« ちょっと挑戦 | トップページ | 500円硬貨の価値② »

2007年1月30日 (火)

500円硬貨の価値

場所は羽根井公園。

娘がまだ保育園児だった頃のこと。近所の友達4.・5人で遊んでいたとき、この公園で500円を拾ったそうです。近くにおじいさんがいたので、「500円落ちていたけど。」とお伺いをたてたそうです。

おじいさん「どちらにしても(警察にとどけても)、落とし主は分からないだろうから、あんたらでつかったら・・・?」と言ったとか・・・。

そこで彼女らは買い食いをした・・・・というお話です。

この話を聞いて、私は娘をしかりました。いくら落し物でも「自分のものでもないお金を使ってはいけない。」と言ったと思います。

私は教育的見地から、保育園児のとる行動ではないと思ったのでした。いくら1円だとしても、交番に届けるという行動をしてほしかったのです。

夫はちがったのです。結果は落とし主見つからない。500円を届けることによって、そこから派生するもろもろの作業に警察官は無駄な事務作業が発生して、返って迷惑だと言うのです。

私は教育論を言っているのであって、大人社会の話をしているのではない!とお互いに話がまとまらなく、私はムカツキきました。

結局夫は、「小銭を拾って届けることは、警察官にとってわずらわしい仕事になるだけだ。」と言い張り、私は「子供の教育上、周りの大人は警察に届けると指導すべきだ。」とおおモメ。

昨日、ハローワークの職業訓練の説明会で名古屋にいき、久しぶりに友達と食事をしました。最近の事件に話が言及し、教育論に燃えてしまいました。

その一「給食費を払わない親」

最初にこういう親がいるというニュースを聞いて、こんな親本当にいるの?居るとしたらモラルの欠如だ!と思ってしまったのね。どうして払わないの?・・・の疑問に「みんな払っていないから・・・」と言っているらしい、という話を聞いて、払わない人がいるから自分もはらわない????なんじゃそりゃ~、と思い、払わない人間を非難するわけです。

今も、基本的にもってのほかと思っています。どう理解しろと・・・。

そして深く考えたのね。なぜ人が払っていないから自分も払わないという発想になるのか・・・・。

以前こういうお話がありました。

生活保護を受けて生活している老夫婦がおりました。その年は例年になく非常に熱い夏となりました。病気がちなじいさんのために、クーラーを設置しました。そのクーラーをめぐって、生活保護を受けられなくなったという報道がされました。

日本では一定額の収入がないと生活保護が受けられます。この保護のなかには給食費免除が含まれます。

しかし、生活保護を受けている家庭でも、普通に生活している家庭よりもはるかに裕福に暮らしてみえる家庭はいるものです。

リストラ中で生活保護、片親で生活保護。なぜ生活保護世帯なのに明らかに自分の家庭よりも裕福な生活・・・・・。理由としては、実家が資産家だったり、兄弟の援助があったり・・・理由はいろいろ。

そうなってくると、なぜ????給食費うちは払って、毎日外食しているあそこは払わないの?になるよね。

私が思うに事の発端はこれじゃないのかな?

これが一面だけが先走りして、人が払わないから私も払いません・・・・とだんだん波及していって、おまけにマスコミにとりあげられてまたまた波紋。ってな感じで始まったのではと思ったりなんかして・・・。うそか本当か定かではないですが・・・。

「給食費を人が払わないから自分も払わない」という人間を作り出した背景はこれだと、結論付けました。・・・(悲)

その二「死体を切り刻む人間」

かおり容疑者は夫を愛していたのか?ってことからはじまり・・・・、

どうしてこうも残虐なことを行える人間がいるのか。これは私の思考回路ではとてもとてもダメです。憎悪になっても、人は殺せないでしょ・・・の見解しかないですね。

その三「いじめ」

いじめの話から、「国家の品格」の話になって、徹底的に子供のころから、「卑怯」を叩き込むという藤原正彦氏の話になりました。(藤原正彦氏をそれほど知っていると言うわけではないけれど、彼の出演していた共通のテレビ番組を見ていて)そこのところが、なるほどと思ったと二人で納得。卑怯が恥ずかしいことだと、今生きている人たちがどれほど感じているか?疑問だね・・・・な~んてね。卑怯を恥ることをまず教育しなおさないとと人事のように話して帰途につきました。

まあこんなぐあいに、もう子育ても終わりかけのオバサンたちが話した内容ですわ。

|

« ちょっと挑戦 | トップページ | 500円硬貨の価値② »

コメント

昨日、今日と忙しく、あとでよ~く考えてコメントしようと思ったら第二弾が出てるよ~。早すぎ!!!

で、500円の件!ハッキリ言って私なら警察に届けなさい・・・とは言わないかもしれない。
広島に住んでいた頃、次男は小学一年で、お金を道で拾って交番に届けたことがあります。ほんと、何百円の小銭だけど、お巡りさんに褒めてもらいたいというのがあったんでしょう。でも、お巡りさんはいい顔しないのよ。Biさんのご主人の言うこと私はわかります。
Biさんの記事を批判するわけじゃないけど、こんな子は今時いません。ウチの子でも500円だったら、たぶん取るでしょう・・・。
私も時効(勝手に時効にしてるけど)だから言えるけど、以前自販機でお金が釣り銭に残ってたことがあります。それをラッキーと思って取った、俗に言う窃盗罪よね・・・。自販機は商店のモノだから、そのお金は商店のモノになりますよね。
スーパーの店内にお金が落ちてたらレジに届けますが、
小銭が道に落ちてたら届けないでしょう・・・。
やっぱ、Biさんは常識人だ!!!
でも、Biさん、200円でも交番に届ける???

その後の、給食費を払わない親、生活保護を貰っている人の生活。これはBiさんと同じ意見!ウンウンとうなずいてしまいました。
で、離婚して別々に住んでいる夫婦なのに、生活はどっちかの家を拠点として通って、母子家庭って名目で生活保護を貰っている人なんてザラですよ・・・。
こんなのは、ほんと、どうにかしてもらわないといけませんね~。

で、最後の死体を切り刻む・・・。
コレはもう論外ですね・・・。
人間の考えの域越えてます。
これは人間じゃないね・・・。

でも、これまた反論かもしれないけど、マスコミで取り上げてたじゃん!「やられたら、やり返す」っていうが、それがおかしい・・・と。
これを批判してる人がいる中、我が家はこの精神で子供を育てました。
我が家の子、今では大人になったのか、そんなことはなくなりましたが、カツアゲされたり、イジメられたり。
それを黙って可哀想に・・・って見てる親はいないと思います。「やられたら、倍以上にしてやり返せ!」と今まで育ててきました。
黙って我慢してたら、どんな子に育っていたかな?とも思いますが・・・。

こんな変な世の中。
いろんな人がいますよね~。
こんなんに、いちいち腹立ててる私自身もおかしいのかな?って錯覚に陥ってしまいます。

なんか、今回は500円の価値観で、Biさんの思ってることと私の考えてる意見が分かれましたね~。
500円で考えさせられましたね~。

投稿: ポムモモ太郎 | 2007年1月31日 (水) 午後 11時01分

ポムモモ太郎さんへ
この件から、路上での金銭については拾ったら寄付するを基本にしています。その場で即寄付というわけでなく。スーパーやコンビににおいてある寄付箱ね。(拾って忘れるときもあるけれど)それほど重大にとらえなくなってきたのですね。だから警察にはとどけないけれどね。(笑)
子育てならこうでしょ!ってのがあって子供の買い食いよりも、夫と意見がぶつかった方が衝撃が大きかったのかも・・・。このとき子供に他者のモノ、自分のモノを教えるのにいい機会だったのにかかわらず、意見の行き違いに気をとられてしまったのね。
それから5年後に、次の記事の事件を息子がしでかしたものだら・・・(もちろんチョイ悪グループの一人)
あの時もっと、子供たちにキチンと話しておけばよかったと思ったのね。

今って学校道徳の時間ってあるのかな?私達の時代ありましたよね。やっぱり道徳基準ってある程度教えないと、やくざの常識、一般人の常識、セレブの常識、貧乏人の常識って違うじゃない。ある程度一線の常識教えておかないと分からないかもしれないよね。


投稿: BI | 2007年2月 1日 (木) 午前 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/13723729

この記事へのトラックバック一覧です: 500円硬貨の価値:

« ちょっと挑戦 | トップページ | 500円硬貨の価値② »