« 個人の立場にたった介護って? | トップページ | バベル »

2007年4月23日 (月)

基本介護技術・レクレーション

先週で10日に及び計画されていた「基本介護技術」の実技の講習が終わりました。

18日にテストがあったのです。総復習です。緊張しました。大失敗しました。(笑)

ちゃんと、説明してくれる先生に感謝。

ふと考えたのですけどね。お世話になっているこの訓練校の講師の先生方って、すごく魅力的に感じるのは私だけなのかなぁ~。みんなが感じてることなのかしら?

最終日の20日はレクレーションについての講義・実技でした。

A先生は、とってもエネルギッシュで自分の体験談とともに様々なケースについてのお話をしてくださり、楽しく学ぶことができましたし、厳しさも教わりました。とくに最終日のレクレーションは、9日目(18日に行われた)の実例テストも終わってスッキリと取り組むことができました・・・・やはりみんなで楽しむってことは楽しいですね。

6月に1ヶ月間予定されている施設での実習にはいきなりオムツ交換してきてくださいとか、レクレーションしてくださいという体験された方もいるという話を聞き少しビビッています。

それはどこかにすっ飛ばしておいて、A先生から聞いた体験談とか忘れないようにちょっと書いちゃいますね。

********************

老人ホームにいたころのころです。

「ここでしかやらない他ではやっていないレクレーション」をやりましょう・・・ということで、個別の誕生日会を企画しましょうということになったそうです。

他のホームでは、月ごとに行うグループでの誕生会は行われるところはよくあることだそうです。そうではなく、個人のしてほしいこと、したいことを聞いてできるだけ望みをかなえてあげましょう・・・ということになりました。

利用者が一番したいことを担当の介護者が1日つきあうということになりました。ある方は、伊勢神宮に行きたい・・・ある方からは水族館、パチンコ、自宅の草取りがしたい、実家に行きたいと言った95歳のおばあちゃん、様々なことを実行したそうです。

上記に書かれた方の望みはすべて実行されたそうです。

実家に帰りたいといわれた95歳のおばあちゃんについては、認知症が入っていたので実際に到着したときは「ここはどこ?」という状態でしたが、実家にいらした弟さんがとても感激してくれたそうです。

デイサービスにくる認知症の方に、毎朝洗濯物をたたんでいただくそうです。

食後にも、食器を洗ってもらったり、テーブルを拭いてもらうことによって、認知症の方が使命感とか達成感を得ることができるのだそうです。

********************

なんかうまく表現できないのが残念ですが、とってもいいお話でした。

20日のレクレーションの時間、しかも先生から個人的に行う誕生会のお話を聞いても何も気がつかなかった・・・・。

授業中、息子からメールが入った。

いつもは電源offにしているか、サイレントモードにしているのに、この日に限って忘れてしまってました。みなさんにお詫び、電源切らなくてすみません。

メールの内容はというと、「今日、ばあちゃんの誕生日」ですって。

ギャー忘れてた!

誕生日には恒例ケーキは用意してあげないとね。ということで、帰宅してワルツにスポンジ買いに行き、ナカコさんに何が食べたい?と聞くと何でもいいというので、おばあちゃんの誕生日定番お刺身定食・・・・・実は大変手抜きができるのですよね。

娘にデコしてもらいケーキは完成!

という感じの1週間でした。

|

« 個人の立場にたった介護って? | トップページ | バベル »

コメント

お話を伺っていると、介護の基本はやっぱり思いやりを根底にした想像力って感じます。
完璧はのぞめなくても、工夫する事で心が通じるみたいな。
Biさんのお子様達は素敵です。ナカコさんの誕生日を皆さんでお祝い、手抜きの?お刺身定食、充分手作りなケーキはとびきり美味しかったでしょうね。
ナカコさんはお幸せですね。色々あっても、Biさん家は暖かですね。

投稿: ako | 2007年4月23日 (月) 午後 11時25分

まずは、
ナカコおばあちゃん、お誕生日おめでと~~~!
Bi家では誕生日には心強い味方(娘さん)がいていいですね~。一家に一人は料理づくりお菓子づくりの名人が欲しいものです!

旦那の育ての親(3年前に亡くなりました)は老人ホームに入っていたけど、やっぱ月に誕生会をまとめてやってましたが、その人の希望を叶えてあげるって、スゴイプレゼントだよ~!!私も入るんだったら、そんな施設がいいな~。
でも、実際そんなホームがいくつこの国に存在するでしょうか???それに、介護する側はすごく気を遣うでしょうね・・・。介護する側、される側(認知症でなければ)お互いが負担になることもあるでしょうね~。

やっぱり、なんでも実践しないといい話を聞いても、いくら机上の勉強しても自分が体験してみないと自分のモノにはならないからね・・・。

あと何ヶ月あるんじゃい???
頑張ってね~~~。
やっぱり、Biさんは介護をするために生まれてきた選ばれし人なのかな???(笑)

投稿: ポムモモ太郎 | 2007年4月24日 (火) 午前 08時44分

akoさんへ
人数が多い分だけ、気がつく人間もいるし忘れてる人間もいるのね。(笑)
お刺身は買ってきて並べるだけで済みますし、お吸い物は手軽だし・・・。これは楽です。
暖かく感じるのはきっと私の機嫌がいいからかもしれません。好きな事やらしてもらっているという気持ちがそういうブログにでているのだと思います。
ヘタでも、夫以外の家族にはかならず歌を歌ってあげます。夫は誕生日には大抵留守です。(笑)

投稿: Bi | 2007年4月24日 (火) 午後 08時00分

お疲れ様です。気持ちが暖かいと読む人にも通じるのですね、充実してるのがわかります。
きっと、求めては何も生まれないかもです。
与えるからこそいろいろもらえるものがあるかもです。
^_^;
いつもね、「この人の背景はどんなだろう」って思ってみます。(この人を取り巻く環境)
一つのことをするのでも自分の思いを押し付けないで、
でもね、難しいです。忙しいとなおさら^_^;
心に思ってすると違いますよね、(*^_^*)

投稿: nekosann | 2007年4月24日 (火) 午後 08時14分

ポムモモ太郎さんへ
ナカコばあちゃん79になります・・・多分。間違いないと思います。(笑)
料理とは無縁の学校に通い出したせいか、最近の我が家には、手づくりというとプリンとかクッキーとか手軽なものしか出てこなくなりました。アルバイトも始めたので、家にいないです。それでも誕生日ケーキは作ってくれたので助かりました。
先生の言われた個人的に祝う誕生日は少し前の時代だったのでしょうね。今はどこもお金がなくて、いっぱいっぱいの所が多いようです。忙しいと心をなくしてカリカリしてそんな風に思いやる気持ちももてなくなってしまいますものね・・・きっと。
ところで、父ちゃんってそうだったの?いや~、いつだったか読んだような気がしたような・・・。
施設での実習が始まりどういう風に考えるようになるかな~?実習で「とてもやっていけない!」と考えるようになるかもしれません。(笑)
ポムさん、私そんな人間じゃないぞ~!介護とは無縁になれなけれど、選ばれた人間じゃない!だってつい最近まで、ヘルパーなんてとんでもない!って思ってた人間だったんだから。(爆)人間って他の人間に対して冷たい態度をとると後味悪い思いするでしょ。そういう空しい思いになりたくないから・・・、ってのが本音だと自己分析。多分そうでしょう。(笑)

投稿: Bi | 2007年4月24日 (火) 午後 08時29分

nekosannへ
「与えるからこそいろいろもらえるものがあるかも」なかなか鋭い!求めてばかりいてもなかなか得られないですね・・・確かに。
自分に余裕をもたないと、なかなか人を思いやる気持ちってもてないですね。
スーパーにいた頃のこと思うと本当にそうだったような気がします。
今こういう思いになれているのは、子供もほっておいてもいい年齢になったからかもしれないです。いつかはnekosannのようになれるかな?

投稿: Bi | 2007年4月24日 (火) 午後 08時39分

職場の人のおばあちゃんの話ですが、手先が器用でくす玉の様な物を作るのが趣味だったそうです。
でもお嫁さんに、そんなにたくさん作ってもジャマだからって、材料を取り上げられてしまったら、たちまち認知症になってしまったそうです。
祖母の為には、のんびりさせてあげた方がいいかなって思ってたんですが、やりたい事は取り上げちゃいけないんだな~って思いました。
使命感がある方が、元気な気がします。(*^_^*)

ナカコおばあちゃんお誕生日おめでとうございます!
息子さんちゃんと忘れないでいてくれて、優しい孫ですね。
そして娘さんの気持ちがこもったケーキは美味しかったんだろうな♪


投稿: しろぱん | 2007年4月24日 (火) 午後 10時29分

おはよ~です。
Biさん、お疲れさまです。何か失敗もあったようですが、それはそれで良い経験(?!)になった事でしょう。
実際に介護なされている方々の日々の努力は大変なんだと思いました。私の母は2週間くらい病院に入院しましたが、最近、退院していつもの介護施設に戻りました。ナカコおばあちゃんは、Biさんがお家にいてくれるので、とっても幸せだね!誕生日のお祝いまでしてあげるんだからさっ!Biさんにはホント感心することばかりだね。。。

ナカコおばあちゃん。誕生日おめでとう!(祝)!

Biさんのいう事をちゃんと聞いて元気でいてね。。。(笑)

投稿: eimeis | 2007年4月25日 (水) 午前 06時47分

しろぱんさんへ
しろぱんさんのおうちも、みんなで家族のお誕生日会ちゃんとやってるの見て、温かい気持ちになります。
残存機能をできるだけ残して、自立させるのがよい介護だそうです。認知症になったとしても、できることをしてもらいその方の必要性を認めてあげることによって、進行を遅らせたりできるらしいです。
しろぱんさんのおばあちゃん、何かやりたいことあるのかな?デイに行くと何かおばあちゃんの潜在的才能が発揮されるかもしれないですね。それにしてもおばあちゃんすごいよ。

投稿: Bi | 2007年4月26日 (木) 午後 06時36分

eimeisさんへ
事例テストといって色々なケースを想定して、介護実技をするテストだったのです。
私の問題、Sさん(90歳)は、片麻痺の寝たきり状態で、自力で起き上がることは困難です。左の耳は難聴でほとんど聞こえません。お茶をこぼして下シーツと、防水布を汚してしまったので、臥床したままリネン交換をし、快適な環境に整えます。・・・という事例。
防水布を敷くのを忘れてしまって途中で気がついて修正でした。(笑)

投稿: Bi | 2007年4月26日 (木) 午後 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/14824309

この記事へのトラックバック一覧です: 基本介護技術・レクレーション:

« 個人の立場にたった介護って? | トップページ | バベル »