« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月に作成された記事

2007年11月30日 (金)

インフルエンザ接種料金

インフルエンザの予防接種をしてまいりました。

昔からお世話になっている医院でしました。¥2,000でした。

領収書を勤務先に提出すると半額戻ります。

勤務先の施設で集団接種をお願いすると¥1,500となります。

同僚より実質500円少ない料金で、インフルエンザワクチンを接種できたことになります。

夫の健康保険組合から、扶養家族全員分のインフルエンザワクチン接種割引¥1,500券が届いていました。

8月から勤務し始め健康保険は自分の名義になり、施設の親会社の健康保険組合に加入となりました。

したがってその券は破棄です。

情報って貧乏人の味方になるよね。

先日、通院介助で受診に行った病院¥4,500でした。

びっくり。

こういったバラツキの説明がわかり易く説明されてたページがありましたのでご参考までに。http://www.city.fukuoka.med.or.jp/opinion/influenza-2.html

| | コメント (8) | トラックバック (0)

理・美容

勤務しているエコノミーな有料老人ホームには、月に一度出張理・美容院が開催されている。

ご家族の意向、ご本人様の意向に合わせてリストが作成され、そのリストを元に2日間開催されている「臨時理美容院」で散髪・洗髪・顔そりなどしていただける。

入浴の無い日に脱衣所が臨時理美容院となる。

他職員の話によると、近辺には安価な理美容院は多くあるが、来館してくださる所はちと高額・・・・という情報が流れている。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

勤務して4ヶ月目にして初めての理美容院への誘導介助。

名簿リストは事務の仕事。

ヘルパーはそのリストを元に、自立の方への声掛け、介助の必要な方を臨時理美容院まで誘導介助、カット台、洗髪台への移乗などのお手伝い。

名簿に書かれた名前の順序に従い居室を廻って行った。

素直に「わかりました。すぐ行きます。」と言われ準備してくださる方もいれば、

「今日は気分のらないから止めておくわ。」と断られる方も居られる。

そういう場合は、「気分転換になるし、スッキリ気持ちもよくなるから行きましょう。」と誘い出す。

そうかなぁ~とおっしゃていっしょに来てくださる方がほとんど。

しか~し、認知症の方はそうはいかない。

そこで今日のメインのお話。

認知の方は、30分前とは正反対の返事がくる。

また、デイルームに居られる方を誘うと、他職員からいろいろな意見が聞かれる。

J職員(健康管理課のPT)から、

「Yさん程度の髪の長さなら、切る必要ないから。目にかかり邪魔にならない程度の方は連れて行く必要ないから・・・。」

とアドバイスしてくださる。

自分もそう思った。

特に認知症の方は、男性はスポーツ刈り、女性は後部刈り上げっぽい超ショートヘアーがほとんど。

だから一ヶ月経っても馴染んできたなぁくらいに思い、切る段階ではないと思った。

わざわざここで切らなくても・・・もっと安価なところで切ればいいじゃない。

一回分の値段、浮くし・・・・・という貧乏根性が災いした。

自分から意思表示できない認知症の方、意思は示せても第三者的に必要のなさそうな方には声掛けが消極的になった。

そして50人近い名簿の1/2がキャンセルとなり、昨日1日と今日の午前中で理美容院は終了した。

ところが、

事務方はそうはいかない。

マージンがあるらしい。

とにかくリストに載っている名前の方を一旦はカット台に乗せてくれないと困る。

切る切らないは美容師の判断。

午前中に一旦終了して帰宅しかけた理美容師を再度呼び戻した。

そして私は、

「誰の判断で、キャンセルしたか?」と詰め寄られた。

「本人の意思です。」ときっぱり答えた。

「認知の方は、切る必要ない長さだから。」と答えた。

「それは困る。

 家族の方からの希望で作っている名簿だから。

 長さの問題じゃない。

 理美容によってもたらす気分の爽快さを味わってもらうためにも、

 勝手に判断してもらっては困る。」

・・・・そのなのきれい事。

ノルマこなしてのマージン目当て・・・なんじゃない・・・と思った。

男髪になっている超ウルトラベリーショートの認知症のYさんでさえも、連れて行けと言う。

無駄な出費しなくても・・・・私の貧乏根性が抵抗する。

おまけに、

こういう説明するのは3度目だという。

3度説明しても、一向に生活管理課のヘルパー職員に浸透してないところを見ると多くのヘルパーの抵抗意識が働いてる?とも思える。

そして、

きわめつけ、

「理美容師さん帰られるとき、Oさん(上記一連のリスト作成理美容担当の男性事務方)に何も言われず帰られたのですか?」

「私、ちょっと外にタバコ吸いに行って席はずしてました。」

・・・・・

タバコ吸わない我々に対して、何言っての????

タバコ吸って、事務がおろそかになるなら吸うな~!

だいたいタバコは休憩時間以外に吸うな!

タバコ吸って席はずして休憩している時間、年間で計算してみい!

吸ってないものがバカをみるような労働条件下にしているのはオマエダ!

・・・・・・と言いたかった。

・・・・・・しまった、要旨がずれた。

修正。

そして、私は午後からキャンセルになった認知症全介助者をカット台に乗せる為、トランスファーに没頭した。

くたくたになった。

ところが、

驚いたことに、

Oの言っていることが

確かだった。

たった2.3ミリの散髪で、こうも気持ちよくなるのかという爽快な表情をされている認知症入居者を見たとき、自分の一方的な傲慢な気持ちは反省となった。

Oさんへ

こんなに、いい表情みなさんされるんなら、

もう少し安くできる、理美容院見つけてください。

もしくは交渉してください。

1回¥1,000くらのさぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

認知症対応

Sさんは脳梗塞からくる右マヒ。

認知症も少し出ています。

非常に体重があり、医師から食事・おやつはダイエット食にするようにと指示が出ています。

したがって、他の入居者とは違うメニューになるわけです。

しかし、本人は納得できません。

毎度同じことを言うのです。

「どうして、私だけみんなより少ないの?」

「どうして、私だけみんなと違うの?」

「みんなと同じお金出してるのに・・・・。そしたらその分、引いてくれないと?」

職員は、その度に毎度同じ説明を繰り返します。

なんか、いい説得方法ないかなぁ~?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

とうとうハードがいかれました

前々から不調だった、マイパソがとうとう暴走しだすようになってしまい修理に出してました。

更新できなかった理由です。

私のボディーを心配してくださった方へ、通知が遅くなってまことに申し訳なかったです。

どうも、ウィルスの影響だと思っていたのですが

ハードがいかれてたらしく、マザーボード交換という事態でした。

実費だと¥58,000ですって・・・。

販売店の保険入っていたので¥30,000ですみましたけど、これって相場かな?

状況を携帯電話から登録したつもりでいたら、投稿されなかったです。

考えたら、ニャゴの写真を添付していたのね。

テキスト+イメージは投稿されないのかな?(勉強してないもので・・・。)

***********************************

おととい修理からもどって、5時間悪戦苦闘していたのですが、無理でした。

今日朝9時から電話を掛けてやっとつながり、さっきまでアドバイスしてくださったサポートセンターのT様のおかげでインターネットもつながりました。

ということで今日は、久しぶりに休日とかさなり、インターネットもつながり嬉しいかぎりです。

まず掃除してから、おじゃまできないでいた皆様のところにうかがおうと思ってます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

転落

先ほど、階段から転落してしまった。

二階から洗濯物を階下におろそうと、トントントン・・・とリズミカルに降りていくと、あと三段というときに踏み外した。

背骨を打ち、左肘を打ち仰向けでずり落ちた。

非常に痛い!

どこがって、まず頭痛がする。ガンガンひびく。

頭痛がしたので、直前に風邪薬を飲んだところ。

しばらく動けない!

娘が笑いながら「大丈夫?」と質問した。

私は笑えない!

「背骨が折れたかも・・・・」

娘、曰く、

「大丈夫だよ、さっき動いたから・・・。」

なるほど、動く動く。

45も超えれば脳のどこかで梗塞が起きているのは普通らしい。

どんどん脳が死んでいく。

最近妙に自覚している。

「明日はわが身」がホームの年配者の姿と重なる。

まだ早い・・・・とは思えない。

弱気になるまい!

まだまだやりたいことあるじゃん・・・とつぶやく。

お臍の裏側あたりがすりむいたらしい。そのうえ横に青あざがはいっているのとのこと。

吐き気もしてきた。

ような気がする。

肘も、青あざになって少し腫れている。

まいったまいった・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »