« 旅行のすすめ | トップページ | ファシリテート理論 »

2008年7月 5日 (土)

パソコンのすすめ

パソコンプログラム。

パソコンの技術を学び、ミニコミ誌を発行すること。

ただ単に発行を目的とするのではなく、目的はあくまでも認知症予防。

パソコンの技術を学び、ミニコミ誌の記事を書き、発行の段取りをするためにメンバーと話し合い、活動日誌を記録する。

上記を実行してゆくには、エピソード記憶、計画力、注意分割能力が大いに使用される。

ミニコミ誌作成にあたり、それぞれひとり一人が実行することを重視する。

出来の悪い文を排除するのではなく全員が作成する。

なぜなら、目的は認知症予防だから。

技術を教え合う・・・これも目的の一つ。人に教えるという行為はエピソード記憶を鍛える。

   *:★:☆:**:★:☆:**:★:☆:**:★:☆:**:★:☆:**:★:☆:*

上記がパソコンプログラムの大雑把な説明です。

最終的に、グループが半年後に自立して自分たちで活動して行けるように支援してゆきます。

ミニコミ誌作りは、社会に意義のある情報を集め発信する社会的行為です。人とのつながりを持つ活動や社会的意義のある活動は、長く続けられる要素を持っています。

ファシリテーターはパソコンプログラムの場合は、技術も必要なようです。自分が分かってないと教えられないということです。

お役所からは借りられないというので、息子のパソコン持参したのですが、重い。

物理的に重いのでなく、回転がわるい。なんか一杯入っているのかも・・・。

Vista持参された方もいらしたので、見せていただいたら、表示がものすごく分かりやすいね。

ノート型一つ欲しくなったよ。Vista買おうかな~・・・・。

パソコンプログラムの講座、終えて思ったこと。

|

« 旅行のすすめ | トップページ | ファシリテート理論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/41744836

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンのすすめ:

« 旅行のすすめ | トップページ | ファシリテート理論 »