« 今から早寝、早起きします | トップページ | さすが4日間は疲れる »

2007年8月 1日 (水)

赤十字救急法

Img_1214 8月14日から17日まで、赤十字救急法基礎講習・救急員養成講習受講を申請していました。

その教材が届きました。

訓練校が始まって間もなくのこと、K・Kちゃんに情報いただき私も申し込みました。

もちろん今度の勤務先には了解を得てあります。

そんなことより、今日どうだった???の方が聞きたいかな?

今日は、凹んだ。

人間関係にではなく。現状の利用者の方たちに・・・。

私の実習経験では、一ヶ月実習に行ったデイ・ケアの利用者の方たちのイメージが強く刻印されてしまって、その前のグループホームで接した利用者さんたちのことがどこか飛んでいってしまっていたのね・・・正直なところ。

デイ・ケアの利用者さんはホントに元気。M病院のデイ・ケアスタッフがそうさせている(良い意味で)のかもしれません。・・・他を見るとホントに違いがわかる!

そう考えると、スタッフが雰囲気を作っていることにもなるのね・・・。

複雑です。だってわたしが拒否していた若さ、あのハツラツとしたM病院のデイ・ケアが魅力的に感じたから。

あの雰囲気では私は1日働くことは不可能に近い!

でも、ここではなんとかなりそう・・・・・どこも一長一短です。

さあ、明日からはここの魅力探しをしましょう。

我が家のおばあちゃん・おじいちゃんも大事にしたいと思った一日でした。・・・と締めくくりたいと思います。

|

« 今から早寝、早起きします | トップページ | さすが4日間は疲れる »

コメント

お久し振りでーす
ご無沙汰していたらまあ、ご就職おめでとうございます。
遣り甲斐の有るお仕事で、益々お忙しい毎日でしょうから、お体に気を付けてね。
にゃお2ちゃまも白いお腹出して(^.^)お元気そうですね。

投稿: ako | 2007年8月 1日 (水) 午後 10時01分

Biさん、こんばんは。
ちょっと残念なところだったみたいで、自分もがっかりしました。すごくいい職場で楽しく仕事してほしかったです。
でも、これからどういうふうになるか、自分にも勉強になるので、仕事のことをブログでたくさん書いてほしいです。
いやなこと、とか、どうやって乗り越えるのか見本にしたいです。

投稿: ぶるー | 2007年8月 1日 (水) 午後 11時47分

akoさんへ
ありがとうございます。
今は、興味あることばかりで勉強になっています。
だんだん慣れてきたり、内情がわかってくると耐え忍ぶ日々になるかもしれません。(笑)
にゃお2も元気です。
ゴンにゃん速く帰れるといいですね。

投稿: Bi | 2007年8月 2日 (木) 午後 07時15分

ぶるーさんへ
楽しい職場とは、きっと仕事している本人には責任のない仕事場になると思います。
それぞれお金を戴いて仕事するということは、我慢も必要だと思います。
楽しい職場ではないけれど、やりがいのやる職場です。
それて集団レベルで事は判断することは良くないと今日分かりました。個人の立場で話すをすることによって、現状が理解できます。ケースバイケースってことですね。

投稿: Bi | 2007年8月 2日 (木) 午後 07時24分

救急法って、家庭でも仕事でも役立つ事ですもんね。
色々な事を身に付けていってるBiさんすごい!
仕事ってなかなか理想的なところって無いですよね。
でも、魅力探しって良いかも!
前向きなBiさんの事、私も見習おう!!(*^_^*)

投稿: しろぱん | 2007年8月 2日 (木) 午後 09時39分

Biさん、こんばんは。
楽しいって言葉で、最近苦労しています。
仕事の話では、これからは使わないようにします。

やりがいのある仕事場でよかったです。
これから、どうやってやりがいを見つけたり、納得いかないことに対応していくか、教えてもらえたらいいな、と思っています。

投稿: ぶるー | 2007年8月 2日 (木) 午後 10時00分

なかなか大変ですね・・・。
その場所場所で雰囲気も違うし方針も違うだろうし、人間関係も含めていい所ばかりじゃないだろう・・・。
今からBiさんは、それによって人間が磨かれていくのね。
そして何年かしたら、介護士のダイヤモンドになってるかもしれないよ~。

最後の締めくくりの言葉がいいですね~。
おじいちゃん、おばあちゃんを大切にしていきたい、と・・・。
私は心底思えないケツの青いガキですわ~。(反省)

投稿: ポムモモ太郎 | 2007年8月 3日 (金) 午後 12時14分

Biさん
お疲れ様です。
いいところも悪いと思われるところもみんな勉強ですね。ところ変われば・・・でも、
利用者様がいいサービスを受けられることが大事なのかなんて素人ながら思ってしまいます。
現実に立ち向かいながら、ご家族のことを思いやるBiさんに敬服いたします。
先々だってのブログで、布草履にこだわってしまいごめんなさい。実は、布草履を作ってみたいと思っていたところだったので・・・ネットで作り方調べて・・・うまくわからないので教室があれば行きたいなんて思っていたものですから・・・。でも、73歳になる母が教えてくれました!!今日完成したので。次のブログでアップしようかと思っています。いつも、いい情報ありがとうね。

投稿: riomama | 2007年8月 3日 (金) 午後 06時36分

しろぱんさんへ

投稿: Bi | 2007年8月 3日 (金) 午後 09時42分

しろぱんさんへ
さすがに疲れてしまっているのか、ウトウトとしてしまいコメントが途切れてしまいました。

心臓マッサージとか救命措置について、聞くところによると救助しようとしてやり始めると救急車が到着して救命士の方に交代するまでやり続けないと途中でやめてしまって何かあれば救助しようとした方の責任になるとか・・・。

資格目的でなく知識を目的としようとしてるけれど、忘れっぽいから・・・・心配です。(笑)

投稿: Bi | 2007年8月 5日 (日) 午前 03時14分

ぶるーさんへ
納得できねぇ~って思うことたった4日間で、かなりありました。(笑)

老化って2段階に分けられますよね。
精神的にしっかりしていて、まだまだ自立していこうと前向きに生きられる段階(脳梗塞の片マヒの方が比較的多い)。
そして段階が進み、脳の機能低下によってどうしてもADLも低下してしまい、QOLの向上を求めなくなってしまう段階。

介護付老人ホームは、自立できなくなった後者の段階の方たちの介護が中心になります。
居宅での自立生活ができなくなり、自立目的でなく余生をのんびりと人にお世話になって暮らしましょうっていう方たちになります。

お年寄り達が笑顔で談笑してレクレーションするデイケアの光景はあまりないです。利用者同士の交流を求めているのは一部の介護度の軽い方たちです。
寂しければ職員を独り占めして傍に来てほしいし、職員が他者に親切にしていれば自分もそうしてほしいし、痛ければ泣き叫ぶし・・・こういった精神的・肉体的苦痛をやわらげてあげたいという気持ちが必要になります。

しかし、現場は手が足りない。・・・・ってことはどうなるか・・・納得できねぇ~・・・となるわけです。

投稿: Bi | 2007年8月 5日 (日) 午前 03時38分

ポムモモ太郎さんへ
職場の利用者さん方を見ていると、ナカコさん・ヤスオさんはまだまだ健全だという感想。

というより、老化の種類が違うのかもしれない・・・。

ちょっと嫌な言い方かもしれないけれど
ここは、いずれ誰にでも来る人間の最終段階を何度も体験できるところなのかもしれないっと思ったのね。

辛いのは、オムツ交換よりもポータブルトイレの掃除。正直、毎回吐きそうになるのね。内緒の話・・・それ多分施設に知れると、即明日から来ないでいいですといわれるらしいです。

4日間続けてみて、自分が何でこの仕事続けていけてるのかと考えると、人間だから・・・なのかもしれないです。

投稿: Bi | 2007年8月 5日 (日) 午前 03時56分

riomamaさんへ
家族のこと思いやれない自分がいるのね。

正直、毎日お目見えする小姑に会いたくない・・・とういう思いもなきにしもあらずってことも・・・。

riomamaさん、がっかりするかもしれないけれどわたしそんなに立派な人間じゃないのね。

夫が、充分でなくても現在将来安心して暮らせる生活費を入れてくれて、小姑もせめて一月に一・二度の訪問であるなら・・・、自分も働きにでず老人2人の世話と家事に専念する主婦でいたかもしれないです。(笑)

お母さん、出きるのですね。草鞋(ワラジ)だと藁がなかなかないのですよね。布草履、楽しみにしてますね。(笑)

投稿: Bi | 2007年8月 5日 (日) 午前 04時09分

Biさん、こんばんは。
ブログを読んで、認知がたかくて自立の目的がなくなった人達の介護はたいへんだなと思いました。

燃え尽き症候群の話で、なんで仕事しているのか、という気持ちになってきそうです。
でもぼくの場合は、介護のしかたとかより、ただ職員の人達がいやだっただけかもしれないです。
あんまり立派な介護者にはなれそうにないです。
納得できねえーって気持ちを、Biさんはこれからどうしていくのでしょうか。

投稿: | 2007年8月 5日 (日) 午後 08時30分

ぶるーさんへ
私は、納得できてない部分は密かに周りのスタッフに知られないように「私と利用者」の関係で進めていくと思います。
例えば、オムツ交換の時間にたまたまホールで利用者様に呼び止められて少し歩行したいと言われたら。5分は一緒に歩行すると思います。そこで何か言われたらまた考えます。

前日の口腔ケア、車椅子介助すべてに他のスタッフが声掛けなしに事を進めていっても私は声を掛けて行くつもりです。

周りがどうのこうのと言われたら言われたまでで、私と利用者様の関係を作り上げていこうという気持ちが今は強いです。

他のスタッフ、上司に何か言われたら自分の意見を主張するのではなく、自分の信念で譲れない部分は私はこうして行きますと言うつもりです。

まだ、4日目です。他のスタッフの方をまだよく知りません。でもみなさんよくやってます。何が納得できない理由なのか、追求すれば人材不足です。みなさん時間に追われての作業です。それぞれに責任を持ってやってます。

さてさて、どうなることやら・・・?

投稿: Bi | 2007年8月 5日 (日) 午後 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/15976498

この記事へのトラックバック一覧です: 赤十字救急法:

« 今から早寝、早起きします | トップページ | さすが4日間は疲れる »