« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月に作成された記事

2010年12月22日 (水)

健康診断

昨日健康診断があった。

協会けんぽになり、

昨年から検診内容に変化があった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨年の診断結果は

要再検査だった。

心臓肥大という通知がきたけれど、

自覚があるのでほっといた。

ほおっておく理由はちゃんとある。

運動性の心臓肥大だとわかっているから・・・・。

向山坂道を自転車乗ったまま駆け上るのはかなり心臓にくる。

野黒の人道橋も、自転車引いて登るのもかなりのもの・・・・。

原因はこれ・・・と思っていた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

不思議な現象が起きた。

二つ。

一つは、

便秘症であるはずなのに

バリウム飲んで

下痢をした。

かなりのもの・・・。

自宅に戻るまでに

三回WCに駆け込んだ。

もう一つ、

バリウム飲んでの検診中、

ゲップをこらえきれずに

出てしまった。

内緒にしていたら

検査技師に指摘されて

もう一度飲む羽目になってしまった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回の検診では、

診察のドクターからは

何も言われなかった。

昨年は、

「心臓が肥大しています」

とはっきり言われた。

さてさてどうなるか

結果が楽しみ・・・。

楽しみ・・・・

ってことは

健康な証拠。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

ばばの49日

ばばちゃまの49日法要だった。

お寺をお借りして開催したので

自宅での準備は必要なかった。

が、目覚めがわるく、

少し寝坊気味だった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前日、ほとんどの準備をしておいたので

家族は自分の着替えのみの準備でよかった。

じじのADLの低下はかなりなもので、

ネクタイはもう自分では結べない。

全ての着替えの準備を整えていても、

着替えるのにかなりの時間がかかるし、

車に乗り込む直前まで、

喪服のズボンではないことに気がつかない。

そのたび、夫はいらだつ。

「わざとだろう・・・。」

などという・・・・。

家族介護で虐待の加害者になるケースで

一番多いのは嫁ではない。

血のつながった息子なのだ。

じじは、

こういった、外部接触のある日は

帰宅すると必ず落ち込む。

自分ができなくなってしまったことに

自信喪失してしまい

うつ状態になる。

そして、ため息ばかりついている。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

お寺までは徒歩で10分とかからない。

自転車で向かう。

掲示板に

「期限があるからこそ、

勉強はがんばることができる・・・」

と掲示されていた。

私に宛てた・・・?

なんて思ってしまって・・・。

世間は受験時期だねぇ~。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

引き出物は5品準備しておいたはずで

業者から、

会食会場まで届けてくれてあったが、

会場に着くと夫が

中身を確認するように言う。

・・・・と、なぜか注文した以外に2品増えている。

姉の配慮で

品物が追加されていた。

私は当日のこの時初めて知る・・・・。

やられた・・・・、

ばばちゃん、

ここにきても

これなんだねぇ~~~~。

まぁ、感謝しておかないとね。

ありがとう、

御義姉さまheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

社会福祉概論

  1. 我が国ではじめて、貧困を国の問題としてとらえた法律は「救護法」である。
  2. 「介護保険法」における1号被保険者の保険料は、所得段階別に保険料率が設定されている。
  3. 「介護保険法」における2号被保険者の保険料は、市町村が別個に徴収する。
  4. 福祉事務所の所員の定数は、条例によって定めるとされている。
  5. 特別養護老人ホームは「老人福祉法」に基づく第一種社会福祉事業である。
  6. 身体障害者更正援護施設は、「身体障害者福祉法」に基づく第一種社会福祉事業である。
  7. 社会福祉協議会は、都道府県や市町村が運営する福祉団体である。
  8. 身体障害者更正相談所は、「障害者自立支援法」に基づいて都道府県に設置される機関である。
  9. 社会福祉士は国家試験に合格して資格を取得する以外に、養成施設を卒業することでも資格を取得できる。
  10. 老人福祉指導主事は任用資格で、社会福祉主事の資格も取得していなければならない。
  11. 「知的障害者福祉法」に規定されている職親とは、知的障害者を自己のもとに預かり、その更正に必要な指導訓練を行なう者をいう。
  12. 臨床心理士(CP)は、病院(精神科)、学校、児童相談所などで心理療法を用いて心の健康を保てるように援助する民間資格である。
  13. 作業療法士(OT)は、整形外科や障害者の訓練施設などにおいて、基本的な動作能力の回復を図るための療法を行なう者である。
  14. 看護師のうち、看護の専門的な役割を果たす者を認定看護師という。
  15. 社会福祉事業経営者は、サービスの自己評価を行い、質の向上に努める事が義務として規定された。
  16. 現在、「障害者自立支援法」に基づく事業として行なわれている相談支援事業は、社会福祉基礎構造改革の際に創設された事業である。

結構できない問題多かった。

× 3、6,7,8,9,10,13,14,15 でいいのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

新人さんと新入居者

ばばのことで仕事を休んでいる間に、

今年入った、新婚の福祉士の新人さんが辞めた。

今日、新入社員が入った。

立て続けに新入居者の方も入り、

施設は満床になり、

かなり忙しい。

オムツ対応の方が非常に多くなっている。

大変です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

職員の新人さんは

素直そうな30代の女性です。

長くつづいてくれるといいんですけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

落雷

今日、機械浴の入浴介助をしていたら、

辺りが真っ暗くなったかと思ったと同時に、

ピカッ~~~ときた。

直後にドドドド~~~~っと

地響きがした。

落雷したな・・・・と

確信した。

けれど、

ネットからはなんの情報も得られなかった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

真剣な顔をして

どこかで爆弾が落ちた

といわれた入居者の方がいた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

観念奔逸

時々教科書みていると

出てくる用語。

思考過程障害の症状で

思考の展開が非常に速くなり、次々に考えが浮かび、

多弁となる。

躁病の症状・・・・。

こういう方にはあまりお目にかかったことないですが、

強いて当てはめるとすると

Oさんがそうなのかもしれない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

普段使わない用語は、

覚えていくしかないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »