« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月に作成された記事

2011年6月20日 (月)

権力・財力で手にいれられないもの

私の勤務先は介護付有料老人ホームである。

株式会社であるため、利益追求はやむをえない。

入居者あって成り立つことも分かっている・・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最近入所したSさんは地元で有名なかなりの資産家である。

まぁ、有料老人ホームに入居するには、

平均的な年金だけではなかなか支払いは困難だと思う。

だから、勤務先にはおのずとかなりのお金持ちの方々が入居している。

現役だった頃はかなりの役職についたり、支配的な地位にいらっしゃった方々が多い。

そしてプライドがかなり高い。

その反対に、

身寄りがなく、

身元引受人が

ぎりぎりの生活の中から

やっとの思いで入居費用を捻出している方もおられる。

そういった方々に対して

介護職である私は、

対等に接することは至難の業となる。

この表現は少し誤解があるかもしれない・・・

正しくは、入居者本人が満足できるサービス提供を平等に感じていただくには

至難の業となる・・・。

私の介護のこだわりは、

「みんな平等」・・・・・である。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

だから、満足できない入居者も出てくる。

まあ、満足できない方は

おのずと現役時代に支配的立場であった人なんだけどね。

最近、心の中でブスブスとなんか納得できない気持ちがくすぶり続けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

形見分け

49日の忌明けにするつもりだったが、

やっと少しずつ、親戚にお分けすることができた。

私が嫁いだ頃は常に和服を好んで着ていた。

普段着が和装姿だった。

以前、記事にしたことあったが、

見知らぬ赤ちゃん連れの若いお母さんが、

「私、あなたみたいなおばあちゃんになるのが夢なんです。」

と、突然話しかけられたこともあった。

だからどんなにか、着物を持っているだろう・・・・と

想像してしまうが、そんなことはない。

古く高級品ではなく、あまりたくさんあるわけでもなかった着物を

自分なりにアレンジして大事に着ていた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

透析を始めてからは、

パジャマ姿で過ごすことが多くなった。

そしてこの頃から、義姉がばばの衣服の管理はするようになり、

洋服にしろ、パジャマにしろ、あらゆる身に着けるものは

お金に糸目のないブランド品ばかりとなった。

そして、洋服でのおしゃれを楽しむようになった。

装飾品(貴金属・帽子など)もバライティーに富んでいる。

もちろん、義姉が購入してくれたものばかりだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ってことで、ばばの形見分けは私が仕切るわけにはいかない。

義姉にたのんで、先日やっと一段落ついた。

私はばばの洋服には思い入れがない。

昔、来ていたぼろぼろになった着物とか、

普段パジャマの上にはおっていたフリースとか

そういったもを残しておきたい・・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ここ5年間のババとの思い出はあまり浮かばない。

子供達が小さかった頃の、

貧乏暇なししていた頃の、

あれこれとけんかしながらも、

二人で解決していったころの思い出の方が強い。

ばばからとうよりも、

義姉からいただいた、ばばの遺品は

帽子たくさん、ネックレス、スカーフなどなど・・・。

大事に使わせてもらうからね・・・ばぁちゃんheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

3D

6月6日、ついに地デジ対策に踏み切った。

我が家には4台のテレビがある。

4台あることを、勤務先同僚に話したらびっくりしていた。

何でそんなにあるの?????

台所、ジジの部屋、夫の部屋、娘の部屋である。

我が家にはリビングがない。

だから、大きなテレビは必要ない。

全部小さい。

購入したものは、台所、夫の部屋、娘の部屋のものである。

ジジの部屋のテレビはババがまだ元気な頃に、

義姉がすでに我が家では最大のものを用意してくれてある。

夫の部屋には32型、娘は22型のアクオス、

キッチンには19型レグザ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

テレビを購入するにあたり、

夫との会話。

この歳になると、

最新っていうことにこだわりがなく、

今後のテレビの進化に興味もなくなったが

今後の進化は何があるのか?

と考えると3Dだろう・・・・って結論に。

3D体験のない私は、どうもピンとこなかった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨日、

「パイレーツ・オフ・カリビアン」

を3Dで体験した。

オォォォォォ~!

って感じ・・・・・。

やっぱり、

ないより、あったほうがいいかも・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

明治村にお出かけ

Img_0461

台風2号接近中の5月28日、

かねてより予定していた

明治村へお出かけです。

ほとんど、お客様いない状態でした。

おかげで、案内説明ボランティアの方々に

詳しく説明していただけました。

普段入室できないお部屋にも入れていただき、

しっかり説明もしていただき、なんか得した気分。

いっしょにバスに乗られた方の中には

この明治村での結婚式に招待された方もおられました。

場内では、ウェディングドレスのカップルがレトロの車に乗り通り抜けてました。

天気は生憎でしたが、

新緑がとてもまぶしい~。

Img_0463 Img_0465 はじめて、たませんをいただきました。屋台などに売られていると聞いたけれど私、初めてです。なかなかいけます。

Img_0471 Img_0477 明治村食堂にて、お弁当をいただき、久しぶりの友との会話はあっという間に時間がたってしまい、結局一丁目をめぐっただけでしたが、楽しい楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

豊橋駅にもの申す

先日、名古屋に出かけた。

豊橋駅は、JRと名鉄の改札口が一緒になっている。

東口は本駅、西口は裏駅と地元住民は呼んでいる。

JR新幹線は裏駅側に改札口があり、

名鉄線は一番東側、つまり本駅側のプラットホームを使用して

2車線だけである。

JRも名鉄も土日での名古屋駅までの往復切符は¥1500と

通常と比べかなりのサービスとなっている。

路線に準じて切符売り場も

本駅側の自販機は名鉄線の切符を販売しているものだと思い

何も考えずに土日専用の¥1500往復券を購入し

改札を通り抜けた。

待ち合わせ時間は午前9時。

8時2分の名鉄線に乗れば8時51分着でビンゴ

のはずだった。

名古屋駅に到着し、改札を抜けようとした。

ところが、切符を入れると自動改札口が閉じてしまった。

2回挑戦した・・・・2回とも同じ結果になった。

駅員に尋ねた。

私の購入した切符はJRのものだと発覚した。

名鉄の精算窓口に行ってください・・・

と言われ従った。

名鉄線の乗車料金¥1080を支払い、

JRの券はJRの窓口で

払い戻してもらって下さい・・・・、

と簡単に言う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

通常乗車券¥1080×2=¥2160、

JR券の払い戻しとして手数料¥250差し引き¥1250が戻った。

とうことで¥1500の交通費が

¥660+¥250=¥910・・・・

の想定外の出費が重なった。

おまけにJR窓口まで時間はかかり、

jかなりの遅刻となった。

ふんだりけったり・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

駅員のせいではないのに駅員に当たった。

なんで、¥1500切符があるの分かっていて乗ってきたのに、

通常料金でしか清算できないのか?

きりきりしかお金持ってない人はどうするのか?

とか、こういう間違いを起こす人多いはずなのに

改善はしないのか?

だいたい、入り口で名鉄とJRの両方通り抜けできるようにしておきながら

出口でシャットアウトするとは、詐欺ではないか?

人の失敗で金儲けしているとしか考えられない。

おまけに、この間違いで損をしているのは利用している私だけ。

JRと名鉄はこのミスで利益が発生・・・・。

こんなの絶対詐欺じゃん。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実は、1月30日。

福祉士の試験の日も同じような事、起こっていた。

私にではなく、一緒に行く事になていた知人に・・・。

彼女も私も、名鉄座席指定を購入していた。

名鉄線事故で運休になってしまった。

急遽JRでの乗車券を購入した。

しかし、ここで彼女はJRでは往復切符でなく片道切符を買ってしまった。

私は運休になった連絡を受けて、

座席指定券を払い戻した名鉄窓口にて

JRの往復切符¥1500が購入できた。

彼女は自販機で購入。

予定外の変更であったために心の準備、情報がなかった。

一緒に行くはずである者が違う料金で乗らなくてはならない矛盾・・・。

情報は平等に与えられるべきなのに・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まぁ、歳とってくると

ずうずうしく、自分のミスは棚に上げたくなるものです。bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »