« ちょっとしたお楽しみ | トップページ | 壊れない心臓 »

2010年3月 1日 (月)

はじめてのありがとう

二週間前に入所してきたSさん。

マイナス思考で、発する言葉

「疲れました。」

「早くしてください。」

「うるさい!」

とまぁ、なんといいましょうか。

この言葉以外に何か言うかなぁ???

自分もつらいだろうし、

まわりもつらくなる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日、初めて

「ありがとう」と言ってくれた。

どういう状況だったかといいますと、

トイレでの出来事。

定時トイレ誘導時、

トイレにお連れすると、

車椅子から立ち上がりと同時に

便失禁してしまい、

車椅子、WCの床、便座に

ボトボトボトっと緩い便が落ちてしまった。

本人さん

「どうしてこんなになってしまったんでしょう・・・」

といつものせりふ。

「ちょっとお待ちくださいね。」と言って

清拭を取りにその場を離れる・・・と、

「早くしてください!何やってるの」

「早くして!」とまくし立ててくる。

「大丈夫ですよ。こんなのすぐにきれいにして差し上げますから。」

といって便汚れをふき取る。

「お尻もかゆくならないように、綺麗に洗って、拭いておきましょう。」

といってお尻シャワーをかけて拭いた。

返ってきた言葉は思いがけなく、

いままで聞いたことのなかったせりふ。

本当に自然に

「ありがとう・・・・。」

と言われた。

一瞬耳を疑ったが、

本当は素直にこういうことの言える人だったんだなぁ~。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前回の勉強会でのお話。

認知症の方への対応は、

自分のゆとりがある時は

とても調子よくこちらの言うことを聞いてくださる。

しかし、自分にゆとりがなく

こちらのペースで動いていただきたいときは、

必ずそうはいかない。

つくづく実感!

新人研修も今日で最終日。

明日から独立。

以前の4人さんもがんばっている。

少しずつ、ゆとりを取り戻している勤務先なのかもしれない。

|

« ちょっとしたお楽しみ | トップページ | 壊れない心臓 »

コメント

Biさん こんばんはpig
歳をとるのって悲しいです。トイレにいけなくなったら本当に悲しくなると思います。
でも気分屋ですぐ他人を責める人は、むかしからそうだったんじゃないかと思いますpout
仕事はゆとりができてよかったですね

投稿: ぶるー | 2010年3月 2日 (火) 午後 05時52分

はじめまして!
私は午後からまだ別な仕事をしているため施設の仕事は時間的に無理なので今は訪問介護しています。
将来的には施設へと思っています。
ヘルパーの資格をとるため学校へ通っていた時に、そこの先生が今回のような方に似ている話の例をあげていました。
自分が情けないやらはずかしいやら、でもお金払ってるのはこっちだし・・と色々と考えてしまうようで。
でも、私が同じ立場になったら、情けないやらはずかしいやらとは思うだろうなと思います。
管理人さんはとてもお優しい方なんですね。便の話ではありますが、読んでて暖かい気持ちになりました。
管理人さん目指して頑張ります!
また、ちょくちょくよらせて頂きますので色々なお話読ませて下さいね。

投稿: みか | 2010年3月 2日 (火) 午後 09時39分

お疲れ様です。気持のよい言葉ですね、
しっかりしてた方ほど、自分が人さまの手を借りなければならないのが情けないのでしょうね、
そのことを十分踏まえて、介護されてるBiさんすごいです。
鏡ですねhappy01
時々ね、入所様の背景に目を向ければ、もっと楽しい介護ができるかも、なんてね

投稿: nekosann | 2010年3月 4日 (木) 午前 11時05分

ぶるーさんへ
便意尿意がなくなってしまう・・・・本当につらいことだと思います。
若い方にはきっと実感として理解できないだろうと感じます。
私達の年齢になると、今までできていたことができなくなる恐怖・・・少しずつ実感できています。
それと、その方の性格ももちろんあると思いますが、認知症について学ぶといろいろな角度からその方を知ることができます。
また、病名によってはまったくの性格の変異のみられる認知症もあるので、接し方の難しさを感じます。
仕事のゆとりは、新人さんたちががんばってくれています。新人さんたちまだ誰も止めてないですscissors

投稿: 管理人 | 2010年3月 8日 (月) 午前 12時34分

みかさんへ
はじめまして。
「みか」とう名前を見て少しどきどきしています。身近にいるものですから・・・・coldsweats01

個人的に我が家でも訪問介護のヘルパーさんのお世話になっています。
訪問介護のヘルパーさんは非常時優しいですね。一対一で接するからなのか、一つ一つの仕事がとても丁寧です。
施設では大勢いるヘルパーさんの一人という感覚になってしまいがちです。
私もまだまだ勉強中です。
自分の体験が少しでも参考になれば幸いです。また遊びに来てください。

投稿: 管理人 | 2010年3月 8日 (月) 午前 12時43分

nekosannへ
いやいやnekosann,あまり深く考えて行動していないんですよ・・・。coldsweats01
ただ、強い口調で話すことだけはできるだけ避けようとは常々努力しています。
自分がとてもつらい思いをしてきたので・・・。
時々思います。同居しているジジババちゃんには、施設のジジババちゃんたちのように接することが難しいdown
あの、ありがとうはどこへ飛んでいった???という日々変化のあるSさんですbearing

投稿: 管理人 | 2010年3月 8日 (月) 午前 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/47701089

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのありがとう:

« ちょっとしたお楽しみ | トップページ | 壊れない心臓 »