« 五十肩かも・・・ | トップページ | 久しぶりのランチ »

2008年5月29日 (木)

後期高齢者医療制度

我が家のジジババちゃんにも届いてるはずの「後期高齢者医療被保険者証」。

ヤスオじいちゃん(大正12年生まれ85歳)は自分で管理ができる。

ちゃんとバッグにしまってあったのを見せてくれた。

問題はナカコばあちゃん(昭和3年生まれ80歳)。

届いているはずなのに無い。

市役所高齢福祉課にTELして確認。

郵便局からご家族に手渡しで配達されているはずです・・・とのこと。

事のついでに、再発行手続きの説明もしていただいた。

   ***********************

なぜこういうことが、我が家では起こるのか?

簡単。

郵便物届けられると、ヤスオじいちゃん白内障で目が見えないながらも振り分け、自分のものナカコさんのものは自室に持っていく。

家族・私の目に入らぬまま自分たちの管理となる。

大切なものと自覚があるので、大事にしてしまいなくしてしまうという次第。

   ***********************

以前、予告通知案内が高齢福祉課から届いていたので、新しい保険証が届くはずだから郵便物に気をつけるよう説明して伝えておいた。

なのに、本人届いてないと言い張る。

ナカコさん宛てに届けられた郵便物が貯めてあるボックスを確認した。

保険証のみ切り剥された台紙が存在していた。

確かに届いているはず。

前回同様、あちこち探し回った。

1時間半後ようやく見つけた。

   ***********************

4月に届いているはずである「保険証」、今回はちゃんと持っているはずだと安心していた。

確かに、○福マーク入りの「後期高齢者福祉医療費受給者証」は持っていた。

これからは一枚の「保険証」ですむ。

これがとんでもない間違いだった。

ナカコさんは人工透析患者。身体障がい者である。

障がい者の場合は二枚ペアでの提出が必要。

今日の受診は、3ヶ月に一度のCTスキャンと腹部超音波検査。

いつものように受診に行ったのはいいけれど、前回同様「保険証」がない。

実費請求¥21、○○○円。細かい金額は忘れてた。

○福のマークの入った「後期高齢者福祉医療費受給者証」と「後期高齢者医療被保険者証」ペアの提出で無料となる。

   ***********************

高齢者が届けられた保険証を間違って捨ててしまうケース、

ひと事でなくわかっちゃうんだよね~。

だから、75歳以上の方々の現状・・・・厚生省もう少し勉強しないと・・・

80歳超えれば認知症候群でてきて当然の方々に

郵便物とか、金銭的な管理って無理ですよ。

我が家のじいちゃん白内障で郵便物、かろうじて読める程度。

それから豊橋市の場合、タクシー券とかバス無料券、「歩けないから利用したい」のに郵便局まで取りに来てくださいってのは少しいただけないような気がしますけど・・・・。

|

« 五十肩かも・・・ | トップページ | 久しぶりのランチ »

コメント

ほんと、大変ですよね~。
年寄りの大事な物の管理って一緒に住んでればなお更のことBiさんがちゃんと把握しておかないと大変ですよね~。

この前も実家の父が(まだ頭は大丈夫)大事な物をどこにやったか忘れてる!
痴呆っいうわけじゃなくても歳とともにこうなるからね~。
こっちのジジイは自分でどっか置いてるくせにばあちゃんのせいにして、この前大ゲンカしてた・・・。まったく世話がやけます!

で、年金暮らしのお年寄りには生きてる必要はないとばかりにお金を取る制度、納得いかないのは私だけでしょうか???
障害者はそれなりに特別なんでしょうが、障害者と認められない年寄りは死ね!って意味なんでしょうかね~~~。
まあ、Biさんに愚痴ってもどうなるわけでもないんだけど、ごめん!!!

で、全然関係ないけど8月に高校P連の全国大会が愛知であるので2泊で愛知初上陸です。
今からワクワクで~す!!!
なんか学校の用事で出かけるのに修学旅行気分でいけない親です・・・。

投稿: ポムモモ太郎 | 2008年5月30日 (金) 午前 10時00分

後期高齢者制度、よくわからない制度ですね、
少しでも皆で負担し合い、支え合う、制度って聞いたけど、これは高齢者いじめのような感もしてます。
矛盾だらけの制度、多いよね、
今日ね、不思議ですね、友達と机の上で作る制度、これってどうよなんて話してました。coldsweats01
現場の声を聞けですよね、
金持ちが作る制度です。coldsweats01

投稿: nekosann | 2008年5月30日 (金) 午後 08時03分

ヤスオさん、85歳になられるのですね。ナカコさんは80歳、ココまで日本を支えてきた方々にこれでもかというような過酷極まりない新制度なのじゃないのかなと思えます!!
安らかな老後、個人レベルでは無理な時代なのかね!!だったら、何が何でも意地でもじぶんでまもっていくしかないんだね。でも、50代でも思うけど、役所仕事って難しいです!そして思うこと、あっちがけっこう難しくしてるかなって感じしています。

投稿: riomama | 2008年5月30日 (金) 午後 09時31分

ポムモモ太郎さんへ
後期高齢者・・・に対しては、全国民怒っているのでそのうち、改善することを期待するのみですね。annoy
高P連、愛知県であるのですね。8月、夏休み中ですね。何日になるのかなぁ?
メールにて詳しく聞くかもしれない・・・。
よろしくね。

投稿: Bi | 2008年6月 4日 (水) 午後 04時41分

nekosannへ
サラリーマン川柳に、
「社長より 現場をよく知る アルバイト」ってのが昨日の新聞にあったよ。
まぁ、団塊の世代が困らないようにと介護保険作ったのに、自分たちが自分たちの首絞めるような制度になるとこまるでしょ・・・。なんて言ったところで、今の時代=格差社会。特別階級の官僚さんたちには無関係の存在なのかもしれないですね。介護保険使わなくても実費で充分お手伝いさん雇えるし・・・病院にも顔パスだろうし。

投稿: Bi | 2008年6月 4日 (水) 午後 04時49分

riomamaさんへ
個人レベルで守る・・・最近自分の将来をあれこれ思うのですが、自分が認知症になり何もわからない状態になったとき(実際、施設でお世話させていただいてる方をみていると)家族への負担は相当です。グループホームでは認知症ではあるが自立できている方たちが共同生活されている。その方たちもいずれ共同生活が不可能になり、受け入れてもらえるであろう特老の数は制限され相当の順番待ち。勤務先のような介護付き老人ホームとなると、かなりの資金が必要・・・ここでも格差がひろがるんだなぁ~。あ~あやりきれないねぇ~。

投稿: Bi | 2008年6月 4日 (水) 午後 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/41366542

この記事へのトラックバック一覧です: 後期高齢者医療制度:

« 五十肩かも・・・ | トップページ | 久しぶりのランチ »