なる。

だから、何をどうやればいいのか不明。

とりあえずは、分かっているのはお盆が

この三河では、13・14・15日であり

お迎えは13日、送りは15日であることは確実。

仕事をしている身としては

13・14・15日の休日申請を早々にした。

勤務先での休日申請の締め切りは10日。

真っ先に申請リストに書き込んだ。

なんせ初めてのことなので、

もっと掘り下げて安寿さん(我が家の檀家のお寺の住職)に聞いておかなければと

お寺に出かけた。

8月10日に山門施食があるという。

10日に休日申請の追加をしなければならなくなった。

もうすでに、7月10日の申請締切日は過ぎていた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ってなことで、

これが直接原因で、

今回、勤務先を退職した。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まぁ、いろいろと、

家庭での私の立場もあるし・・・・。

勤務先での立場も考えて・・・・・・、

今後の事も考えて、

総合的判断ってことで結論に至ったわけです。

ジジの事もありますしね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ここ一ヶ月は、身体的にも肉体的にもしんどく、

やっと落ち着いてきたと思えば、

気候も大変しのぎやすくなったので、

余裕が心にできたのかもしれないね。

こうやってブログを更新する気になれったってことは・・・ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »