« 風邪には気をつけましょう | トップページ | 介護技術講習 »

2010年5月 7日 (金)

施設介護の矛盾

勤務先での、介護の現場から矛盾点を少々。

Oさんは右マヒ。

毎週3日、マッサージ師に依頼しリハビリ兼マッサージを続けている。

ADLはほぼ全介助にて移乗移動をする。

排泄は昼夜オムツで対応している。

体格はかなりいい。

移乗介助は、女性で普通の体格の職員の場合は二人で介助を要する。

私は女性でも体格はいいので、一人で移乗介助は可能。

今日なんとなく本人に聞いてみた。

片足で支えれば少しでも立つことができるか?

と尋ねると、

たぶん大丈夫だと答える。

それじゃあ今日は一部介助で移乗してみましょうか

と促し、対応してみた。

可能だった。

この方法だと女性一人でも移乗介助が可能となり

本人にも負担は少なくなる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それなら、今後そうしよう!と

思っても、施設の介護となるとそう簡単ではない。

施設は平均介護度が重い方向に持って行きたい。

入居者にはADLの向上をさせてあげたい・・・と、

思っても実際はそういう方向に運ぶのは

施設経営としては渋る。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

現場で働くヘルパー職員間でも問題がある。

介護の現場はチームケアである。

たとえば、普段オムツの方が

トイレにかかりたいと訴えられる。

可能であるならトイレで排泄させてあげたく、

トイレに座らせる。

しかし仮にこれが前述の O さんだったりすると

一度、その望みをかなえて座らせてしまうと

今後希望があればトイレに座らせてもらえると思い

何度も希望を述べるようになりかねない。

そうなると、職員の負担となる。

体重のある方の介助は、職員の腰への負担は大。

職員は嫌なのです。

だから、介護手順書に書かれているとおり、

オムツの方が、トイレに行きたいと訴えても

なんとかオムツの中で排泄をしていただく・・・

ことになるのです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

どう思う?

|

« 風邪には気をつけましょう | トップページ | 介護技術講習 »

コメント

やはり、施設ってそうなんですね・・・
私がヘルパー取得する際の実習で伺った
ホーム。
ありえませんでした。
たぶん、管理人さんのところよりも。
それが、現実かと思うと
いずれ施設で働きたいと思っている私は
介護というものをどう解釈したらよいのやら・・・
難しい問題のようです・・

投稿: みか | 2010年5月17日 (月) 午前 12時24分

みかさんへ
私の勤務先は介護付であるけれど、
サービス業に重きを置く有料老人ホームであるから、老人保健施設とか特別養護老人ホームと多少の違いが伺えると思います。

サービス業は相手はお金を払っている分、サービスを求めてきます。
医療中心のように、体の快復を期待している部分が少ないですね。

入居者は平気で
「お金払っているんだから、やってもらって当然・・・・」と言います。

本当に介護福祉士、ヘルパーの理想としての仕事を求めるならば、医療中心の施設のほうが納得できる仕事ができると思います。

国の補助金システムに問題があるのかもしれないですね。
平均介護度に応じて助成があったりするとなおさら・・・ですよね。

投稿: 管理人 | 2010年5月20日 (木) 午後 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/48296095

この記事へのトラックバック一覧です: 施設介護の矛盾:

« 風邪には気をつけましょう | トップページ | 介護技術講習 »