« 信念 | トップページ | 近況 »

2007年8月21日 (火)

通院介助

介護付有料老人ホームは、要支援1から介護度5ランクの方が一緒に生活しています。

食事時間などは、刻み食、ミキサー食、普通食の区別。とろみをつける方、つけない方。使用する持助具。入居者75名一人一人把握する必要があります。

ようやくわかってきました。

そして、ポータブルトイレ、オムツ、リハビリパンツ、自立かこれも把握しないといけません。

*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*

今日、Kさんを歯科医院に通院介助しました。

最近歯医者に行っていない私は、今時の歯科医院の造りに仰天してしまいました。

診療台ごとに部屋割りになっているのね・・・。

それとWCもきちんと車椅子対応、ユニバーサルデザインですわ。

・・・とっても楽しかったなんていったら不謹慎ですかね。

|

« 信念 | トップページ | 近況 »

コメント

Biさん
やりたいことのある時って寸暇を惜しんで頑張れるのですよね。私にもそんな時がありました。そういう時って時間が濃縮されてたきがします!
今日は甲子園の決勝がありました。久しぶりに決勝戦を観ることが出来ました。佐賀北を応援していても9回表は広陵高校を応援したくもなりました。甲子園にはドラマがありました!!諦めないこと信じることが大事なのだなと思いました!こんな時間が持てるようになったのもあの時期があったからなのだと思っています!!
残暑厳しい中、ご自信もいたわってくださいね。

投稿: riomama | 2007年8月22日 (水) 午後 04時00分

riomamaさんへ
甲子園野球では毎年のことながら大どんでん返しがあります。その度に「あきらめない気持ち」が大切だと感じます。昨年は日本代表野球チームにもこの気持ちもらいましたし・・・。
riomamaさん、ゆっくりできるときはゆっくり充電して、得た情報を私にもおすそ分けしてくださ~いね。

投稿: Bi | 2007年8月22日 (水) 午後 11時05分

お久しぶりです。*⌒∇⌒*)テヘ♪
おしごとおつかれs56たrまds;(黒君がパソコンにー)ごめんわら@ (。-∀-)ニヒ♪ @@
楽しんで仕事をする、これって理想ですよね、よかったです。自分で見つけられる楽しみ、いいですね、+.゚(*´∀`)b゚+.゚イィ
↓  お友達、考えなく言葉に出したのね、
仕事をしながら、両親の介護が(仕事をしてるから両親を思いやれる)出来るのにね、
お互いによい関係になれると思うけどな・・・
うふふふ、気にしない、気にしない・・・人は人です。
信念です。*⌒∇⌒*)テヘ♪

投稿: nekosann | 2007年8月23日 (木) 午後 01時23分

nekosannへ
お久しぶりです。
くろちゃんったらキーボードの上を歩いたのですね。

正直言いますとね。フルで働けば物理的に家族と接する時間は減りますよね。その分精神面でカバーしとかないと、自分の良心が痛みますものね。だから、言葉がけも多くなったし、顔色も毎朝確かめないと・・・という思いになります。

それでも今日ポカやりました。(笑)勘違いしてナカコさん透析日だと思い、昼食の用意をおじいちゃん用に作って、お風呂の準備もせずに出かけてしまいました。

やっぱりヘルパーさんケアプランに入れておいてもらってよかった。ちゃんと昼食用意してくれたし・・・。お風呂はシャワーだけにしたとか・・・。

投稿: Bi | 2007年8月23日 (木) 午後 06時58分

それぞれ介助の仕方が違うのは、当然なのかもしれないけど大変ですね。
そんな中、たまには楽しい!って思える事もないとね。
全然、不謹慎じゃないですよ~。(*^_^*)

投稿: しろぱん | 2007年8月24日 (金) 午後 11時01分

毎日が忙しそうで、楽しそうで刺激がありますね。
わが家のおばあちゃんも介護5です。
よく病院に連れて行ってくれるなあ、と感心しています。うちにいた時は、2~3人かかりましたからね。
歯医者さんも現代社会にあわせてあるのですね。
この仕事だからこそ、発見できたことですね。

投稿: ノッペ | 2007年8月25日 (土) 午後 10時36分

しろぱんさんへ
しろぱんさんのおばあちゃんが90歳過ぎていても基本的なことは自分でされていること・・・。年齢であれこれ言うことはできないですね。

施設で働きだして最近考えることは、認知症(脳の萎縮)は死への恐怖心を忘れさせる神からの贈り物だということを聞いたことがあります。・・・①
「その人、個人が生きている意味」「生かされている意味」絶対にあるということが確信できます。・・・②
この二点。

投稿: Bi | 2007年8月29日 (水) 午後 09時49分

ノッペさんへ
要介護5の方を具体的に想定すると、
自分の意思を自分からは発せられない、
会話不成立、
歩けない、
立てない、
食事は全介助必要。
自宅では看られるのは難しいですよね。
ノッペさんのご自分の体のこと、仕事のこと、家族のこと。ノッペさんにとってもおばあちゃんにとってもベストだと思います。
何よりも私はノッペさんの娘さん・・・今一緒に働いている若者達を見て、きっとこんな感じで働いていたのだろうなぁ~と勝手に想像してます。孫のような存在の子たちが一緒にいるだけで、お年寄りは表情がぜんぜん違うんですよ。

投稿: Bi | 2007年8月29日 (水) 午後 10時01分

この度は励ましのコメント、またご心配をおかけしまして・・・ありがとうございました。

さて、お仕事の方、色々大変ですね・・・。
個人個人、それぞれ性格も違うし、考え方も違うでしょうから、ケースバイケースで頑張るしかないんでしょうね。でも、それをバネにして頑張れるBiさんって凄いと思います。
私なんか自分の母でさえ手を焼いてどうしてあげることもできなかったんですからね・・・。(悔)

でも、少しは息抜きしなくっちゃ体がもたないよ!
手を抜く時にはしっかり手を抜いて体大事にしてね!!!

投稿: ポムモモ太郎 | 2007年8月31日 (金) 午後 11時54分

ポムモモ太郎さんへ
コメントありがとうございます。

入居者の中には病気と戦って、いや実際には戦える体力、気力は加齢とともに薄れ、共存している人たちがほとんどです。
定期的な受診をしながら、毎日過ごしておられます。

生命力って気力がなくなり弱気になったときが危険なのかもしれませんね。

投稿: Bi | 2007年9月 1日 (土) 午後 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/16193834

この記事へのトラックバック一覧です: 通院介助:

« 信念 | トップページ | 近況 »