« 通院介助 | トップページ | 気分は十代? »

2007年9月12日 (水)

近況

以前より続けている在宅の仕事なのですが、例年通り今年の夏も、文集作成のお仕事いただいたので・・・「いただいた・・」というよりも、お願いされて・・・ちょっと違うかも・・・「おしつけられて」・・・これもちょっと違うニュアンス・・・まあ、長年のお付き合いでお助け合い精神かな・・・・。本当は下記の理由でお断りする方向でお話していたのに・・・・・。(涙)

有料老人ホームの仕事は先月25日から、日勤の正社員として登録させていただいたのでフルタイム労働となりました。日勤ですので早番、遅番、夜勤ってのはないのですが、8:30~17:30ってのは、50に手が届く体にはへこたれるかも・・・なーんてね。慣れるまで慣れるまで・・・・辛抱すべし。

・・・・ということで、なかなか更新できなかったし、みなさまのところへもお訪ねできなかったのがずっと気がかりでした。

一ヶ月半経過した仕事について心境をつづりたいと思います。

ほとんどが程度こそ違うけれども、入居者は認知症の方です。在宅で介護できなくなる理由はたいていこれ。

自分の将来をどうしてもダブらせて見ています。

私は認知症になるのだろうか?どんな残存機能が残るのだろうか?どんな感情が最後まで残るのだろうか?

利用者を観察していると、人間関係の相乗効果ってのがハッキリと出てます。

いつもニコニコされて穏やかにお話されるTさんの周りには自然と人が集まります。ますます心穏やかになり、平穏な日常を送ってます。

神経質に構えているKさん、スタッフにいつも「不平、不満」をぶつけています。人は自然と遠ざかります。

入居者様・・・個人的には様はいらないと思ってるんだけどね・・・。一応有料ってことでお客様ですのでね。

そう、入居者様を観察しているとね、本当に幼少期精神なんだろうなぁ~・・・って思ってしまうんですね。幼児は行動が伴うけれど・・・・ここは、ほとんどが車椅子。

笑顔がかわいいんだなぁ~・・・なんともいえない顔をするのよね。写真に収めておきたいくらい。

利用者様の細かなことについてはまた機会をうかがって書かせていただこうと思いますが、問題はスタッフ・・・・職員です。

私が働き出してもう、二人の職員が辞めてしまいました。

一人は一緒に働かないままお別れ・・・50肩だということで、私の入社日から欠勤されていた方。もう一人は若い女の子。成人式前だと言っていたなぁ~。回転の速いのは聞いてましたが、二人抜ければ二人、入ってくれないと・・・。

利用者様も二人の方とのお別れがありました。・・・・実際には私はお二人とも面識はなかったのですが・・・職員の方々はしんみりです。・・・・だろうと思ってましたが、常に回っているのが日常・・・しんみりもしてられません・・・という雰囲気で作業に追われているようですね。

一ヶ月実習が病院だったものだから、こちらの施設の「なあ・・なあ・・」的といいましょうか、アバウトな感じとか、連絡が密でないところとか、作業の統一性のない部分とか、職員同士のコミュニケーション不足とか、機能的作業がされてないところとか・・・・・・やけに目についちゃっているこのごろです。

いかん!いかん!・・・・魅力探しすべし!

|

« 通院介助 | トップページ | 気分は十代? »

コメント

おはようございます。朝からパソコンをのぞき、のんき気、気ままなnekosannです。^m^
お仕事お疲れ様です。人間相手の仕事は色々と大変ですね、心身ともに疲れることと思います。
年輪を重ね、若い方には見えてない所がBiさんくらいの方には見えるだろうね~~
ゆとりを感じられます。
50肩ね、難儀ですよ、手が挙がらない、後ろに回らない、気の毒だけど、その方ね、介護は出来ないわ、nekosann、自分の車椅子の子を抱えるのに、痛みで2人して、畳の上で転んでしまいました。
畳でよかったけど、この病気長くなるものね、仕事をしてない、nekosannにはあせることもないけど・・・
でもね、花仕事をするのも難儀なのよ・・・そこが辛い、^_^;

**********

一ヶ月実習が病院だったものだから、こちらの施設の「なあ・・なあ・・」的といいましょうか、アバウトな感じとか、連絡が密でないところとか、作業の統一性のない部分とか、職員同士のコミュニケーション不足とか、機能的作業がされてないところとか・・・・・・やけに目についちゃっているこのごろです

うふふふ、そのうちこの中にどっぷりつかるか、開拓していくか?
止めるか?  エヘヘヘ*⌒∇⌒*)テヘ♪
時には目をつぶることも・・・^_^;
上に立つ方でずいぶん違ってくるのよね~~

投稿: nekosann | 2007年9月13日 (木) 午前 08時47分

理想と現実の違いがいやというほど身にしみているようですね。
辞めていく人のほとんどは、人間関係でしょうね。
がんばって! 
私の義母は、朝市でお金儲けをしていたから、痴呆になったら「お金、お金」と言うのかなあ、と心配していました。でも、実際はお金を忘れて笑うことだけが残りました。
私も将来はああなりたい、と思います。
笑う人にね。

投稿: 聖子 | 2007年9月13日 (木) 午後 08時00分

nekosannへ
明日がお休みとなると、心に余裕がもてます。本当は在宅の仕事から解放されたせいかもしれません。
65が定年なのですが、その年まで働けるかな・・・?実際60で他の老健定年してここでヘルパーのパートとして採用されて、バリバリやっている方一人います。
仕事ぶり見ているとがんばっているのは認めますが、正直言って移動移乗に関して非常に入居者に負担をかけていると思います。最後まで力を抜かない・・・という基本ができなくなってしまってます。ドスンっと利用者さんを車椅子、ベットに座らるとう感じです。・・・黙っているけど利用者さんかなり参っているのでは・・・と私の目には見えます。

止めるのはいつでもできるので、とりあえずは仕事完璧に覚えるまでは止めませんよ。(笑)
開拓はまず難しいねぇ。私が気をつけるだけですね。
がんばるわ~。(笑)

投稿: Bi | 2007年9月15日 (土) 午後 08時05分

聖子さんへ
私が入社する前に脳梗塞で入院され戻ってきた入居者様がいます。入院前は自立生活されていたそうです。退院後は車椅子、オムツの生活です。
ご自分でトイレに行きたいといわれます。車椅子を自走することもできません。非常に体重のある方で、3人がかりでないとトイレの便器に座らせることができません。理想と現実のギャップを目の当たりにしています。

認知の進んだ入居者の方が過去何をされてたのかまったく想像つかないですね。
いつも怒鳴ってばかりいる方もいらっしゃいますよ。近寄るのが恐いです。
いつも穏やかでニコニコされている方の、過去の情報はやっぱり性格的に穏やかだったりします。ということは一番強い性格が残っていくのかもしれないですね。
基本的に、笑顔であの唄を歌って皆さんを喜ばせていたお母様なのでしょうね。

投稿: Bi | 2007年9月15日 (土) 午後 08時20分

お疲れ様です!
ベストライフのCMを見るたびに、Biさんの事が浮かびます。
現場では、色々大変なんだろうな~!!
幼稚園の時も、何かあったら事細かに報告しなくちゃいけなくて、もし連絡漏れがあったら、些細な事でも厳しーく注意されました。
あの時は、それ位の事で・・・なんて思いましたが、今の職場では連絡がいい加減で、今はそれがストレスだったりしてます。(^_^;

投稿: しろぱん | 2007年9月15日 (土) 午後 09時55分

さっそくご訪問~~~!
Biさんがコメントしてくれたっていうことは更新してるな~って思って伺いました。

やっとお仕事にも慣れられましたか???
でも、フルタイムみたいで苦しいですね~。わたしにゃあ絶対に真似できんわ!!!
まっ、職場は色々あるでしょ~ね・・・。
ましてや歳はくってても(笑)新入りはあくまでも新入りだもんね、人間関係も色々とあることでしょう。
頭にくることだって、クッソー!と思うことだってあるよね、人間だし、感情のある生き物ですから・・・。

人間対人間、職員さんとも、また介護される側共に色々とあるでしょうが、頑張ってくださいね・・・。
それしか私には言ってあげることができな~い~。

先輩のnekosannさんのコメントじゃないが、ドップリつかるか開拓していくか、辞めるか???
私はBiさんは、ドップリつかって今に仕切りだすんじゃないかと???(笑)

投稿: ポムモモ太郎 | 2007年9月16日 (日) 午前 09時28分

久々にお邪魔しますー
やはり理想の介護は中々ですよねぇ。
人間相手のお仕事だすから、他の職場以上に人間関係が大切よね。ご苦労が偲ばれます。
介護の領域は未だ始まったばかり、今後の改善が迅速に進んでくれますように。
頑張りすぎないで、時には上手にサボって下さいね。

投稿: ako | 2007年9月19日 (水) 午後 04時47分

Biさん、お疲れ様です。
なあ、なあ・・アバウト・・コミュニケーション不足・・・私は厨房職員でしたから携わってはおりませんが同じことを感じておりました。客観的だから余計にこうしてさしあげたいああしてさしあげたいと思ってみたものです!・・・施設に理想的な介護を求めるのはあるいみ無理なのかもしれません!!
夢のまた夢なのだけれど・・・自宅にだれでも立ち寄れる場所を作るのが私の夢です>>>

投稿: riomama | 2007年9月20日 (木) 午後 03時09分

しろぱんさんへ
ベストライフのCM・・・調べてみました。
http://www.bestlife.jp/tv-cm/index.html
こちらの地方では、このCM流れていないような気がします。観たことなかったです。
今日、一ヶ月実習に行っていたデイケアにKさんと一緒に遊びに行ってきました。利用者さんはほとんど私たちを覚えていません。覚えてくださっていた方もいました・・・すっごくうれしかったですよ。スタッフの方々
はちゃんと覚えてくれていましたよ。
当時自給870円のパート職は今1000円になったとスタッフが教えてくれました。今急速に介護職に変化が見えてきています。希望が持てるようになるといいですよね。特に若い方たちにとって・・・。

投稿: Bi | 2007年9月20日 (木) 午後 10時56分

ポムモモ太郎さんへ
コメントありがとうね。
ポムさんからコメントとどくと、うれしいような気を使わせちゃってなんか申し訳なかったかなぁ~なんて感じたりしています。それでもやっぱりありがとね。

新入りを実感していますよ。むか~し年配者に、若い者は目上の人への言葉遣いも分かっていないと言われたことはあっても思ったことなかったですが、ちょっと心に浮かぶこの頃です。。こういう思いなのねって・・・人生その時がこないと実感できないことって多くありますよね。

どっぷり使って要領よく逃げるって手もあるけれど、どうも入居者様のこと思うと、要領よくこなしていかないと申し訳ない気持ちになります。

今はただただ、入居者さんのことを思って仕事をこなせるように・・・とがんばるだけですね。

投稿: Bi | 2007年9月20日 (木) 午後 11時06分

akoさんへ
ありがとうございます。
少しずつ、介護職に光が当たるようになってきているのかな・・・。
もうしばらくの辛抱かもしれないですね。
政治家さん、経営者の方々にはぜひ考えていってほしいですね。

お休み希望を入社前に、日水にしたのが失敗だったかな・・・出勤日は入浴日がほとんどでした。(笑)
ず~と忙しいでは、体がまいってしまうけれど、力抜けるときもありますので、そのときは入居者様との会話を楽しんだりしています。(笑)

投稿: Bi | 2007年9月20日 (木) 午後 11時14分

riomamaさんへ
「託老所」を想像しました。
だれもが立ち寄れる地域のコミュニティー的存在の場所って、自分が老後になったときあるとステキですね。

教科書通りの理想の介護現場は、やっぱり在宅でないと無理がありますよね。実感しています。
どうしても時間に追われての「作業」になってしまいます。そこに思いやりを示そうと思うとどうしても時間が必要になりますよね。

以前にriomamaさんが言っていた、本当に介護職に適した優しい気持ちを持った子から止めていってしまう・・・・これ実感しています。
組織の中ではやっぱり歯車なのですよね。人間関係に疲れてしまって精神が病んでしまわれる人が多いです。介護職はそうなってほしくないのに・・・。

投稿: Bi | 2007年9月20日 (木) 午後 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/16428182

この記事へのトラックバック一覧です: 近況:

« 通院介助 | トップページ | 気分は十代? »