« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月に作成された記事

2008年6月30日 (月)

認知症予防ファシリテーター養成講座

Img_1440 今日は、「認知症予防ファシリテーター養成講座」の第1日目でした。

ココ最近の生活は非常に乱れて疲れて、帰宅して食事の支度をした後3時間くらい熟睡して真夜中に目が覚める状態でした。

これはちょっとまずいと思いながらも、仕事先のスケジュールが非常にきつくなっているのに気がついているこの頃。けれど、誰に抗議したところで改善される見込みはないので受け入れるしかないでしょう・・・・・。トホホホですわ。

久しぶりに癒し空間です。新緑を満喫してきました。

市役所となりの公園です。梅雨の中休みの数時間ですが、30分ほど早く着いたので散歩楽しみました。マイナスイオンむんむんです。・・・表現が変だね・・・。

   :*:★:☆:*:*:★:☆:*:*:★:☆:*:*:★:☆:*:*:★:☆:*

ということで、本題。

認知症の原因によっては治療可能なものもあるということは周知のとおり。

そして、今だまだ解明されていないアルツハイマーに関しても次第に研究が進み原因が徐々に分かってきたらしい。

アルツハイマーで亡くなった方の脳を解剖して研究した結果、アミロイド斑が非常に多くあることが分かった。このアミロイド斑が炎症を起こすらしい。

ならば、このアミロイド斑を減らすもしくは増やさない生活習慣を構築できれば・・・ということ。

食事・・・野菜・果物(ビタミンC、E、βカロテン)、魚(DHA、EPA)、ワイン(ポリフェノール)

運動・・・週3日以上の運動

対人接触・・・人との付き合い

知的活動・・・文章を書く・読む、頭を使うゲームをする、博物館に行く等

上記がよく言われている発症を抑制する生活習慣。

認知症と診断を下される前に約7年ほどの前兆期がある。

その前兆期(軽度認知障害)における認知機能の低下には

①エピソード記憶 ②注意分割機能 ③計画力 があげられる。

それを基本としてNPO認知症予防サポートセンターが地域型認知症予防プログラムを研究した。

以上が簡単な説明。

そしてそのプログラムを実践するための支援者が必要。その支援者であるファシリテーターの養成を目的とした講座。

ファシリテーターとは何ぞや??

直訳すると、促進者。

求められる資質・態度は  相手の立場に立てる複雑性。

・相手が理解できるように情報提供する

・指導的・支配的な態度をとらない

・適度な心理的距離がとれる(職業的過ぎず、慣れ慣れしすぎない)

   :*:★:☆:*:*:★:☆:*:*:★:☆:*:*:★:☆:*:*:★:☆:*

ざっとこんな感じで、講義を受けてきたのです。

ファイブ・コグ検査・・・軽度認知障害のスクリーニング・認知症予防プログラムの効果評価のために必要。

明日からは具体的プログラムの進め方を学びます。まずは料理プログラムの進め方。楽しみです。Img_1446

| | コメント (4) | トラックバック (0)

認知症予防

Img_1434_2 Img_1435_2 Img_1436_2 Img_1433_2

何処でも、何時でも、何にでも手加減なしに、全身全霊で噛み付いていたnyagoが、最近「手加減する」ことを覚えたみたいです。

おかげで、私の手足はキズまるけだった状態から解放されました。

リストカット???の言い訳しなくてすむようになったのでした。

  *:★:☆:*:★:☆:*:★:☆: *:★:☆:*:★:☆:*:★:☆:

先々月の、市の広報誌に載っていた「認知症予防活動支援者養成講座」に応募しました。

決定通知書が届いたので、30日(月)~7月4日(金)まで、市役所でみっちり勉強してまいります。

仕事は火・木は休日、月水金は3日有給使って、一週間休暇いただきました。

予備知識をネットで調べてみたけれど・・・。

予防となるといろいろと知識が必要なのかな・・・特に地域で取り組むという形では。

ファイブ・コグ・・・本屋でこっそり勉強してきたけれど・・・。

私自身も予防対象者であるのですよね。weep

認知症の方とのかかわり・・・・どちらかというと、私はこちらが専門だから。

まあ、とにかく明日お勉強してきます。

それから前向きにご報告できればと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

48歳・父の日

Img_1432 今日はいつもどおりの出勤だった。

帰宅すると夫が買い物に誘ってきた。

買い物出掛け、各コーナーに掲示されたポップをみてやっと気がついた。

完璧に忘れていた。

今日は「父の日」だった。

以前ヤスオじいちゃんと実家の父へのプレゼントは用意しておいた。

「父の日」には二人の父に感謝する。

息子と娘の父は夫であるけれど、私の父ではない。

夫は、プレゼントの対象からは外れる。

買い物して、夕食済ました後、実家に行った。

何気ない会話から、6月12日に48歳になったという話題になった。

48という数字が反応したのか、父が本を紹介してくれた。

48歳の時に、頚椎を損傷し、二十数年にわたり、介護・介助を受けながら療養生活。その中での生きる喜怒哀楽の日々を綴った「岩井一麿氏著・さよならは、おでこにゴッツンコ」

まだ、読んではいない。

介護される側の思い等が綴られている。介護職をしている私に参考になればと、読んでみるといいと貸してくれた。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

久しぶりのランチ

Img_1422 今日は名古屋観光ホテル内、Le Sud (ル・シュッド) でランチしてきました。

平日ランチは、スープ&サラダバー、ドリンクバー付。Img_1424 Img_1423

今日のメニューは「牛ロース網焼き、野菜入りトマトソース」。

すごいボリュームでおなか一杯。

お話でも、満腹です。

Img_1427 Img_1425

お土産は、FUKAYAのロールケーキ。

★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*

先週4・5・6日、ヤスオじいちゃんは白内障の手術の為、二泊三日の入院生活でした。

そして、今日も11・12・13日に行われる左目の手術の診察に行ってきました。

ランチに出掛けているのに、じいちゃん一人で行ったの?と思うでしょ。

なんと、息子が付き添ってくれました。

本当は4日に計画していたのだけれども、入院日と重なった為、急きょランチはキャンセル。というわけで、9日計画・・・ところが、6日の退院日になり今度は9日10:00に受診に来てください・・・ですって。dash

そして裏話。

今日9日のじいちゃんの付き添いは、本当は娘に頼んでおいたのです。

用意周到に昨日から、事細かく説明しておきました。

そして、9:30に出発のはずでした。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋に向かう電車の中、9:36携帯がバイブしました。

娘からです。何か分からなかったら電話するように言っておきました。

マナー違反になるけれど、何度も何度もなるので仕方なく小声で対応。

「おじいちゃん連れて行こうとしたけどいない!」

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9:30になっても娘が来ないのでじいちゃん、息子にたのんだようです。

まぁ、じいちゃんからすると、

嫁は、友とランチ。

孫娘にはすっぽかされる。

どんな家族じゃい!

ってか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »