« メニュー提案 | トップページ | 謹賀新年 »

2006年12月26日 (火)

薬剤管理

理想は、宮沢賢治「雨にも負けず」なのですが、ここ数日の出来事で、私はまったく足もとにもおよばないことを自覚したのです。

要するに自己犠牲の精神はまるでなく、まだまだ人に良い人と思われていたい・・・・こんな心理がすてきれません。

でくのぼうと言われることを恐れています。

具体的に何があったかと申しますと・・・。

ナカコさんは透析患者です。透析患者は主治医に管理されているわけで、薬、食事、日常生活につき、いろいろな規制を受けています。

最近のナカコさんは、モノ忘れが少々目につくようになり薬の飲み忘れなどが目立つようになりました。

そこで毎日の薬の管理を私がするようになったのです。定期の薬以外に請求したい薬はナカコさんが透析日に看護師さんに請求することになっています。

その薬なのですけれどね、病院から処方箋をいただき調剤薬局から出ます。薬の画像入り説明書とともに。

我が家の常識になってしまっているのですが、ナカコさんがいただく薬のなかで風邪薬、胃薬が横流しされているのです。

つまり、風邪をひくと子供たち、ヤスオさんに、ナカコさんが良く効くからというので勧められ飲むようになっているのですね。

これはいけないことです。まず、1点目。

ナカコさんが飲める抗生物質は限られています。前回いただいた抗生物質がまだ自宅に飲まなくて残っているものがあります。現在その薬は出されていません。

にもかかわらず、ナカコさんは自分の判断で調子悪くなるとその抗生物質を、先生の許可なくナイショで飲むのです。

これもいけないことですね。これで、2点目。

こういうことがあるものですからナカコさんは、風邪シーズンになると病院の風邪薬の請求が多くなります。主治医の先生はそのまま請求どおり薬を出してくださいます。

調剤薬局の先生に、風邪まだ治らないのですか?とか聞かれるんですね。

その質問の応答にどう応えたらいいものか・・・・少々悩みます。

それと勝手に飲んだ薬が原因で、もしものことがあったり、不調を訴えたりした場合・・・・血液中から病院から出してもない薬の成分が検出されたとしたら・・・・・薬管理している私はどう説明する?????

ナカコさんの家族を助けてあげたい気持ち。自分のことは自分が一番よく分かっているからと自分の判断で予備の薬を飲むこと。気持ちは分からないわけではないけれど。目をつむっているべきなのかな。

いいじゃない、ナカコさんがそれで気休めでも体調がよくなったり、自分が人の手助けになっている自己満足で気持ちよく過ごせれば・・・・。

二つの意見が葛藤しているんですね。そして、それよりも、周りの目の方が気になるのです。

「この間もこの薬出したばかりですよ。」という看護師さんに対して、ナカコさんに薬渡してないのでないかと疑われている???・・・と少々被害妄想にもなったりしているのね。

これはかなりのストレス。

どうすべきか結論先延ばし・・・・・。

まだまだ、だね・・・・。

ということで、わたしは「でくのぼう」といわれることがイヤでいることが判明したということです。(泣)

|

« メニュー提案 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

薬は全部、Biさんが持っておくことはできないの?
私は透析されている患者さんに対しては、無知なんでなんとも言えませんが、もしその抗生物質を飲まれて具合が悪くなったら、ナカコさんの付き添いしているBiさん自身に「なんで、この薬をのませたのか~?」になるんじゃないのかな???

ナカコさんに、言ってみた?
「これは、今処方されてないから飲んだらダメよ!」って・・・。
まあ、私も私に処方された風邪薬を子供に飲ませることがありますが、ほんとはしてはいけない事なんですよね。個人個人の体調に合った薬をのまなきゃ!

でも、それだったら全てがBiさんの責任になってしまうんじゃない?(何かあったら・・・)
また、それをナカコさんに言えない自分があるっていうのがBiさん自身が許せないんでしょ???
言いたいこと、言ったら???
で、もうナカコさんに今貰ってない薬を持っていたら没収っていうわけにもいかないのかな~~~???

投稿: ポムモモ太郎 | 2006年12月26日 (火) 午後 11時48分

やはり薬は、個人のものだから、家族で、あっても、
駄目だと、思うし、例え場、薬飲んだことに、よって、
調子が、悪くなったら、もっとこまるのでは。
家族に、理解してもらって。
ナカコさんの、持っている、薬は、やはり、
没収しなくては、主治医と、相談してみたら。
追伸
私も、母の介護のとき、失敗したことが、あるので、
薬は、しっかり管理して。

投稿: 大阪のおねいさん | 2006年12月27日 (水) 午後 05時30分

家でも、祖母が処方されてる胃薬が効くからと、家族も飲んでます。
本当は、いけないですよね。
やっぱりナカコさんには必要な分だけ渡して、Biさんが全部管理するのが一番良いかもね。
「でくのぼう」なんて言われるのは、みんな嫌ですよね。
いつも自分の事を振り返って反省するBiさんを、見習いたいです。

投稿: しろぱん | 2006年12月29日 (金) 午後 11時58分

お久しぶりです。
Biさんも相変わらず大変ですね。コメント違いで申し訳ありませんが、今年はBiさんともブログを通じてお話出来て本当によかったです。これからも、どうか、よろしくお付き合いくださいね。 Biさんも大変な日が続くかと思われますけど、無理なさらないで下さいね。。。

投稿: eimeis | 2006年12月30日 (土) 午前 12時24分

お疲れさまです。一皮むけない年だったかな??難しいね、自分を出し過ぎてもいけません、出さないのもいけません、ほどよい加減が難しい、(^^;)
Biさんが管理すればいいのでは、旦那様と話し合って決めることかな、病院からの薬は個人の物だから、責任の所在がありません(他の人に呑ませた場合)
嫁時代を思い出し、楽しく読ませて頂きました。あなた様の記事を読んで反省することが多かったです。nekosann自分を出し過ぎてました。良く姑とぶつかりました。今はそれも懐かしい思い出です。
来年も宜しくお願い致します。(*^_^*)
主婦は家庭の中心だと思ってます。(*^_^*)
旦那は頼ってはいけません、(^^;)腹が立つばかりです。(*^_^*)

投稿: nekosann | 2006年12月30日 (土) 午後 05時36分

Biさん
大晦日になってしまいました。娘が帰宅して・・・その後忙しい日々が続いておりました!!
Biさんのブログ、、、ナカコさんの記事・・・私の母の世代と変わってないなってこと・・・何十年たっても嫁は嫁なのかなって・・・私の父は今ただただボーっと生きてるけど母は元気でお友達いっぱい。。。老後に差がでています!お嫁さんは辛いけど・・・人間は皆平等だと信じたいです。
いろいろ世話になりました。もうすぐそこまできている新しい年も変わらずよろしく願いいたします。

投稿: riomama | 2006年12月31日 (日) 午後 04時34分

ポムモモ太郎さんへ
最近ね、私自身も忘れっぽくなって時々どきっとすることあるんです。全部預けられるとまたそれなりに、失敗を恐れていたりもするんですけれど、まあこれを機に全部管理することにしました。
医者を信用していないナカコさんは、医者の言いつけを守らなければ・・・という気持ちはさらさらなさそうです。極力努力はしているようですけど、ほんとうにいい加減なところが良くも悪くもあるんですけれどね。神経質に考えないようにしているけれど、責任の所在は全部私にかかってきそう・・・・全然大丈夫、どんとかかってきてよ!と太っ腹になれないんだなぁ~。(笑)

投稿: Bi | 2007年1月 1日 (月) 午後 03時27分

大阪のおねいさんへ
コメントありがとうございます。
老人性認知症の気が少々出てきているのか、そうでないのか、わざとそう言うのか、まったく知らずに言っているのか・・・ちょっと不明なことが多くなってきました。
薬飲んだかと確認して残をみていみると、飲んでいなかったり・・・・。
子供だと思って接してあげないといけないですね。
長年の経緯が、それを素直に遂行できないでいます。(悲笑)

投稿: Bi | 2007年1月 1日 (月) 午後 03時50分

しろぱんさんへ
薬の家族への流用は、時々はみなさんも経験していると思います。その回数が多くなったりしてくると、ちょっと!ってなりますよね。
私の手元で管理することに決心しました。
私が管理するからといって没収しても、翌日には、看護師さんにそろそろ便秘の座薬がきれるので・・・ってしっかり依頼してましたけどね。(笑)
子供だと思って愛情深く看て行くしかないですね。(笑)

投稿: Bi | 2007年1月 1日 (月) 午後 03時55分

eimeisさんへ
年の瀬は大忙しだったようですね。
新年のご挨拶は、また後ほど。
わたしも、ブログ初めて1年を丁度経過いたしました。
いろいろな方にめぐり合えて楽しい一年でした。
こちらこそよろしくね!(笑)

投稿: Bi | 2007年1月 1日 (月) 午後 03時58分

nekosannへ
貴重な意見、先輩としての意見、とっても参考になりました。特にナカコおばあちゃんのこと、nyao2、ボビー、植物に関しては、nekosannなくては、なかなか解決の糸口がつかめなかったこともありました。助かりました。
最近、なぜかしら、自分が出てきてしまって、優しい言葉をかけられない自分ってなぜ?が多くなってきました。
これからも、いろいろ聞いてくださいね。よろしくお願いします。(笑)

投稿: Bi | 2007年1月 1日 (月) 午後 04時04分

riomamaさんへ
そうですよね。前向き、積極的に今を楽しんで生きていないと後悔ばかりになってしまいますよね。
今を楽しもう!っていう気持ち、riomamaさんから随分いただきました。ありがとうございます。
~の犠牲ではなく、乗り越えればよいことが来る・・・という考え方にしていきたいです。
こちらこそ、これからもよろしくね!

投稿: Bi | 2007年1月 1日 (月) 午後 04時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/13213105

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤管理:

« メニュー提案 | トップページ | 謹賀新年 »