« ヘルパー2級講義・1日目 | トップページ | 恥ずかしいお話 »

2007年3月10日 (土)

ヘルパー2級講座・4日終了

講座、4日終了して、1週が終わりました。

予想に反して疲れる。朝5:30起床は、夜10時ごろにはもう眠くなります。

家族は協力的で、嬉しい限り。気になるのはナカコさんと接する時間が少なくなったこと。少し元気ないような・・・。そんなことはないか?

それでも、電車乗ってのお出掛けは楽しいですよ。

それに、まだ始まりだから興味持って事が進むから。

2日目からのこと、書きますね。

2日目(3月7日(水))

20名ですが、1名辞退、1名風邪で欠席、18名です。

席は自由です。

教室に入ると、前日と変化が・・・。お隣は、若い女性。推定年齢25歳かな?

名古屋・高浜・岡崎・春日井・豊橋・知立等多方面から通っていることがわかりましたが、お隣さんは、田原市(赤羽根)からだと・・・。一番遠くからです。

いろいろお話ししました。遠くから本当にお疲れ様。

講師の先生は、元看護士さんで、今ケアマネージャーをされてるS先生です。

明るくて、私と同じ年です。なんかうれしいですね。そういえば1日目の先生も確か同じ47歳。本当は私46なのですが、もうじき47になるけどね。

内容はといいますと、1日目とうって変わって大雑把でごめんなさい。

2日目は「福祉理念とケアサービスの意義」「サービス提供の基本視点」。

その中で、一番心残ったこと・・・・。嫁姑でも応用できること。人間関係の基礎ですかね。

私達の道徳的な判断でその人を裁く(一方的に評価)するのではなく、その人を「かけがえのない個人」としてあるがままに受け止めたいと考えます

自分に最も欠けていることかも・・・と思ってしまったのね。いままでの、ナカコさんとの関係の記事読むと、これ欠けてますね。(笑)

となりの彼女と一緒の電車で帰宅です。若いのに、おば様につきあってくれてありがとね。

3日目(3月8日(木))

強烈な日でした。(笑)

何がって、とっても印象深い講師の先生でした。具体的には・・・・。きっと優秀な方だろうと思います。小柄でとってもかわいらしい感じ・・・・見た目は・・・。

「老人福祉の制度とサービス」「障害者(児)福祉の制度とサービス」法律関係の内容です。

難しかった。制度って常に変化しているからテキストが現状についてこれてないのですね。資料たくさんいただきました。

制度、法、政治への怒り・・・・があるのかな、先生には。分からなくもないけれどね。

多分いままでに聞いたことはあったかもしれないけれど、忘れ去ってしまったことを思い出したような気分。

「師」・「士」・「司」・・・の使い分け

「師」・・・15人~20人以上の人の指導のできる人、例えば教師、医師とか

「士」・・・法律に携わる人、弁護士、司法書士とか

「司」・・・公で役割をさずかっている人、上司とか

看護しさんが士なのか師なのか、ときどき迷います。本人がどちらに重きをおいているかで区別するのだそうですが・・・。

この先生、司法書士事務所で働いていて、それなりに法律を勉強していてかなり詳しいようです。負け戦は絶対にしないそうであります。(反論するからには、法律的根拠説明が立証できる)

とうに忘れていた、むかし「司法書士」事務所に、事務員募集で面接に行ったときのことを思い出してしまいました。

一概に全員がそうとはかぎりませんが、「司法書士」の肩書きをお持ちの方は、仕事柄なのか、高ピーです。わたしは、言われなくてもいいこと散々言われて履歴書といっしょに突っ返された記憶があります。・・・いやぁ~、これはすごい経験でした。(笑)

ヘルパーの内容よりも、他のことがとっても印象に残った講義でした。

もちろんヘルパーの勉強は第一ですよ。

4日目(3月9日(金))

2日目と同じ先生です。

「訪問サービス概論」「訪問介護員の職業倫理」

教科書にそっての授業で、とても分かりやすかったです。

復習しないとそのまま内容が、どっか飛んでいかないようにくいとめておかなければ・・・。

★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★

とまあ、こんなぐあいに日々が過ぎたのであります。

さすがに、金曜日は疲れて10時には寝てしまいました。

丁度一週間後です。ボビーの夢をみました。健康優良犬になっていつもの青い座布団を探していましたよ。

|

« ヘルパー2級講義・1日目 | トップページ | 恥ずかしいお話 »

コメント

いろんな勉強をするんですね~。
そして色々な講師が来て下さる。
なんか、学生の時を思い出します。歯科医で働くのになんでこんな勉強までせんにゃあならんのだ!!!って感じが蘇ってきました・・・。

で、赤字で書いてある「その人をかけがえのない個人としてあるがままに受け止める・・・。
こりゃあ私には絶対にできないこと・・・。
自信を持って言ってどうする!ってかんじだけど、これはかなり難易度高いです。一生かかっても私にはできない。

そして「師」「士」「司」の違いもわかりませんでしたね~。多分習ってるはずなんだろうけど、そんなこと今の主婦ののんべんだらりとした生活には覚えてなくても家事が出来ればいいかな・・・と!

まだまだたくさん課題は出てくるわけなんでしょ?
体に気をつけて無理をせずに頑張って下さい。

ボビーちゃんの夢が見ることができてよかったね・・・。きっとBiさんが挫折してないか心配で夢の中に出て励ましてやろう・・・って思ったんじゃないのかな???
でも死んだ子が夢に出てきてくれるってすんごく嬉しいことだよね・・。

投稿: ポムモモ太郎 | 2007年3月11日 (日) 午前 12時45分

おはよ~です。
Biさん。お疲れさまで~す!一口に「介護」と言っても色々な事を覚えないといけないんですね? こうして具体的に書かれると私の家族、今は亡き親父、叔父さん(親父の弟・小さい頃から障害者)、そして今お世話になってるおふくろを支えてくれてる皆さんを今まで以上に感謝しないといけないと思いました。

ボビーちゃんの夢も見られたんですね?やはり、Biさんにとっては大切な家族の一員だったんですよね。ポムさんがおっしゃってますように、Biさんを励ましに来てくれたのかもね?

ところで、前にもおっしゃってたけど、Biさんが私より少しだけ、お姉さんだって事がこの記事で、はっきりと分かりましたよ。。。(笑)

投稿: eimeis | 2007年3月11日 (日) 午前 09時05分

ポムモモ太郎さんへ
ナカコさんは、透析患者で身体障害者に当てはまりす。そして、介護認定を受けて要介護者でもあります。
今まで、手続きはの流れとかは実際に経験済みなので理解しやすいですね。でもそれ以外の障害者のシステムとかは調べていくしかないです。
今日も、おばあちゃんに言わなくいいこと言って、しまったと思ってます。難しいよねそのまま受け入れてあげたいですけどね。
ボビーは、少し太ってツヤツヤしてました。一緒にたくさんの好物も入れてあげたからかも?カフェオーレが大好きでした。
夢で会えたこと、ちょっと嬉しいですね。

投稿: Bi | 2007年3月11日 (日) 午後 06時12分

eimeisさんへ
ナカコさんの最初についてくれたヘルパーさんはナカコさんととても合う方でした。
Aさんにとってはいい方でも、Bさんにとっては困る人となる場合もある、要するに人間関係の仕事ということですね。万人に好かれるというのはなかかね。テキパキ仕事をこなせて、時間も無駄に使わないヘルパーさんでも、そういう方が苦手だという方も実際におられるそうですよ。

少しだけ?でよかった~♪

ボビーは何時もの様子でしたよ。

投稿: Bi | 2007年3月11日 (日) 午後 07時28分

すごい・・・そんなに色々勉強するんですね。
私も「師」「士」「司」の違い知りませんでした。
勉強になりましたよ~。
「かけがえのない個人としてあるがままに・・・」
社会や会社でも言えますよね。
そう思わなきゃって思っても、なかなか出来ない私です。
でも、その言葉は忘れないようにしたいと思いました。
みなさんの言うとおり、ボビーちゃんは、がんばってるBiさんを励ましてくれたのかな。
きっと応援してくれてますね。(*^_^*)

投稿: しろぱん | 2007年3月11日 (日) 午後 08時47分

お疲れ様です。久しぶりにする勉強は新鮮で考えさせられますか??
もう、昔のことで忘れちゃったなあ~ハハハハ
私達の道徳的な判断でその人を裁く(一方的に評価)するのではなく、その人を「かけがえのない個人」としてあるがままに受け止めたいと考えます
とても難しいですよね、姑殿ならなおさらです。ほほほ
Biさんの格闘してる姿を想像しながら、応援してます。(*^^*)

投稿: nekosann | 2007年3月11日 (日) 午後 08時50分

今晩はーそしてお疲れ様
電車での通学は新鮮でしょうね。一寸学生気分を思い出しますね。家での息抜きにはいいですね。
私も師・士・司の違い初めて知りました。ウッカリしている事って多多あるんですね。
お忙しいでしょうけど、確りね。応援してますよ!

投稿: ako | 2007年3月11日 (日) 午後 10時01分

しろぱんさんへ
頭の中を素通りしてしまうこと多いけれども、時としてこういうふうに印象に残ることがあるのね。
それだけでも、めっけものと思ってます。
直接関わっていることだから余計にね。
職業として考えると、重いですね。人の生命を左右する仕事でもあるものだから。

投稿: Bi | 2007年3月11日 (日) 午後 10時34分

nekosannへ
今ね、華麗なる・・・の裏でNHKスペシャル「介護の人材が逃げていく」を見てたのね。今、介護職業の問題点いろいろありますが、3日目の先生の言ってたように政治に対して怒らなければ良い方向に行かないのかもしれないですね。
学生気分と、おばあちゃんには悪いですが解放感は確かにあります。何時も気にしているものから日中の間だけでも全く考える必要ないから・・・。

学んだことが無駄にならないように心がけながらナカコさんと接しるつもり。(笑)

投稿: Bi | 2007年3月11日 (日) 午後 10時44分

akoさんへ
電車通学は、楽しいですね。景色見れるのも、いろいろな建物みるだけでも、なんか新鮮。
こういうことできることの幸せを、感謝しなくちゃね。
介護の知識もさることながら、ところどころで出てくるその先生ならではの知識・体験ってけっこう興味ある話です。
応援、ありがとうとざいま~す。

投稿: Bi | 2007年3月12日 (月) 午後 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/14210150

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルパー2級講座・4日終了:

« ヘルパー2級講義・1日目 | トップページ | 恥ずかしいお話 »