« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月に作成された記事

2007年4月29日 (日)

バベル

Img_1005 久しぶりに映画です。レイトショーでした。

アメリカ映画は聖書がわかってないと分かりにくい部分って確かにあると思うけれど・・・。

「バベル」という言葉が、今CMしているようにどういう意味があって付けられているってこと日本人にわかるのかなぁ~・・・などと思ってしまったのね。

娘はよく分からない映画だったと言っておりました。

私の個人的感想ね。

まず久々に見たブラピは年とった!皴が増えたよね。・・・自分のこと棚にあげてますが。カッコいいけどね。

モロッコでの最後の銃撃戦のシーンはとても涙なしでみてられません。兄を思う弟、親を思う子供。子供を思う親。

それと、リチャードとスーザン夫婦を救ってくれたモロッコの現地通訳の男性。すごくいい!このシーン、まったく無声で10分くらいたったような気がしたのだけれど、涙が結構流れちゃたんですね・・・・。

PG-12R指定なんだけどね。

あのシーンは必要なかったんじゃないの?体当たりの凛子嬢には申し訳ない!

う~ん、ちょっと私には理解しがたかったことは、チエコ(凛子嬢)のような、高校生っていないだろうと思うのね。はやりトラウマ抱えた特殊なケースのモデルだと・・・。世界に発信している映画だと考えると、日本の高校生ってこんなじゃないだろう・・・っとわたしは思うのね。

最後まで、あのシーンがちらつくのは私だけ?

訓練校では、「共感的理解と基本態度の形成」を学びました。

ものすごくタイムリーな「映画」だったと思うのよ。

共感・・・・広辞苑では「他人の体験する感情や心情状態あるいは人の主張などをあたかも自分のように感じたり理解すること。」

ヘルパーとしての共感とは、自分の価値観をまず空っぽにしてから、相手の価値観を受容する。共感することにより、その状況や心情があたかも自分のことのように感じ寄り添うことが出来るそれにより、ともに生きる人間としてお互いに支え合うことが出来る。

コミュニケーション・・・人が人らしく生きる為に他者との係わり合いをもち、関係を形成していくもの。

人を対象とする介護は、コミュニケーションなくして行うことは出来ません。

コミュニケーションは言葉だけではありません。・・・「バベル」の内容そのもの。

言語的コミュニケーションは10%、非言語的コミュニケーション90%によって人の印象は決定されるそうです。

大洪水の後、ノアは多くの子供をもうけ地上には数多くの人間が存在するようになりました。ニムロデというノアのひ孫が王になり他の人間を支配し、都市を作りました。そして人間の支配を目的として巨大な塔の建設を始めたのです。それは、人間を支配するのは唯一神のみであるという神の怒りにふれたのです。神はそこに集められた者達に突然いくつかの異なる言語を話させるようにされたのです。その都市はバベルもしくはバビロンと呼ばれ「混乱」を意味します。そして、人々は話が通じなくなり、同じ言葉を話す者たちがちれじれに散らばり移り住むようになり全世界に散らばった。・・・・という創世記8章からのお話です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

基本介護技術・レクレーション

先週で10日に及び計画されていた「基本介護技術」の実技の講習が終わりました。

18日にテストがあったのです。総復習です。緊張しました。大失敗しました。(笑)

ちゃんと、説明してくれる先生に感謝。

ふと考えたのですけどね。お世話になっているこの訓練校の講師の先生方って、すごく魅力的に感じるのは私だけなのかなぁ~。みんなが感じてることなのかしら?

最終日の20日はレクレーションについての講義・実技でした。

A先生は、とってもエネルギッシュで自分の体験談とともに様々なケースについてのお話をしてくださり、楽しく学ぶことができましたし、厳しさも教わりました。とくに最終日のレクレーションは、9日目(18日に行われた)の実例テストも終わってスッキリと取り組むことができました・・・・やはりみんなで楽しむってことは楽しいですね。

6月に1ヶ月間予定されている施設での実習にはいきなりオムツ交換してきてくださいとか、レクレーションしてくださいという体験された方もいるという話を聞き少しビビッています。

それはどこかにすっ飛ばしておいて、A先生から聞いた体験談とか忘れないようにちょっと書いちゃいますね。

********************

老人ホームにいたころのころです。

「ここでしかやらない他ではやっていないレクレーション」をやりましょう・・・ということで、個別の誕生日会を企画しましょうということになったそうです。

他のホームでは、月ごとに行うグループでの誕生会は行われるところはよくあることだそうです。そうではなく、個人のしてほしいこと、したいことを聞いてできるだけ望みをかなえてあげましょう・・・ということになりました。

利用者が一番したいことを担当の介護者が1日つきあうということになりました。ある方は、伊勢神宮に行きたい・・・ある方からは水族館、パチンコ、自宅の草取りがしたい、実家に行きたいと言った95歳のおばあちゃん、様々なことを実行したそうです。

上記に書かれた方の望みはすべて実行されたそうです。

実家に帰りたいといわれた95歳のおばあちゃんについては、認知症が入っていたので実際に到着したときは「ここはどこ?」という状態でしたが、実家にいらした弟さんがとても感激してくれたそうです。

デイサービスにくる認知症の方に、毎朝洗濯物をたたんでいただくそうです。

食後にも、食器を洗ってもらったり、テーブルを拭いてもらうことによって、認知症の方が使命感とか達成感を得ることができるのだそうです。

********************

なんかうまく表現できないのが残念ですが、とってもいいお話でした。

20日のレクレーションの時間、しかも先生から個人的に行う誕生会のお話を聞いても何も気がつかなかった・・・・。

授業中、息子からメールが入った。

いつもは電源offにしているか、サイレントモードにしているのに、この日に限って忘れてしまってました。みなさんにお詫び、電源切らなくてすみません。

メールの内容はというと、「今日、ばあちゃんの誕生日」ですって。

ギャー忘れてた!

誕生日には恒例ケーキは用意してあげないとね。ということで、帰宅してワルツにスポンジ買いに行き、ナカコさんに何が食べたい?と聞くと何でもいいというので、おばあちゃんの誕生日定番お刺身定食・・・・・実は大変手抜きができるのですよね。

娘にデコしてもらいケーキは完成!

という感じの1週間でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

個人の立場にたった介護って?

先週、ケアマネジメントの講義時に先生の体験談を聞きました。

ちょっといい話だったので、記しておきます。

介護老人保健施設(老健)で働いていた頃、オムツはずし運動が推進された。

オムツをはずすことの利点は様々ある。

 トイレに行って便座に座るという行為により、肺がきたえられ肺炎防止、腸が活発化することにより消化機能が高くなる、骨が鍛えられる、脳も活性化して認知症予防になる。患者のことを考えれば確かにプラスである。しかし介助者には大変な労働力が必要になる。スタッフは時間になれば、入所者をすべて決められた時間に尿意、便意がなくてもトイレにつれて行き便座に座らせなければならないからである。それでも、施設一丸となって取り組んだ。そのかいがあってか、ある入所者は寝たきりで尿意、便意をまったく感じなかったのに、ある日トイレにつれていってくれと尿意を回復させるまでになった。スタッフは大変喜んだ。

 ある日、入所者の家族から自分の妻にだけはそういったことをしないでほしいという要請があった。実際、個人的に何ていう家族なんだと感じた。なぜそんなことを家族でありながらこの人は言うのだろうか・・・疑問を感じた。

 やがて、看護師からケアマネになった先生は、自分で事業所を立ち上げ、いろいろな在宅介護を必要とする人たちに出会うようなった。ヘルパーを必要としている人たちの一人一人のケースを考えたとき、介護老人保健施設(老健)にいた頃のオムツはずし運動のことを思い出した。

 老健に入所している方は、いずれ老人ホームに入るか、在宅で介護されるかどちらかの選択に迫られる。有料老人ホームに入所するにはかなりの費用が要求される。割と安価な特別養護老人ホームには、多数の待機者がありすぐには入れない。必然的に在宅介護となられる方は数多くおられる。全員が在宅での介護力が備わっているとは限らない。在宅介護では、尿意を回復したおばあさんにトイレに行かせてあげられる介護力の備わっていない家庭もある・・・要介護者が介護する場合(老老介護)であったり、経済的事情により昼間はどうしても一人になりオムツをはめていなければならない場合もある。

回復してトイレで排尿・排便できるようになった方はまたオムツをあてがわれることになる。果たしてそれは、本人にとって幸せなことなのだろうか・・・という疑問がわいてくる。

そう思ったとき、こういった施設の中では、家族との話し合いの中から、将来の介護の仕方を考えたうえで、入所者一人一人に違う仕方で接していかなければいけないという思いになった。

そして、オムツはずし運動が病院のエゴだったことに気がついた。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

旬です

Img_0997 昨年同様、今年も筍いただきました。

早速、米ぬかとともに圧力鍋でゆでました。

わさび醤油でペロっといってしまいました。

おいしかったですよ。

ちなみに今日は地元のお祭り。子供達は成長し、昨年よりももっと縁遠くなってしまった・・・。

それでも毎年恒例、おっとがお寿司を作ってくれましたよ。

Img_1002 Img_1000

先日の訓練校で教えていただいた、新聞紙でつくったゴミ箱。にゃおにゃおが中に入ろうと思って頭つっこんだんだけど、柔だったのでそのままひっくりかえってました。笑っちゃいます。

今日は、今から紙おむつの体験実習です。感想を書いてレポート提出です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

あんぐる・「折り梅」

今日はランチに、あんぐるというお店に行ってきました。自然食品のお店で、なるほど食事した後は、全然胃にもたれない。一緒に行ったIさんは少し物足りない感じでした。

  椎茸とワケギのバターソテー 肉厚の椎茸でしたよ。素材の味がしっかり生きていました。

  自家製の味噌で作ったあさりのお味噌汁。これもいいお味。キスのマリネ。出来立てでほかほかでした。頭、初めてたべました。ガリガリしていました。

  胚芽米のごはん。名前忘れちゃったよ。あとデザートはカステラとコーヒーでした。いろいろ講釈ついてたけど、ききとれなかったなぁ~。とにかく、やっぱり一味違う感じがしたね。

カメラわすれちゃったので、ボーダフォンからです。やっぱりなんか色が変!

今日の訓練校は、「折り梅」という映画を見ました。

見たことありますか? 原田美枝子 吉行和子 トミーズ雅 出演の認知症をテーマにしたお話。

梅の枝は折っても花を綺麗に咲き続けさせることができます。

年老いてアルツハイマーになった義母と家族を描いたものでした。

機会がありましたら、見てください。介護を職業の立場から見るのと、主人公の立場になった見方いろいろな立場で見れます。今日わたしは、第三者の立場から見れたのかな・・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

土日は忙しい!

Img_0963  土・日に掃除をしようと思っても、他事が入り込んでしまってなかなかできないですね。先週も娘の学校の説明会とか、今週は入学のお祝い返し配りに親戚めぐり。その合間にあれこれやっているとアッという間に時間が過ぎてしまいます。

てなことで、今週一週間なにやったのか思い出してみると、失業貧乏の割にはけっこう楽しい一週間だったじゃないですか。

先週の月曜日、ボビーがなくなって一ヶ月がたちました。埋葬した畑がどうなっているのか気がかりでなりませんでした。今気がついたのですが、ボビーってなんか貧乏の響きとにているね・・・・ごめんねボビー。

前日、KKちゃんにお借りしたオールデイズのDVDを見て、泣けちゃって泣けちゃって・・・。おまけにボビーのことを思い出したりして。私のように昭和の半ば生まれの人間にとってはなつかしい郷愁のような思いが湧くのはわかりますが、28歳のKKちゃんも感動したといっていました。昭和の時代の隣近所のつきあい、おせっかいが迷惑でない時代の人情に感動するのかな。♪ボロは着てても、心は錦~~♪

Img2_0995 Img_0962_1

水曜日は、東京で雪の降った日でした。

安城でも降りました。昼食休憩でいつもは近くの公園で花見しながらのお弁当タイムでしたが雨がポツポツ降り出したので引き上げたところに、雨がザーと振り出したと思ったら雪がちらちら混じっていたのね。寒いはず・・・しかしなぜか、さほど寒さを感じなかった私は、やっぱり肉襦袢が3キロついたせいかな・・・・。ダイエットを決意!

金曜日。訓練校の方々とのお花見。十分盛り上がりました。レクレーションは楽しいですね。なんせ27歳~60歳までみなさんが楽しめるゲームを考案してくれたTMちゃんに敬服です。グループでのゲーム、クイズはちょっといいですね。バツゲームは連帯責任ってのがポイント。一人が恥ずかしい思いをするのでなく・・・とってもいい心遣い!こういったレクレーションはデイサービスに役立つかもしれないですね。

Img_0982 ランオンウサギを飼われているTさんが見せてくれました。たてがみのあるウサギです。ふかふかでしたよ。

昨日の土曜日、ゆっくりすごそうかと午前中は買い物。午後から掃除しようと思ったら、ナカコばあちゃん「行きたいところがあるから連れていって・・・。」断る理由もないので、ナカコさん、ヤスオさん連れて遠出。遠出といっても田原市。どこかというとサンテパルク。毎週土曜日、義姉と出掛けているらしい。何をするわけでもなく、ふらふらとお買い物とランチを食べて帰宅。

今日は、ボビーの埋葬場所へ。ナカコおばあちゃんが見に行きたいというのでつれていってあげたのね。ひまわりの芽が5つほど出てましたよ。まだ双葉でしたけど。育ってくれたらいいですよね、花が咲くまで・・・。草刈り機で義兄さんがきれいにしてくれていました。ありがとうございました。

とまあ、こんな一週間でした。

日常が日常であることが幸せ・・・・と感じる。

まだまだ、日常にもどっていない輪島の方々に一日でもはやく不安のない生活が来ますように・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

基本介護技術・介護報酬請求事務

今週に入って、基本介護技術3日目になりました。

先生は、とっても元気の良い明るい方です。教室内で私が一番年上です、と言ってらっしゃったので大体○○歳ぐらいですね。想像できますがすごく若く見えます。

パワーをいただきます。

でも今週はかぜをひいてらっしゃいました。つらそうで、力の要る実技の時は息切れして咳き込んでました・・・大丈夫かしら。

脱健着患・・・・衣服着脱の基礎、患側(麻痺のある側)から着て、健側(健康な側)から脱ぐ。

患者・・・串で刺したように心が痛むのが患者。

看護・・・看護の「看」は手と目からできてます。手と目でよく保護してあげてください。

と教えてくださいました。・・・なるほどです。

ベットメーキングのシーツの敷き方、三角、四角を学びました。これもなるほどです。

実習の立場からは、「介護は、観察から始まり 観察に終わる。」とおっしゃってました。情報収集・・・観察大切ですよね。

体位交換、ベッドメイキング、環境整備、着替え補助、安楽姿勢などの知識を得ることができました。時間がたつのが早い!実習はなぜか、楽しいですね。

訓練校で、介護報酬請求事務の講義に入りました。

講師の先生は男性でした。一見強面です。自称、日本一看護師に見えない看護師だったそうです。今は日本一ケアマネに見えないケアマネだそうです。・・・なるほど・・・。

一番驚いたのは、まだ介護保険料は支払っていません・・・と言われたこと。へぇ~、ウソッ・・・ととととこれは失礼ですね。

そんな強面で、歳相応に見えない組長さん?の先生は、講義をしているうちに、だんだんだんだん・・・・・・天使のように見えてきました。

鹿児島出身だそうです。鹿児島弁を少々教えていただきました。

げんね・・・・・はずかしい

へ・・・・・・・・・灰、おなら、へび

こけけこけ・・こっちに来なさい

ですって。

今日は木曜日、おばあちゃんの透析はありません。お昼のメニューは、ホッケの酒干しを焼いて、野菜のミートボール煮を作って出かけました。

午後1時からヘルパーさんが生活援助に、午後3時からは訪問看護で看護師さんが一時間来てくださるケアプランになってます。

ところが、帰宅するとお昼の食事は一食分残ってます。

おばあちゃんに確認すると、今日は「お花見に言ってきた。」ですって。

ヘルパーさんは結局、おばあちゃん留守なものだから、何もできずに帰宅したとのこと。

おばあちゃん曰く、「ヘルパーさん来るのわかっていたけど、お花見に行きたかった。」

わたし、「そういうときは、分かているなら先にヘルパーさんに連絡してから行くように。」と念押し。

「わかった、わかった。これからそうする。」・・・・・わかっているのかなぁ~。

きっとおばあちゃんの頭の中には、予定変更=連絡の思考回路が切断されているか、切れかかっているのでしょうね。・・・・・老化です。

今まででしたら、心でもやもやが続いていただろうけれど、学んでいる今は、老化現象のひとつととらえられ、仕方のない行動だと納得できるのね。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

K・Kちゃん、りんご飴ですよ

Img_0948りんご飴って全国的に知られていると思ったけれども知らない方もいるようです。

姫りんご、普通のりんごに飴をコーティングしてあります。

東京、埼玉あたりにはあんず飴というものが存在するらしい。最後に伸びる飴になるものがあるらしいのですが想像するのが難しいと思い、リンクさせておきますね。あんず飴

K・Kちゃん、あんず飴はこの辺ではやっぱり私、見たことないです。

娘に聞きましたら、あんず飴知っていました。ということはこの辺りでも売っているのですね。知らなかった~。

ということで、今日は屋台がズラリと並んだ向山緑地公園にお花見に行ってきました。

近くの老人福祉施設の方たちも楽しそうでした。

Img2_0941 Img2_0940

長い行列発見!何を待ってるのかな?そういえば今日、FM豊橋の喉自慢大会があると聞きたな~。その受付かな・・・・。 Img_0943_1Img_0944 みどりの会の無料苗木配布でした。

Img_0939Img_0951 左の写真は向山公園入り口。

右側は梅祭りの時登った石段、丁度登りきったところが警備員さん立ってる2メートル先のあたりです。今日も登りましたよ、自転車かかえて。

ちょっとした地元ニュース発見。この写真でおわかりかな?結構私にとって衝撃!Img_0936 Img_0961

右は、今日の我が家のハナカイドウでした。今年も綺麗にさいてくれましたよ。 みてみて、欄も咲きましたよ。にゃおにゃおはおまけ。 Img_0920 Img_0922 Img_0934

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »