« はじめてのありがとう | トップページ | 介護職員処遇改善交付金 »

2010年3月10日 (水)

壊れない心臓

アカデミー賞作品賞受賞のハートロッカーを見に行った。

平日、たいていいいとこ15人程度の観客が

満席だった。

10:15からだったが

9:30に家を出た。

前日の発表だったから込むだろうとは想像していたけれど

これほどとは・・・・。

案内係の方が誘導して満席状態。

いつもの席確保しましたよ。

到着したときには、ほぼいつもこんなもんだから

それほど込まないんだ・・・・と思い、

座席確保してから、ロビーに出た。

カフェラテ&期間限定小倉マーガリンサンドセット¥500

注文して戻ると

アラッびっくり!

半分以上が埋まっていた。

あとはもう次から次へと流れ込み状態。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

肝心な映画は・・・と申しますと。

私好みでした。

ハラハラドキドキ

何が起こるかわからない・・・・これはもう大変

心臓悪い方は遠慮したほうがいいかも。

R指定あります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんな軽いタッチの文章で書いてはまずい

内容なのかもしれません。

最初の字幕が

映画のすべてのメッセージだった気がします。

「戦争は麻薬」である

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アバターのほうが

うんと女性的。

ハート・ロッカーは

このまま男社会で最後まで終わるのか・・・・

と思えばそうでもなかった。

まぁ、戦争に対する人類共通の思い

とはまた別個のものも存在するということ・・・

なんですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

どう、とらえるべきかなぁ~

迷った。

普通の人間でない狂気になってしまった人間なのか

使命感に燃えて自分の命をも犠牲にしてもかまわない英雄

と捕らえるのか・・・・。

|

« はじめてのありがとう | トップページ | 介護職員処遇改善交付金 »

コメント

Biさん こんばんは
アカデミー賞の効果ってすごいんですね。
もしとらなかったら、そんなにたくさん人が入らなかったと思います。
爆弾処理の話だから、きっとそうとう怖いんだろうな、と思いました。

投稿: ぶるー | 2010年3月11日 (木) 午後 11時46分

ぶるーさんへ
緊張感がずーと続く感じ。
そういった感覚が快感になってしまう主人公に共感はもてませんが・・・。
めざましテレビでも
解説していましたが、
政治的メッセージ、
戦争に対する批判めいたメッセージは一切ないのです。
淡々と現場を伝えている・・・・。
きっと想像している恐怖プラス
人間の内面の恐怖を感じると思います。

投稿: 管理人 | 2010年3月12日 (金) 午後 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/47773231

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れない心臓:

« はじめてのありがとう | トップページ | 介護職員処遇改善交付金 »