« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月に作成された記事

2007年3月31日 (土)

アッというまの4週間

ヘルパー2級の訓練校、もう4週間が終わりました。

8人の講師のお話を聞きました、それぞれに特徴のある先生方で、説得力のあるお話ばかりでした。

教科書にないお話書きますね。

心臓と脳細胞は一般に再生されないと言われます。したがってアルツマイハーになった場合の治療方法は不可能なのですが、地球上で脳細胞を増殖することを可能にさせ、なお今も研究が進んでいる国があるといいます。どこの国かわかりますか?

BSE(狂牛病)の心配が少なく、比較的安心できる肉はどこの国の産地の肉でしょうか?

色彩心理学です。いちばん人間にとって副作用のない色は何色だと思いますか?

もし、自分が介護をしてもらう立場だったらどんな介護を受けたいですか?

介護は○○○○から始まる。○○○○は漢字でも平仮名でも組み合わせでもOKです。

コミュニケーション(介護では非常に重要)をとる中でお互いに盛り上がる時はどういう時ですか?あまりお話しないお年寄りとの会話で相手を知る上で非常に役立ちます。

同居している家族へのサービスとして、ヘルパーさんができるサービスは何がありますか?

介護保険料は国で定められています。だから日本中にどこに移り住んでも同じサービスが受けられ、介護料金率は一定です。これって正しい?

介護保険は何歳から払いますか?

介護サービスは何歳から受けられますか?

さてさて、最後の3問は教科書的な質問でした。

分かりましたか?

それでは、脳細胞のお話です。宗教的な見地からも研究の妨げになっている国が多くあるそうです。そんななかで堕胎した胎児の脳を移植して細胞増殖の研究に成功し、アルツハイマーの治療に成功している国があるそうです。チェ・ゲバラで有名な、カストロ政権の社会主義国・・・キュウーバだそうです。

日本産でも狂牛病発病しています。オーストラリア産の牛肉が比較的安全だそうです。穀物を食料にして気を使っての飼育をしているそうです。・・・これは食べる部位によってですけどね。

病院でナース服を想像すれば分かりやすいですね。淡い色がいいそうです。ちなみにピンクだそうです。ですから実習で用意するエプロンはピンクが一番無難かな。ベージュは安心感、ブルーは時間が短く感じさせ集中力を高めるので工場などの作業服に最適だそうです。グリーンの財布はお金が貯まるらしいです。呼び込む色だそうですよ。ちなみに赤は愛情、攻撃だそうです。牛が赤を見て興奮するのは赤だからではなく、ゆれる物に興奮するということです。なぜなら牛は白・黒・グレーしか識別できないそうです。

自分の受けたい介護、これを思い描いて介護すれば間違いないそうです。逆に自分がして欲しくない介護は他人にしないということです。学んだ後との違いを自分で確認してください・・・と先生がおっしゃいました。どう変化するかな?

介護は○○○○から始まる。これって多分みなさん、やさしさ、信頼、まごころ、思いやり、あんしん等思い浮かぶでしょ。これは間違いでありませんって。でもね、講師の先生としてはプロ(訓練校としては)としてこう答えてほしいそうです。それは、介護は情報収集から始まる・・・たとえば、あるおばあちゃんに昼食にお年寄りは肉より魚だからさばを煮てさしあげたけれど、おばあちゃんは手をつけません。なぜでしょうか?一般論さばが嫌いだったのでしょう。そうではなく、魚がきらいなのかも、歯が悪いかも、鯖のアレルギーがあるのかもと様々な理由が浮かびます。対象者の社会生活の個別の立場にたった情報収集が必要となります。・・・ということでした。

コミュニケーションのポイント簡単に説明しますね。共通点、興味あるけどできない、自分はできるけど、相手が興味をもっていることこれを探し出し聞き上手になりましょう・・・というお話。ちなみに、年寄りの年齢は信用してはいけません・・・自分でも分かっていない場合が多いそうです。干支か生まれた年を聞いた方が確実だそうです。・・・あくまでも情報収集の立場から。この情報収集にはかならず守秘義務がともなうことも忘れてはいけません。

同居家族にはいくらヘルパーという資格をもっていても、在宅介護としての仕事は無償ではできても介護保険のサービスとしてはできないそうです。介護保険の性質を考えれば当然だそうであります。しかし、別居はOK。

介護保険は地方自治体(市町村)により違います。したがって愛知県内でも市によって介護サービス内容、保険料は大いに違ってくるそうです。若い労働人口(子供)の多い市では財源があるので、介護保険料はさほど高くないそうです。とってもベストな方法として、結婚して子供が出来たら碧南市(乳幼児医療が小6までタダ)、子供が中学生になり40歳になったら豊田市(介護保険料が県内で一番安価)、介護を受ける立場になる80歳くらいになれば高浜市(介護保険料は高額であるけれど、福祉の町として介護充実を目指している市)ってのはどうですか?・・・・と先生案。一生を考えるとかなりの金額の違いが出てきます。(笑)

介護保険は40歳から支払い、65歳以上の方が介護認定されればサービスを受けられます。しかし40歳以上65歳未満のかたでも、特別疾病(指定されてます)に含まれ介護認定されれば受けられます。

疲れた?

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

上野仁美氏の本・精神科ソーシャルワーカーの棚卸し

Img_0914_1

先日の講師の先生の本を読みました。

年代も近いということで、共感できる部分も多くあります。

私のまわりには最近「ソーシャルワーカー」というカタカナが飛び交ってます。

ナカコおばあちゃんが病院で転倒した時、いろいろとお世話になったソーシャルワーカーさん。

いつもお世話になっている透析現場での看護婦さんの娘さん、今春からソーシャルワーカーになったという話。この娘さん、学生時代単位を3年までにほとんど取ってしまっていたので、在学中は事業所でヘルパーのアルバイトをしていました。おばあちゃんの担当もずっとしていてくれたお気に入りのお嬢様です。

そして、職業訓練校でお世話になっている先日お話した強烈な印象の制度の講義をしてくださったRF先生もソーシャルワーカーです。

大変なお仕事なんですね。

医療、看護、介護、福祉、制度・・・いろいろな専門知識が必要ですね。

わたしが若いころにこういう分野への興味があったなら、やってみたかった仕事なのかも・・・いやいや、いまだから言えることなのかも・・・その時代、若かったのにやれたのは使命感をもった上野氏、RF先生だからこそなのかも・・・。

今日、授業の中で「日本沈没」の映画が話題に上がったのね。

「日本沈没」というと20年以上も前に観た、

草刈正雄の扮する主人公が杖をつき、ボロボロになった外衣をまとい海岸を歩く姿とオリビアハッセーが頭の中に浮かんでしまって・・・・。

今はクサナギツヨシくんを想像しなきゃね・・・。

今日はあまりにも穏やかな暖かい日でしたので、安城南公園でのお弁当タイムでした。

桜がつぼみをつけてます。明日から桜、撮りましょう・・・と思ったのね。

昨日の春分の日、

久しぶりに「いちょう」にモーニングに行ってきました。

Img_0909 Img_0911

昨日の我が家のハナカイドウです。もうすぐですね。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ヘルパー2級講座・2週終了

9日間の講座が終了しました。

今までのナカコさん、ヤスオさんの言動、行動がすべて理由付けされ納得させられてしまいました。

知らないってことは罪ですよね。私は完全におばあちゃんの言動を、意地悪ばあさんのようにとっていたところって正直あるのね。

こう思えるってことはやはり気持ちに余裕のあるせいなのか、学んでいるせいなのか?

こうやって毎日、お昼の心配しないで、一つのことに熱中できる幸せって確かに感じます。

講義の内容は

月: 「高齢者・障害者(児)の心理」 「高齢者・障害者(児)等の家族の理解」

火: 「障害・疾病の理解(心理学的理解)」

水: 「障害・疾病の理解(医学的理解)」

木: 「住宅介護の基礎知識Ⅰ」

金: 「医学の基礎知識Ⅰ」「リハビリテーション医療の基礎知識」

とざっと大雑把にこんなことを学びました。

障害・疾病の理解のなかで学ぶ、加齢による老化については、現実目の前の出来事なので本当によく理解できます。

印象に残ったこと、記録しておきますね。

金曜日の先生がおっしゃるには、79歳の方がヘルパーの資格をとったとか。先生ご本人もちょっと年齢読めないけれども、私よりもきっと一回りくらい上のような気がします。

年齢に関係なく、凛としてシャキとした先生でした。潔いしゃべり方もいい感じでした。

8日目にして、やっと自己紹介がありました。学ぶきっかけはみなさんそれぞれにお持ちですね。

私と同じように、要介護者を抱える方もおり、またおいおい共感できるお話ができればと思っています。

2週目は、病気の内容についての講義が多くありました。内臓疾患、骨折、脳梗塞、心筋梗塞、脳出血、糖尿病等、ナカコさん、ヤスオさんに関わる病気等は、とっても理解できました。

明日は「事例検討」です。具体的な介護のお話です。

「ココフラッシュ介護」から、いろいろな方の経験は私にエネルギーをくれます。明日の講義もきっとそんな気がします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

すっごく勉強になりますよ

訓練校は、さすがにためになります。

記事にしたいことたくさんありますが、時間がとれないのが残念。

週末に、ちょこっといい話まとめて書きますね。

教科書にない、先生独自のお話が印象に残るのね。そういったことなんかをね・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

恥ずかしいお話

今朝、洗濯物を干していたら、急に赤面してしまった。

昨日、履いていた靴下のかかとに大きな穴があいていた。

しかも両方に・・・・。

もしかしたら、昨日空いたのか?

それとも履く前から空いていたのか?

昨日、とった行動を一部始終回想してみる。

普通にしていたときは大丈夫、うん大丈夫。

もしかしたら、膝をついた姿勢とった?

いや~、赤っ恥。

も~、いいさ、後の祭りさ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

ヘルパー2級講座・4日終了

講座、4日終了して、1週が終わりました。

予想に反して疲れる。朝5:30起床は、夜10時ごろにはもう眠くなります。

家族は協力的で、嬉しい限り。気になるのはナカコさんと接する時間が少なくなったこと。少し元気ないような・・・。そんなことはないか?

それでも、電車乗ってのお出掛けは楽しいですよ。

それに、まだ始まりだから興味持って事が進むから。

2日目からのこと、書きますね。

2日目(3月7日(水))

20名ですが、1名辞退、1名風邪で欠席、18名です。

席は自由です。

教室に入ると、前日と変化が・・・。お隣は、若い女性。推定年齢25歳かな?

名古屋・高浜・岡崎・春日井・豊橋・知立等多方面から通っていることがわかりましたが、お隣さんは、田原市(赤羽根)からだと・・・。一番遠くからです。

いろいろお話ししました。遠くから本当にお疲れ様。

講師の先生は、元看護士さんで、今ケアマネージャーをされてるS先生です。

明るくて、私と同じ年です。なんかうれしいですね。そういえば1日目の先生も確か同じ47歳。本当は私46なのですが、もうじき47になるけどね。

内容はといいますと、1日目とうって変わって大雑把でごめんなさい。

2日目は「福祉理念とケアサービスの意義」「サービス提供の基本視点」。

その中で、一番心残ったこと・・・・。嫁姑でも応用できること。人間関係の基礎ですかね。

私達の道徳的な判断でその人を裁く(一方的に評価)するのではなく、その人を「かけがえのない個人」としてあるがままに受け止めたいと考えます

自分に最も欠けていることかも・・・と思ってしまったのね。いままでの、ナカコさんとの関係の記事読むと、これ欠けてますね。(笑)

となりの彼女と一緒の電車で帰宅です。若いのに、おば様につきあってくれてありがとね。

3日目(3月8日(木))

強烈な日でした。(笑)

何がって、とっても印象深い講師の先生でした。具体的には・・・・。きっと優秀な方だろうと思います。小柄でとってもかわいらしい感じ・・・・見た目は・・・。

「老人福祉の制度とサービス」「障害者(児)福祉の制度とサービス」法律関係の内容です。

難しかった。制度って常に変化しているからテキストが現状についてこれてないのですね。資料たくさんいただきました。

制度、法、政治への怒り・・・・があるのかな、先生には。分からなくもないけれどね。

多分いままでに聞いたことはあったかもしれないけれど、忘れ去ってしまったことを思い出したような気分。

「師」・「士」・「司」・・・の使い分け

「師」・・・15人~20人以上の人の指導のできる人、例えば教師、医師とか

「士」・・・法律に携わる人、弁護士、司法書士とか

「司」・・・公で役割をさずかっている人、上司とか

看護しさんが士なのか師なのか、ときどき迷います。本人がどちらに重きをおいているかで区別するのだそうですが・・・。

この先生、司法書士事務所で働いていて、それなりに法律を勉強していてかなり詳しいようです。負け戦は絶対にしないそうであります。(反論するからには、法律的根拠説明が立証できる)

とうに忘れていた、むかし「司法書士」事務所に、事務員募集で面接に行ったときのことを思い出してしまいました。

一概に全員がそうとはかぎりませんが、「司法書士」の肩書きをお持ちの方は、仕事柄なのか、高ピーです。わたしは、言われなくてもいいこと散々言われて履歴書といっしょに突っ返された記憶があります。・・・いやぁ~、これはすごい経験でした。(笑)

ヘルパーの内容よりも、他のことがとっても印象に残った講義でした。

もちろんヘルパーの勉強は第一ですよ。

4日目(3月9日(金))

2日目と同じ先生です。

「訪問サービス概論」「訪問介護員の職業倫理」

教科書にそっての授業で、とても分かりやすかったです。

復習しないとそのまま内容が、どっか飛んでいかないようにくいとめておかなければ・・・。

★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★

とまあ、こんなぐあいに日々が過ぎたのであります。

さすがに、金曜日は疲れて10時には寝てしまいました。

丁度一週間後です。ボビーの夢をみました。健康優良犬になっていつもの青い座布団を探していましたよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

ヘルパー2級講義・1日目

今日からはじまった「介護サービス科」の講義は、ちょっと興味深かった。というのは普通の方がヘルパー2級を取りたくて講義を受けるという感覚とはちょっと違っていた。

雇用保険のからみもあって、私も含めてもうすぐ介護を必要とするであろう年齢の方が半分くらいいるということが、少々「なんだなぁ~」という感覚になってしまいました。

もちろんピチピチの女の子も、若いお兄さんもチラホラ。

席は自由でした。おかしなもので同年代っぽい老々介護予備軍の私達は、なんとなくかたまってしまったような気がしました。私達ということで、すでに仲間意識のお隣さんと前席2名様とざっくばらんのお話ができるようになってきました。(嬉)

お隣さんは、豊橋の方でした。昨日の事前説明会にも参加していたはずですが、お互いに自分のことが精一杯だったのでしょう・・・覚えていません。

そんなことよりも、内容はどうでした?・・・とそちらの方が気になるよね。

午前中は、オリエンテーション。午後から「介護概論」。

「介護福祉士」と「ヘルパー」、「看護」と「介護」の違いなど。

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~

§1.介護とは

   A 介護の定義   B 看護とのかかわり

§2.介護の基本原則

   A 利用者の日常生活を理解する

   B 利用者との信頼関係を成立させる

   C 利用者の自己決定を尊重する

   D 利用者の安全を守り、害を及ぼさない

   E 利用者の生活の自立拡大に努める

   F 福祉・医療に関する専門職種と連携する

§3.介護におけるリハビリテーション

   A 寝たきり防止

   B 自立のための介護

   C 転倒を防止する

   D 障害の受容過程に対応した介護

§4.ターミナルケア

   A ターミナルの考え方

   B ターミナルケアの実際

   C 苦痛への対応

§5.在宅介護の特徴とすすめ方

   A 在宅介護の特徴

   B 在宅介護技法の基本

§6.介護者の健康管理

   A 介護者に起こりやすい健康障害

   B ストレスマネジメント

   C 腰痛の予防

   D 日常の健康管理

   E 感染予防

| | コメント (12) | トラックバック (0)

思い出②

Img_0878_1 1999年、娘の夏休みの自由研究です。

娘はこのとき訓練士になるのが夢でした。

訓練所に見学に行き、保健所に取材にいったっけ。

全部ボビーの影響でした。

Img_0881 Img_0886 Img_0892 Img_0893

Img_0901Img_0895_1にゃおにゃおはボビーの定番位置で寝るようになりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

思い出①

Img_0637_1nyao2がジッと座って、時々においをかいてはまた座って、その場をしばらく、はなれないでいました。

わかっているのかなぁ~。

苦しんでいるときにもボビーの近くに来て、部屋を出ようとしません。

昨日も一日、玄関先を気にしています。

ボビーとの散歩から戻るといつも玄関に座って待ってました。ボビーが玄関を上がると、しきりにボビーの顔に近付いてにおいをかぐのが日課でした。お帰りってチューをしているみたいでした。

卒業式から戻った娘は、「友達の家でみんなでパーティやるから今日は○○ちゃんちに泊まるから。」と、ボビーの最後には立ち会えませんでした。

昼過ぎに帰宅し、じっとボビーの前に座って、泣いていたそうです・・・と、おじいちゃんが言っていました。法事で私達は出掛けて留守でした。

ナカコおばあちゃんは、透析に出発する前にボビーを一目みたいといってお別れしてから出掛けていきました。

みんなに、愛されていたボビーです。

いつもは「ビー」と呼ばれています。以前にも書きましたがハンドルネームの「Bi」は、このボビーの愛称からとったものです。

(昨日、ボビーの思い出記事にしようと試みましたが、ココログさん大変重かったのであきらめました。今、お知らせにありますね。今日は大丈夫のようですね。)

Img_0771 Img_0773_1

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

悲しいお知らせ

今日は実家の祖母の法事でした。

二ヶ月ほど前からの予定で知らされていました。

予定は息子と二人での出席のはずだったのです。

****************

ここ10日ほど前からボビーは生理になっていました。

いつもより出血量が多いので、少々の心配はしておりました。

通常10日ほど続きますので様子見をしていましたが、3日前あたりに出血が治まったように見えたのです。

まだまだ、元気もあるし、食欲もありましたのでこの日までは気にしておりませんでした。

しかし、翌日また多量の出血がありましたので、いよいよ病院にかかろうという矢先のことでした。

昨日、午前中は卒業式に参加。木曜日は、動物病院は定休日でした。卒業式から帰宅したときには、2階の定番位置で寝ていました。いつもと変わりなく熟睡です。

昨晩、午前3時頃トイレに起きた息子は異変に気がつきました。

大慌てで私を起こしにきました。

「ボビーが大変。ちょっとおかしい!」というのです。

いつも一緒の部屋の私の足元にねているはずのボビーは居ません。

飛び起きてドアを開けてびっくり、大便とともに大変な下り物、嘔吐物が散乱。

急いで階下のボビーのところに飛んで行くと、ヘタレ腰になっているボビーが目に入りました。ジットして動きません。階段は登ろうとしても登っていけないようです。

とりあえずの応急処置として紙おむつをはめ、保温マットと毛布で寝床を作り、毛布を用意して1階の部屋に寝かせてやりました。息子に掃除する間、背中を擦ってやってあげるように指示しました。

その辺の散乱物を片付け終え、私の布団をボビーの横に並べ、息子と代わりました。

腕枕をして、いっしょに横になりました。ボビーは荒い息を繰り返していましたが、次第に落ち着きをとりもどし熟睡に入りました。

しかし後ろ足には痙攣のような震えが時々きます。

40分おきくらいに立ち上がろうとします。それでも背中を擦ってやると、素直に眠りにつきます。

6:30頃、朝食の準備に、部屋を離れました。ボビーを起こさないようにそっと起きました。

キッチンで準備をしていると。ボビーも起きた気配。覗いてみると、玄関にオムツを取ってしゃがみこんでジッとかたまっています。すぐに飛んでいってオムツをはめてやり、キッチンに寝床を移しました。

その間、夫が来て頭をなでてやったり、おじいちゃんがさすってやったり・・・。

そっとのぞくとうつろな目です。

脱脂綿にしめらせた水を口周りに当ててやりましたら、少し水を飲みました。

味噌汁ができ上がったので、再び覗くと・・・・・・・。

7:10 ボビーは逝ってしまいました。

****************

とっても賢い犬でした。

フィラリアも完治させた犬です。

2回の大きな手術も受けました。

最後は4時間寝込んだだけです。

ちゃんとわきまえていたのか、医者にかかる前でした。

職業訓練はじまる前でした。

本当にわきまえた犬でした。

法事にも予定どうり参加できました。

久しぶりに会った姉の裏山の畑地の端に埋葬させてもらいました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

卒業

Img_0870_1今日は卒業式でした。

もうきっと乗ることがないであろう渥美線に乗って行ってまいりました。

8:45発を乗り過ごしてしまいました。9:02のに乗車しました。8:40までの受付時間、十分間に合いました。

車窓から見える風景も、新鮮に見えます。

息子、娘通算、五年間お世話になりました。

Img_0843 Img_0844

保護者の方は、みなさん黒が主流ですね。お着物の方も2名ほどおりました。だれも写真とってないものだから、カメラ出すのに少々の抵抗がありました。普通科の生徒の受験はまだまだこれから・・・・。がんばってね。写真は、まだ生徒入場してなく、緞帳も上がってないね。

Img_0847_1 Img_0848 Img_0856_1 帰りに、クリスマスローズが満開でしたのでついパチリ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »