« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月に作成された記事

2007年1月31日 (水)

500円硬貨の価値②

とある中学1年生の少年達のお話。

運動部によくある話ですが、1学期も過ぎると部活の中で少しのグループ化が出来始めます。真面目な子達のグループ、普通の子、ややチョイ悪グループ。仲が悪いわけではないけれど、自然と分かれていったのね。

ある日、部活の遠征で、少し遠くの学校で試合がありました。

電車での遠征です。

試合も無事終了して、帰路につくにあたり、それぞれのグループがかたまりになって帰ったらしいのです。

予想通りチョイ悪グループは最後方をノロノロ帰宅。

するとどうでしょう、見たことのない財布が落ちているではないですか。一人が拾い上げて中身を見てみると小銭ばかりが入っておりました。そして、名前は書かれていません。財布の持ち主を特定できるものはないかと探りましたが分かりません。何処にでも有り誰もが持っていそうな、安価な財布と判断。そして、どうせ届けても持ち主は分かるはずないと判断したのです。財布はポイッとして小銭500円程度をみんなで分けけたそうな・・・・・(なんといけないことを)

そのころ、先に駅に到着した先頭グループ内では、大問題が発生しておりました。乗車券を買おうとしたところ、一人の少年のお財布が無いのです。あちこち探してもありません。真面目であるがために、この状態に少年の目には涙が浮かんできました。そして少年の心に、絶対にボクは落とすはずが無い。試合中に控え室で盗られたんだという考えが浮かんできました。先輩達はそんなに高額でないからと、乗車券を立て替えてくれました。

そこへ、チョイ悪グループ到着。一連の出来事がここで解決するはずだったのです。

しかし、余りにも真面目な彼には、自分が落としたということは納得できないのです。

自宅に帰り、少年はその日あった後味悪い出来事を話しました。母親は泣きじゃくる我が子の言っていることがどいういうことなのか、チョイ悪グループの少年たちの母親のところに電話をかけてきたというお話です。

いけないことをしたのは、チョイ悪グループです。名前を書かないあんたが悪いなんて誰も言いません。明らかに判別できます。

しかーし、世の中少し変。

ある日万引き少年が捕まったそうです。常習ではなさそうです。たまたま本当に欲しくてお金を持ってなかったらしいのです。

お店の方は、母親を呼びました。そして今後こんなことのないようにと厳重注意をしたそうな。

そうしたら、母親は

「子供が欲望するように、しかもハイどうぞとばかりの陳列方法にも問題があるんじゃないですか?」といったそうな。

世も末じゃ~。と私は思ったのね・・・・・・。というお話です。

だから、何?   という話ですけど、ずっとずっと心にひっかかっていた子育てに関するお話でした。

昨日と今日の記事は、道徳の時間ですわ。(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年1月30日 (火)

500円硬貨の価値

場所は羽根井公園。

娘がまだ保育園児だった頃のこと。近所の友達4.・5人で遊んでいたとき、この公園で500円を拾ったそうです。近くにおじいさんがいたので、「500円落ちていたけど。」とお伺いをたてたそうです。

おじいさん「どちらにしても(警察にとどけても)、落とし主は分からないだろうから、あんたらでつかったら・・・?」と言ったとか・・・。

そこで彼女らは買い食いをした・・・・というお話です。

この話を聞いて、私は娘をしかりました。いくら落し物でも「自分のものでもないお金を使ってはいけない。」と言ったと思います。

私は教育的見地から、保育園児のとる行動ではないと思ったのでした。いくら1円だとしても、交番に届けるという行動をしてほしかったのです。

夫はちがったのです。結果は落とし主見つからない。500円を届けることによって、そこから派生するもろもろの作業に警察官は無駄な事務作業が発生して、返って迷惑だと言うのです。

私は教育論を言っているのであって、大人社会の話をしているのではない!とお互いに話がまとまらなく、私はムカツキきました。

結局夫は、「小銭を拾って届けることは、警察官にとってわずらわしい仕事になるだけだ。」と言い張り、私は「子供の教育上、周りの大人は警察に届けると指導すべきだ。」とおおモメ。

昨日、ハローワークの職業訓練の説明会で名古屋にいき、久しぶりに友達と食事をしました。最近の事件に話が言及し、教育論に燃えてしまいました。

その一「給食費を払わない親」

最初にこういう親がいるというニュースを聞いて、こんな親本当にいるの?居るとしたらモラルの欠如だ!と思ってしまったのね。どうして払わないの?・・・の疑問に「みんな払っていないから・・・」と言っているらしい、という話を聞いて、払わない人がいるから自分もはらわない????なんじゃそりゃ~、と思い、払わない人間を非難するわけです。

今も、基本的にもってのほかと思っています。どう理解しろと・・・。

そして深く考えたのね。なぜ人が払っていないから自分も払わないという発想になるのか・・・・。

以前こういうお話がありました。

生活保護を受けて生活している老夫婦がおりました。その年は例年になく非常に熱い夏となりました。病気がちなじいさんのために、クーラーを設置しました。そのクーラーをめぐって、生活保護を受けられなくなったという報道がされました。

日本では一定額の収入がないと生活保護が受けられます。この保護のなかには給食費免除が含まれます。

しかし、生活保護を受けている家庭でも、普通に生活している家庭よりもはるかに裕福に暮らしてみえる家庭はいるものです。

リストラ中で生活保護、片親で生活保護。なぜ生活保護世帯なのに明らかに自分の家庭よりも裕福な生活・・・・・。理由としては、実家が資産家だったり、兄弟の援助があったり・・・理由はいろいろ。

そうなってくると、なぜ????給食費うちは払って、毎日外食しているあそこは払わないの?になるよね。

私が思うに事の発端はこれじゃないのかな?

これが一面だけが先走りして、人が払わないから私も払いません・・・・とだんだん波及していって、おまけにマスコミにとりあげられてまたまた波紋。ってな感じで始まったのではと思ったりなんかして・・・。うそか本当か定かではないですが・・・。

「給食費を人が払わないから自分も払わない」という人間を作り出した背景はこれだと、結論付けました。・・・(悲)

その二「死体を切り刻む人間」

かおり容疑者は夫を愛していたのか?ってことからはじまり・・・・、

どうしてこうも残虐なことを行える人間がいるのか。これは私の思考回路ではとてもとてもダメです。憎悪になっても、人は殺せないでしょ・・・の見解しかないですね。

その三「いじめ」

いじめの話から、「国家の品格」の話になって、徹底的に子供のころから、「卑怯」を叩き込むという藤原正彦氏の話になりました。(藤原正彦氏をそれほど知っていると言うわけではないけれど、彼の出演していた共通のテレビ番組を見ていて)そこのところが、なるほどと思ったと二人で納得。卑怯が恥ずかしいことだと、今生きている人たちがどれほど感じているか?疑問だね・・・・な~んてね。卑怯を恥ることをまず教育しなおさないとと人事のように話して帰途につきました。

まあこんなぐあいに、もう子育ても終わりかけのオバサンたちが話した内容ですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

ちょっと挑戦

podcasting に再度チャレンジです。

以前の桜の映像の時には悪戦苦闘してしまいましたが、今回は声だけです。

映像で、また配信したいななんて思っています。

今度は、ヘルパーとしての配信ができるようになっていればいいなぁ~・・・どうなんでしょう!・・・・・・いつになることやら。(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

幸せのちから

Img_0760_1 今日から公開です。

the PURSUIT of HPPYNESS

9:00のファーストショーに行ってきました。

内容はサクセスストーリーです。最後は、さすがにホロッとくるけれどね。

紳士役もいい感じのウィル・スミスでした。

「努力が奇跡を生む」まあ人生の教訓ですね。

幸せは勝ち取りに行く・・・・健康にめぐまれてタフガイであることが基本かな。

息子役のクリストファーくんは、オーディション勝ち抜いてきた、ウィル・スミス氏の実子なんですって。

かわいいよ~。

世の父ちゃん方に見てもらいたいなぁ。

母ちゃんは、それなりに頑張っていたけど、我慢しきれず別れ別れに。母ちゃん最後に戻ってくるともっとHAPPYNESSなんだけどな。

実話ってことだから、やっぱりアメリカって太っ腹なところありますよね。

証券会社の面接でヨレヨレの服装、ペンキあちこちにつけていても話を聞いてくれる。・・・普通、門前払いですよね・・・本人も「あきらめない気持ち」があってこそなんですけどね。

こだわりのHAPPYNESSです。(正確なつづりHAPPINESS間違えないように)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

サタデーモーニング

土曜日に、映画一本見に行こう・・・・と思っています。

「それでもボクはやってない」・・・映画館でみなくてもいいかな、内面的社会派映画は画面独り占めしてだれもいないところで楽しみたいし・・・。DVDがレンタルできるまで待とうかなぁ~

第一候補はこれでしょう・・・「幸せのちから」これにいよう。封切りだからにぎやかだったりして・・・。

ちょっくら勇気をもらってきましょう・・・・っと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

きやすめ

眼科医「白内障のあともしっかりなおっているし、問題ないですね。充血もみられないから結膜炎もないし、アレルギーもなさそうなのでしばらくは薬なしで過ごしてみてください。」

おばあちゃん「それでも、まだ時々かゆみがでるので、薬ください。」

眼科医「まあ、異常がなさそうなので、このままなにもなしで様子みましょう。」

おばあちゃん「それでも、かゆいから、薬ください。」

眼科医「薬は、つけないで様子みましょう。」

おばあちゃん「何か、薬が欲しいです。」

断固として譲らないおばあちゃん。先生おれて・・・

「どうしても、何かつけたい? それじゃあ、ビタミン剤を出しますね。疲れ目とかに効くやつ。」

おばあちゃん「あ~、それでいいです。ありがとうございます。」

処方箋いただいて帰りました。

お年寄りの精神ケアも考えてくれる先生ってやっぱり、なんかいい感じ。穏やかで声を荒げることなく、対応してくれるって、お年寄りにとってありがたい先生ですよね。

昔のお医者さんって、威圧的で上から見ている人がほとんどで、何も先生には逆らえません・・・って感じでしたけど。

こういったやさしい何でも話せる先生が大好きな、ナカコおばあちゃんです。

目薬は明らかに「きやすめ」・・・・・まぁ、気が休まればそれでよしかな・・・よかったねおばあちゃん♥

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年1月24日 (水)

離職票

昨日行けなかった職安に行ってきました。

職探しが目的ではなく、雇用保険受給の手続きにでもなく、ちょっと聞きに。

何をってヘルパーの講義を受けるにはどうするかって。

今からだと三月からのがありますが、人数が多い場合は選考試験があるんですって。

19年度からは、今までのヘルパー養成講座の内容が随分変わるらしいとパンフレットに書いてあるので、そこのところ詳しく調べてもう少し検討します。

ということで、今までのは前置きね。

肝心の離職票のことです。

「離職票 」とは、会社を退職した際に会社の離職証明書に基づき、公共職業安定所ハローワークが交付する書類のことをいう。会社は社員が雇用保険の資格を喪失した日(退職日の翌日)から起算して10日以内に、本人から離職票は不要という意思表示がない限り、ハローワークに書類を届け出なければならない。離職票には、退職理由・過去半年間の賃金、出社日などが記載され、公共職業安定所が失業給付を支給する際の参考資料になる。つまり、離職票がないと失業給付が支給されない。

正直者の私は、これで随分悩んでます。

退職事由なんですけどね。私の肝心要の退職事由として、離職票には記入されてないのね。

これ書いてくれないといろいろ困ることが生じるんですね。

ここのところ違うと、会社に「異議有り」欄にチェック入れて送りかえさなければならないんだけどね・・・。厄介なことにならないかと、職安の方に尋ねたわけですよ。

至って簡単、本当のことを書けばいいのですよ・・・という返事。

「異議有り」で返送することにしよう・・・・うん・・・・そうしよう・・・・そうしよう・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2007年1月23日 (火)

シルバーグレイ

PCに向かっていると娘が

「お母さん、白髪すごいよ。」と言って、後頭部のつむじの辺りを掻き分け始めました。

私の白髪は30代後半ぐらいから前頭部から始まりました。

そんなに?って思って鏡を覗くと、

「うひょ~・・・、これはまずい。」

丁度、学校のビッフェパーティーの前日のこと。

翌朝、夫の使っているメンズブローネ部分染めをナイショで使ってみました。

帰宅した娘は

「今日、髪何かやった? 白髪目立たなかったよ。」

やっぱり、白髪多くなった分だけ自分の中の細胞が死滅していっていると思うと、脳細胞も減ってくるはず。そうそう、もの忘れひどくなるのも当然・・・・。なんて思いふけっているとDS買おうかな・・・なんて気持ちになってしまいました。

鏡みる暇も少し取れるようになるとこういったこと思うのね。

先日、シィエロのキャラメルブラウンを買ってきて染めてみました。

頑固な針金髪の私は、人の倍以上の時間をかけないと、染まりが悪いのですよ。

2週間ほど前に美容院に久しぶり行き、今まで束ねてアップにしていた髪もばっさりと切りました。

どういう髪型かとうと、「冬ソナ」のユジン(チェ・ジウ嬢)とよく似た髪形にしてとリクエストしましたが・・・。素材がちがうからねぇ・・・歳もとってるし。

恐いもの知らずの方はごどうぞご自由に!

  この写真を見る

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

やっぱりプロだねぇ!

最近のおばあちゃんは、またまたお風呂に入るのをおっくうがります。寒いせいもありますが、気力体力が減退しているようです。

先日訪問介護の介護師さんが、お風呂に入らなくても、洗面所に行かなくても頭洗えるから、その方法で今日は洗いましょう・・・ということで紙おむつ一つあれば手軽に洗髪をしてくださるというので少々見学。

<用意するもの>

*ペットボトル2本分少し(熱めのお湯)、*タオル *紙おむつ  *シャンプー・リンス *ゴミ袋 *ドライヤー *くし

以上のものを事前に手の届く範囲に用意しておきます。

紙おむつを頭の下におき、後は普通にシャンプーをしてあげればよいのです。お湯はすべて紙おむつが吸収してくれるので、外にこぼれることはありません。寝たままでできます。これも何度もやっていれば上手になるようです。

そして、体を全部ふいていただきました。

訪問リハビリからこういった方向に変更したらいかがですかと、看護師さんからもアドバイスをいただきました。確かに体力が衰えてきて、リハビリは少々きつい様子です。

ケアマネジャーさんに、来月の予定に組み入れていただこうと思います。

http://www.net-kaigo.com/navi_step/step1/wisdom/vol2/clean3.html

http://www.spu.ac.jp/kenshu/webkouza/webnaiyou/mainitinokaigo.htm

http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=66945998&p=y#body

上記のような方法もありますが、我が家には、おじいちゃん、おばあちゃん入院退院しょっちゅう繰り返していたので、紙おむつがわんさかあります。

器具もいらないし、濡れないこの方法ベストです。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

おっせっかいには気をつけてね!

公園でずっと1週間ほど前から置きっ放しになっていたオートバイがありました。原付ではなく、我が家にあるようなkawasakiエストレアのような、仮面ライダーが乗るような形のものです。

ボビーの散歩中でした。いつまでもほったらかしになっているので、しげしげ見ているとサドルの下の隙間に、貯金通帳と印鑑とお財布のようなものが見えました。

まさかこんな所に、いくら隠しているつもりでもよく見れば分かってしまうのに・・・。おせっかいかと思いましたが、1週間もほおってあるし、持ち主も盗まれてしまっても困るかと思いました。物騒だし、この通帳等を交番に届ければ、オートバイの持ち主も分かり、一石二鳥だと思って、そこからその通帳等を手に取り交番へ届けようと思いました。

公園では小学校低学年の子供たちがあちこちで遊んでました。5・6人のグループの子達がドッチボールをして楽しんでます。ボールがこぼれて私の所に飛んできました。

「おばさ~ん、取ってぇ~」と言うから。ボビーのリードを木に結び、ベンチにそれらの物を置いて、子供たちに投げ返しました。そしたらまた、違うグループの少年達がボビーに近付いて、「かわいいねぇ」などとかまってきたので、つい私も「かわいいでしょ。」などと言って一芸見せてあげました。

そしていざ交番へ・・・・。と思ったら、そこに置いておいた、一式のものがナイ!

ここまでの話を息子に話したら、どういうわけか、プリプリ怒り出しました。

いらんおせっかいするからだ!知らん顔してほっておけば、そんなこともなかろうに・・・と思っての心配がそうさせたのだと思うのですが・・・・。

それでも、その教訓はしっかり息子に伝わったのですね。この怒り方を見れば・・・。

本当にそうなのです。「いらぬおせっかいはしないほうがいい!」という教訓の、昨日の朝方見た夢の中の話でした。

目が覚めたときは、ドキドキしていました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

やっとフリー

Img_0748 今日、伸ばし伸ばしになっていた在宅の仕事がやっと完成しました。

午後から仕事を届けに行って帰りはゆっくりお買い物して・・・。

今日はフリー状態を満喫しました。(笑)

仕事していると、ブラウン管の上は暖かいらしく、スイッチを入れると上にのぼってきます。抜け毛が入らないように、ビニールをかぶせてあります。

暫く熟睡しています。

それでも、相手になってほしいらしくてこういうことしてきます。

Img_0749 相手してあげないと、こうなります。Img_0750

退屈しない子です!このあとボビーをおっかけて部屋を出て行きました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

ビュッフェパーティー試食

Img_0731_1 今日は娘の学校のフードコース選択の発表会。ビュッフェパーティー試食会を、保護者を招いて実施してくれました。

1月17日、世間では大きな出来事のあった日でありますが、娘の18歳の誕生日でもありました。今日のケーキはマッターホンで買ってきました。まだ本人帰っていない。遅い!(怒)

ケーキの箱を開けられませんので写真が間に合いませんでした。

キを取り直してまずは

★オードブル★

エビのポテトタワー

ツナとマッシュルームのキッシュ

フラワーサラダ

アーモンドドレッシング

★スープ★

パイ包みのクラムチャウダー Img_0732Img_0736_1

★メイン★

鶏肉のマスタード焼き~ブラウンスープ~

人参のグラッセ

ブロッコリーの塩ゆで

レンコンチップ

★主食★

一重梅

押し寿司

いなり寿司

Img_0734 Img_0733_1

★デザート★

フルーツタルト

ガナッシュ・プチロール

いちごのムース

★紅茶・緑茶★

Img_0737以上です。 主食はお腹一杯で、お持ち帰りでした。

帰りに、最近オープンしたマックスバリューによってきました。最近といっても数ヶ月すぎているけれど、私初めてでした。建物は橋良店と大して変わりないですがとにかく駐車場が広い。ジャスコ南店ぐらいの駐車場に、カーマホームセンター、スギ薬局、マックスバリューが金手(かねんて)状に並んでます。

店舗が遠方でよく見えない!Img_0743 Img_0744

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

おばあちゃん初登場

Img_0728 今日は、ナカコおばあちゃんの透析クリニックのご案内。

こちらの病室で透析受けています。ベッドは1列に6台それが14列だったと思います。1日おきにお世話になってます。

Img_0724_3 Img1_0726

左の写真、1階玄関に入るとホールになっていて、奥が喫茶ラウンジになっています。

吹き抜けですごく広々としていますよ。イベントはここで行われます。最近は餅つき大会がありました。

老人ホームと併設されているので、面会の利用者等がお茶している姿をよく見掛けます。おばあちゃんとめったに飲まないけれど、それでも2・3お茶しました。最近は透析終了後は体調があまりよくないので寄らなくなってしまいました。

透析中はパジャマに着替えます。

最初の写真は、透析終了して着替えて透析室を出たところ。

さあ、今から帰るよ。

Img1_0730玄関出て、車に乗っていざ出発。

フロントガラスに映っているのがクリニックの建物ですよ。

モダンなレンガ造りです。

話は変わりまして、今日はスーパーの仕事最終日です。いろいろお世話になったみなさんにご挨拶して退社してきました。

明日からの意気込みの方が強くって・・・。

さあ、10日までにしなければならなかった在宅ワークを早く仕上げなければ・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

できちゃった婚?

一昨日、実家から息子の成人式のお祝いを戴けるというので、夕食後息子とともに行ってきました。車で15分と近くなのです。

そうしたら、とってもとっても興味津々ながら、感動的な情報を手に入れてきました。

子供たちの小さな頃のこと。実家に行けば、我が家の子供たち、甥っ子・姪っ子たちは毎日お隣の子供たちといっしょに遊んでおりました。そのお隣のお坊ちゃまは息子よりも1つ上。ただ今学生と聞いておりました。その彼にお子が誕生したとか・・・。

中学に入りお互い遊ぶことはなくなり、私の中では小学校時代のままの彼を想像することしかできず、とてもとてもお子は想定外。

年齢考えればおかしくなはないことなのですが。

成人すぎてもいつまでも子供は子供で・・・。自分の思考回路は徐々に子供たちよりも劣ってきているのが日常生活から自覚せざるを得ない!・・・・のが悲しい。

それにしても、どう生活しているのか・・・・。

「14歳の母」なるドラマを少し前にやっておりましたが。(娘といっしょに最初のころ見ておりました)

人の家庭のことながら心配というより、どのような過程でここまでたどりついたか・・・・そこが知りたい。

わが子だったら・・・なんて考えて・・・・ねぇ。

息子に話したら「ありえねぇ~。」だって・・・。

学生結婚の彼らの選択は同居。それにしても、ここまでくるには、なみなみならぬ努力と、精神疲労があったにちがいない過程を想像すると・・・・・感動ものです。

ご一家に幸あれ。とにかく新年早々、めでたい事じゃ~!

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年1月 7日 (日)

NGOを装う若者

今日、20歳くらいの女性と黒人男性が尋ねてきました。

アフリカで学校建設の寄付を集めているといいます。自分も来月、教師としてアフリカに行くそうです。その一環として、ボランティアをしていてると言います。そのためにコーヒー豆を購入していただき寄付を集めていると言います。聞くと6パックで16000円。寄付にしては高額。

IRFF(International Relief Friendship Foundation)とう団体だそうです。

この時代、日本でこういう方法での寄付は適切ではないと指摘すると、この会報誌を出してきたので、違う方法で寄付すると伝えました。すると、この会報誌あと一枚しか残ってないから渡せないというのです。それならコピーさせてくれと言って、強引に手からとり二階に上がりました。電源入れてからコピーするのに結構時間がかかり、玄関に行くと、態度が急変。こちらも急いでいますからと、ムッとした感じで去って行きました。

まずは、お礼が先じゃないの?違う方法でも寄付を一応考えていると意思表示しているのだから・・・。なんて思ってしまったのね。

ところが、ちょっと調べてみました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=883743

どうも統一教会のようです。

この寄付本当にそちらに寄付されるものなら何の問題もないのですよね。

自分の意思とはまるで違う、自分達の宗教の為に使われるとなると、立派な詐欺行為ですよね。

やっぱり、疑ってよかった・・・・となってしまう世の中なのです。寂しいね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

成人の日

普通の子として育てたつもりの息子は、成人式に出席しないといいます。

一応家族としては出席の意向を期待したのですが・・・理由なのですよね。

一切言わないのですが・・・過去やっぱりなにかあったのかな?

思い過ごしかも・・・。

旅に出るんだって・・・。

この辺りでは1割程度の欠席率だそうですが、その一割に入ってしまったんですわ・・・。

大人になれないような(一応けじめとして)気がしちゃって・・・・。

コメントいただいているのになかなかお返事かけなくてごめんなさい。

在宅のお仕事が詰めにはいっちゃって・・・。がんばるわ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

仕事始め

今日は10:00開店なので、いつもより30分遅くの出勤でした。

お客様は少ないです。みなさん大きなお店にお出掛け、又はお家でのんびりと過ごしているはず・・・。

帰りに、3000円の福袋を買ってきました。3000円分の商品券が入っているため、福袋に入った中身は全ておまけになります。袋は閉じてないので中身は丸見え。ちょっと御買得。

実は、昨日の午後から今朝にかけてダウンしてしまいました。こんなに私体弱くなかったんだけど、45過ぎてとたんに虚弱体質になってしまったようです・・・・じゃなくて更年期障害だよね・・・きっとそう!

すっきりしない頭の中・・・・少しのことでイライラ。

新年早々、こんなこと言って・・・・だめじゃん!ねぇ。

さあ、あと2週間で退職。どう計画たてようかなぁ~。

とりあえず、10日までの編集の仕事を仕上げましょう!

その前に、今から実家に行ってきます。

そういえば、実家のチャッピー先月上旬、虹の橋を渡ったんだって・・・・。14歳でした。(悲)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

謹賀新年

ブログ始めて、一年が経過しました。

昨年の大晦日どう過ごしたとか、記録に残っていると一年間の心理変化なんかがよく分かります。

本年は、うんと積極的に生活していたなぁ~。

とにかく、みなさんに励まされた一年間でした。

めぐり合ったみなさんに感謝です。

お友達に感謝です。

まわりに感謝していけるように、今年も好きな事していこうと思っています。

今年も、よろしくお願いします。

ということで、今日は朝からおばあちゃんの透析の送りでした。

昨年同様、年始からのお仕事されている方、ほんとうにお疲れ様です。

ヘルパーさん、看護師さんがたって・・・・・本当に頭が下がります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »