« DVD三昧 | トップページ | 手続き »

2011年4月 3日 (日)

お精抜き

お精抜き・・・仏壇を移動するときに行う仏事。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

20日ほど前のこと。

自宅にいると、

見知らぬ女性が二人訪ねてきた。

玄関先に駆けつけて、ドアを開くと、

見知らぬ女性が二人立っていた。

昭和初期の風合いの和服を着ていた。

「ここだわ。ここに間違いないわ。」

と言って、玄関に入りあがり込んでくる。

「亀次郎さんはまだなの?」

といいながら、ぞうりを脱ぎ奥の間へ進む。

私に止める隙を与えず、

おしゃべりしながら

「まだ、みんなそろわないわねぇー。」

などと言っている。

しばらくすると、

ぞろぞろと見知らぬ人たちが

時代遅れのファッションで

前の二人と同じような会話をしながら

私には目もくれずあがり込んでくる。

そして、三十人くらいそろった。

奥の和室はいっぱいになり、

男性はあぐらを組み、女性はくつろいでいる。

何事が起こるのかと思い、

尋ねようとすると

上着のすそをひっぱる女性がいる。

振り向くと、よく知っている人だった。

「元気だった?」

等と話しかけてくる。

「久しぶりだよね・・・。元気だった?

会いたかったよ・・・。」

と、私も涙ながらに手を取り合った。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この日の前日夜、

トーク番組を見た。

歌舞伎俳優の市川亀次郎がゲストだった。

あまり興味はなかったが、

誰かに似ていると思いながら見ていると判明。

香川照之とは従兄弟だそうだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

実家が家を新築するという。

仏壇、家のお精抜きをするから、

無理にとはいわないが、

自分が育った家だからお別れにこないかと

実家の両親、弟夫婦から連絡があった。

連絡は随分前にあった。

確認したら、出勤日だったので断った。

そんなことはすっかり

頭に残っていなかった。

のに、お精抜きの翌朝、

夢を見た。

そして、亀次郎とは

実家を建てた祖祖父の名前だった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、

私の上着を引っ張った

涙ながらに再会をした女性は、

なんと、ナカコばばちゃんだった。

ばばがなくなってから

ばばの夢を見たのはこの日が初めてだった。

偶然見たテレビが引き金となり、

頭の中の潜在意識が結びついた

不思議な不思議な夢だった。

|

« DVD三昧 | トップページ | 手続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/51293085

この記事へのトラックバック一覧です: お精抜き:

« DVD三昧 | トップページ | 手続き »