« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月に作成された記事

2010年3月31日 (水)

お疲れ様

Img_2742 今日は夫の最後の出勤日・・・・だと思ったら、もう2・3日はお助け出勤するらしい。

とにかく37年間ご苦労様ってことで、勤務先より帰ってきたら記念品と花束かかえて帰ってきたのでじじばばと私で

「お疲れ様~。」

と声がけ。

嫌がるかと思えばそうまんざらでもない様子。

記念に写真も快く撮らしてくれるし・・・・

なんかいつものお父さんではないぞ~!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日の私の業務はリーダー。

書類たくさん記入しなければならなかったけれど

早く帰りたいという思いが強かったのか

やり残しが今になって頭に浮かんでくる。

明日は少し早めに出かけよう。

帰宅すると、ちょっといい値段のおすしを注文に・・・

支度をしていると

電報が届いた。

Img_2731 こういったお花のドーム型のもの。

宛名は夫。贈り主は義姉夫婦。

こういった節度のある対応を時々する。

妻である私は感謝すべきだろうけれど

素直にありがたいと思えないのが

イヤだ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ちょっと、またしても何か力はたらいた????

というような出来事があった。

新人研修の指導(自分としてはこれはちょっと・・・適切な言葉でないような気がする)をしていると、毎日が本当に疲れる。

休日になってやっと少し自分を振り返れるが、

出勤日はくたくたになってしまう。

指導しながら、自分の業務もこなすわけだから二人で一人の仕事はできない。

二人で半人前の仕事しかできない。

が、リーダーさんたちは気軽に一人前の業務をスケジュールに組み込む。

疲れるのはこういった理由と、

研修生の提出書類にコメント等書き込んだりすることにも

エネルギーを使う。

・・・・・いろいろな意味でとにかく疲れる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今朝、出勤すると

昨日新人さんの一人が辞退したと

連絡が入った。

そして、指導係は同僚が担当するとの申し送りがあった。

旅行にあったって、いろいろ準備したいけれど

新人教育のことが気になっていた。

何かスーッと、心が軽くなった。

そんなこと言ったら、同僚に申し訳ない・・・・

と思いつつも、ルンルン気分。

思う存分、エネルギーはお楽しみのために・・・・。smile

ニャゴが、お花がとても気に言った様子。

Img_2739

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

一度はあきらめたけど・・・・

昨年より「お楽しみ」にと

高校時代の友と

韓国旅行を漠然と計画していた。

計画は具体化したが

生憎の我が家のタイミングで

自分の判断で参加をあきらめた。

夫には韓国旅行するからと話はしていた。

年明けに

「韓国旅行はどうなった?」

と聞くので

「このタイミングじゃ行っても気がかりだし

周りも許さないでしょ・・・。だから断った。」

と伝えた。

すると、

「四月から俺がいるから

心配することないから行っておいで!」

とやけに勧める。

いまさら行くといって友を振り回すずうずうしさもない・・・

と、夫に話すと

それじゃ日程だけでも聞いて

現地で落ち合えばいいじゃないか・・・

と意地でも勧めてくる。

それもそうかな・・・と思い

日程を友に確認した。

と同時に、私の参加も可能かどうか・・・。

そして、翌日締め切りである職場の休日申請に記入した。

職場も人手不足のため安易に申請が通るかどうか未定。

21日にシフトが配布され、申請は通っていた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

友に日程を確認すると

意外なことが判明した。

予定していた二人が中止になっていた。

当初の予定していた日付ではツアーがいっぱいで、一日遅らせたことにより

休日がかみあわないという理由だった。

その後の話を夫に、伝えてなかったため、

娘の前で

「○○(娘)といっしょに韓国行ってくればいいじゃないか・・・」

とまたまた勧める。

夫の魂胆はわかっている。

6月に計画している旅行に快く行ける様に

私に根回しをしているつもりらしい。

「まだ、中止になった友達とべつのところに行くかもしれないから・・・。」

と伝えた。

翌日、中止になった友と会い話を聞くことにした。

朝、娘が

「お休み申請しておいたから。」

と言ってきた。

娘は本気になった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

なにか見えない力がはたらいているかのように

自分の意としないところで

話がどんどん決まっていく。

こうなったら

娘と行くしかない。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それからは早い早い。

娘のパスポートつくりに行き、

ツアーに申し込み、

準備していく。

本も買い込み勉強をはじめた。

商品の詳細 商品の詳細

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

介護職員新入社員研修

4月1日より新入社員が2名入る。

研修担当をおおせつかった。

日勤の仕事を25日まで・・・。

あと遅番・早番の研修担当は、他の職員が引き次ぐことになる。

新卒者の研修は初めてなので

どう教えていったらいいのか・・・。

もう一人の研修担当の同僚と

いろいろと打ち合わせをしていこうと思っている。

といっても、新卒=若い、男性。

これは初めての経験。

どうしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

平等に接するということ

入居者Kさんが

先日のシーツ交換日に

「くしゃみが出なかった?」

と聞いてきた。

「何かうわさでもしていた?」

と尋ねた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この間の入浴日、NSから

「ちょっと血圧高いから午後からの入浴にしたら・・・」

と言われたけれど言うこと聞かずに入ることにした。

NSが

「何でそんなに、今入りたいの?」

と聞いてきたので

「○○さん(私の名前ね)が、中介助だから・・・」

とこたえた。

と私に説明する。

「なぜ○○さんだと、入りたいの?」

とNSから聞かれたから

「○○さんは、誰に対しても同じように接してくれるから・・・」

と伝えた。・・・・・と言う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

鋭い観察力に脱帽です。

常々私はこういうことに心がけています。

認知症の高度の方に対しても

クリアな方にもできるだけ同じ対応をしよう・・・・と

思って意図的にしていることもあります。

入居者側からみると

どうなんだろう・・・と自問自答したことも・・・。

別に何も口に出すことのできない認知症のかたに

どう接しようと文句を言われるわけでもない・・・・

と思って接している職員は

確かに以前はいました。

そういった場面に出くわしても

注意できない自分に

少し苛立ったりしたこともあったんだけどね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

別に自慢でもなんでもないんだけど

自分のポリシーが

分かってくれている方もいる

・・・・ってことが嬉しいねぇ。

まあ、

正直なところ

重度認知症の方が

私に対してだけ

不穏にならないで

従順に従ってくれるとき

・・・・・少し自慢したくなりますけどねbleah

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

介護職員処遇改善交付金

昨年末12月給料より

勤務先施設では¥10.000-の特別手当として給付されている。

私あいにくばばちゃんの介護休暇申請していたので、

12月分は出勤日数20日未満だったので手当てなしでした。

3月分の明細、今日いただいたら

びっくり。

うわさでは聞いていたけれど

( ^ω^)おっおっおっ・・・・ってな感じ!

これはもう

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

( ´艸`)プププ

ヽ(*≧ε≦*)φ

ですゎ~♪♪♪。

本当ならば一月¥15.000-見込みとしていただけると思っていたけれど・・・、

当社は全額反映されないのか~と思っていたところ、

ここにきて調整されたのね・・・・。

励みになるねぇ~~~~~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

壊れない心臓

アカデミー賞作品賞受賞のハートロッカーを見に行った。

平日、たいていいいとこ15人程度の観客が

満席だった。

10:15からだったが

9:30に家を出た。

前日の発表だったから込むだろうとは想像していたけれど

これほどとは・・・・。

案内係の方が誘導して満席状態。

いつもの席確保しましたよ。

到着したときには、ほぼいつもこんなもんだから

それほど込まないんだ・・・・と思い、

座席確保してから、ロビーに出た。

カフェラテ&期間限定小倉マーガリンサンドセット¥500

注文して戻ると

アラッびっくり!

半分以上が埋まっていた。

あとはもう次から次へと流れ込み状態。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

肝心な映画は・・・と申しますと。

私好みでした。

ハラハラドキドキ

何が起こるかわからない・・・・これはもう大変

心臓悪い方は遠慮したほうがいいかも。

R指定あります。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんな軽いタッチの文章で書いてはまずい

内容なのかもしれません。

最初の字幕が

映画のすべてのメッセージだった気がします。

「戦争は麻薬」である

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

アバターのほうが

うんと女性的。

ハート・ロッカーは

このまま男社会で最後まで終わるのか・・・・

と思えばそうでもなかった。

まぁ、戦争に対する人類共通の思い

とはまた別個のものも存在するということ・・・

なんですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

どう、とらえるべきかなぁ~

迷った。

普通の人間でない狂気になってしまった人間なのか

使命感に燃えて自分の命をも犠牲にしてもかまわない英雄

と捕らえるのか・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

はじめてのありがとう

二週間前に入所してきたSさん。

マイナス思考で、発する言葉

「疲れました。」

「早くしてください。」

「うるさい!」

とまぁ、なんといいましょうか。

この言葉以外に何か言うかなぁ???

自分もつらいだろうし、

まわりもつらくなる。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日、初めて

「ありがとう」と言ってくれた。

どういう状況だったかといいますと、

トイレでの出来事。

定時トイレ誘導時、

トイレにお連れすると、

車椅子から立ち上がりと同時に

便失禁してしまい、

車椅子、WCの床、便座に

ボトボトボトっと緩い便が落ちてしまった。

本人さん

「どうしてこんなになってしまったんでしょう・・・」

といつものせりふ。

「ちょっとお待ちくださいね。」と言って

清拭を取りにその場を離れる・・・と、

「早くしてください!何やってるの」

「早くして!」とまくし立ててくる。

「大丈夫ですよ。こんなのすぐにきれいにして差し上げますから。」

といって便汚れをふき取る。

「お尻もかゆくならないように、綺麗に洗って、拭いておきましょう。」

といってお尻シャワーをかけて拭いた。

返ってきた言葉は思いがけなく、

いままで聞いたことのなかったせりふ。

本当に自然に

「ありがとう・・・・。」

と言われた。

一瞬耳を疑ったが、

本当は素直にこういうことの言える人だったんだなぁ~。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前回の勉強会でのお話。

認知症の方への対応は、

自分のゆとりがある時は

とても調子よくこちらの言うことを聞いてくださる。

しかし、自分にゆとりがなく

こちらのペースで動いていただきたいときは、

必ずそうはいかない。

つくづく実感!

新人研修も今日で最終日。

明日から独立。

以前の4人さんもがんばっている。

少しずつ、ゆとりを取り戻している勤務先なのかもしれない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »