« 合否通知書 | トップページ | 卒業 »

2007年2月25日 (日)

悲哀

近所のご主人が亡くなられました。56歳でした。

いつも庭木の手入れをされていて、時の挨拶をするくらいで、寡黙なイメージの方でした。

ご夫婦仲よくって、庭で二人でしゃがんで話していた姿をよく見かけました。

仲良しの夫婦って、早くに一人が逝ってしまうような気がします。

同じ組内(町内の小ブロック)に、私と同年代で同じ年に結婚した夫婦が他に二組います。

その一組の御夫婦もまた・・・・。子煩悩で、家族みんなで毎週日曜日お出掛けして、夫婦仲よしでした。

我が夫と比べては、なんであんなに子煩悩なのかなぁ~・・・ウチとは大違い・・・とため息をついては見ていたことあったっけ。

10年前に亡くなってしまいました。後の10年分まとめて子供達と過ごしたかと思うほど。公園に行けば必ずいる親子でした。

順番で逝かないと家族の悲しみは深くなるばかりです。

|

« 合否通知書 | トップページ | 卒業 »

コメント

まだまだ若いですよ~、56歳って言ったら・・・。
私の所も、主人と同じ職場の方が亡くなったとか、子供のお父さんが亡くなったとかいう話を聞くと、同年齢なんで人ごととは思えません・・・。

仲がいい夫婦の方が早死にするのか???
そんならウチは大丈夫だ!
・・・って安心はできませんがね。
俗にいう、メタボリック???
いつポックリ逝くのか心配です。
今は兄ちゃんと一緒に住んでるから心配ないけど、一人で住んでいたときは、毎朝「生きてるか~~~?」の電話をしていました。高血圧があるから一人で死んでないか心配でしたが・・・。

こんなん考えると、「長生きしてもらわねば・・・」とは思いますが、旦那の顔を見ると喧嘩ばかりで大事にできていないのが現状です・・・。

投稿: ポムモモ太郎 | 2007年2月26日 (月) 午前 09時22分

ポムさんへ
近くの葬儀会館を借りてのお葬式でした。組内の方は、今後はもうみなさんそういう形態にをとられるようです。
56歳・・・2人のお子さんが結婚してお孫さん2人ずつおられるようです。
仲良かっただけに、奥さんが心配です。
家に残されたのはお姑さんと、奥さんと2人だけです。
息子さん夫婦か娘さん夫婦が入られるかもしれませんね。
ポムさんは父ちゃんいなくなると、とってもとっても困ってしまうし、父ちゃんなしで生きてはいけないと思うでしょう?
そうでもない夫婦もいますから・・・ウフフフ(意味深な笑)

投稿: Bi | 2007年2月26日 (月) 午後 06時07分

悲しいですね、仲良し夫婦は早くに死に別れるのですか??では我が家は早くに別れるのですね(^^;)
先日の新年会に集まった八人のなかで未亡人が3人、
もう、そんな年になったのだなァ~と悲しいような??寂しいような、(^^)
もう後、どれくらいこの世にいられるかはわからないけど、やはり夫婦仲良くしたいものです。(^^;)

投稿: nekosann | 2007年2月26日 (月) 午後 07時20分

56才っていったら、まだまだこれからですよね。
職場でも、何年か前にダンナさんが亡くなられた人がいて、ダンナさんの良い思い出ばかりが残ってると言ってました。
うちの母は、きっとそんな事は言わないだろうな~。
口ゲンカが、コミュニケーションの様な夫婦です。(^_^;

投稿: しろぱん | 2007年2月26日 (月) 午後 10時42分

nekosannへ
離れていると、どうしているか心配ですよね。
だんなさんもnekosannも気をつけてくださいね。

結婚してから仲良くしていたことってあったけかな・・・という夫婦って、2人だけになったときって仲良くなれるのかしら?・・・・って最近不安。

夫が最近、にゃおにゃおを抱っこするのよね。いままで想像もできない出来事。こうやって少しずつ変わっていくのね。

夫が亡くなって涙でるのかなぁ・・・疑問です。
冷たい妻でしょ・・・そんな妻に誰がした・・・ってか。

投稿: Bi | 2007年2月27日 (火) 午後 02時59分

しろぱんさんへ
死んでしまうと、良いことばかりが浮かぶといいますね。
お母さんもきっと浮かぶよね。だってあんなに使いやすい台所作ってくれるお父さんだし・・・。

わたしも、浮かぶかなぁ~・・・疑問ばかり。

口ゲンカできるのは、仲良しなんですよ。コミュニケーション取れているってことだもの。(笑)


投稿: Bi | 2007年2月27日 (火) 午後 03時05分

こんばんは~。
そうだったですか?56歳じゃまだまだ若いですね。前のブログでも書いたと思いますが、昨年の6月に私の小中学校の同級生が亡くなってしまいました。彼の場合、夜中に突然だったようで、朝、奥さんが起こしに行った時には既に息をしてなかったと言う事でした。その彼もやはり、子供が大好きだったようです。そういえば、私の同級生は既に3人、亡くなってしまいました。一人は小学二年の時、大雨で増水した時に自転車で川に落ちてしまったのです。もう1人は、4年くらい前にガンで亡くなってしまいました。

私も持病があるので、なんとも言えませんが最近は調子が良いので、この状態を維持していきたいと思ってます。せめて、息子が成人するまではね!(笑)

投稿: eimeis | 2007年2月27日 (火) 午後 08時38分

子供が小さな頃は
「まだ、死ねない!」と体の管理、検診なんかはきちんとやっていた気がします。
子供が大きくなり、
「母さんうるさい!」なんて言葉を聞くようになると、どうでもよくなって、あまり長生きするのも・・・・って思った時期もあったっけ。

同級生の方はお気の毒でしたね。
どういう状態で最後を迎えるか、最近時々考えます。

eimeisさん、気をつけてくださいね。
まだまだお子様は、父が必要ですし・・・、私の基準からするとeimeisさんは気をつけなければならない部類にはいりますからね。本当に。

投稿: Bi | 2007年2月28日 (水) 午前 12時29分

お久しぶりです。
本当にいい人は早死になんでしょうか!?
わが主人は32歳で亡くなったのですが・・・やっぱりあの人はいい人だった・・・みんなが言ってました!でも私にはそうは思えなかったです!大好きな人と結婚して子供二人に恵まれて、おとうさんとか言ったこと1度もないまま、あのひとは旅立ってしまったのです!!悔しかった!!人にいいひとだなんていわれるより悪い人であっても生きていて欲しかった・・・もっともっと悪い人になれればよかったのかもね。我儘だし、マザコンだし、悪いとこいっぱいあったのにな~でもいい人、間違いなくいい人だったよ。

投稿: riomama | 2007年3月 1日 (木) 午後 08時13分

riomamaさんへ
いつも、riomamaさんのコメント見て、自分に対してどんな夫にせよ、良いところを見なければ・・・と考えさせられてしまいます。
良いところ・・・考えてみれば無いわけではないです。(笑)
子供が小さかったころ、夫がいても我が家は母子家庭(子供4人=お世話しなければならない義理父母2人含む)同然だった・・・現実にいなければ生活保護で暮らした方が、今よりマシなどと本気で思っていた頃もあったなぁ・・・・きっとriomamaさんから見たら、「なに言ってのよ!」って思っちゃうんだろうな・・・。
もう少し、もう少しすれば違う方向から夫を見られるようになるかもしれないです。(笑)
やっぱり,現実に経験してきたriomaamaさんと比べたら、私はちっぽけな人間にみえてしまいます。(悲)
何時も、私の心を修正してくれてありがとう。

投稿: Bi | 2007年3月 1日 (木) 午後 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/14051322

この記事へのトラックバック一覧です: 悲哀:

« 合否通知書 | トップページ | 卒業 »