« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月に作成された記事

2006年11月29日 (水)

誤算

明日からは寒くなる予報ですが、今日はとても暖かく、気持ちいい小春日和。今日は幸いなことに休日です。こんな日に大掃除でもと午前中ちょっとばかり頑張りました。ここまではよかったんです。

誤算だらけの1日でした。

まず一つ目、「車のキーがない!」

今日は東三地区高P連研究集会でした。PM1:00受付開始、1:30開始です。ナカコさんの透析のお迎えと重なります。朝、一番に開始してもらえるように頼んでおきました。薬は研修会が終了してから取りに行き、PM12:15頃病院に迎えに行けば、キリキリ間に合うと想定して家事に励んでおりました。いざ12:20さあ出発!

ところが・・・ところが・・・キーがない!「えぇぇぇ~ッ! なんでぇ???」

ヤスオおじいちゃんが老人福祉センターまで持っていってしまいました。スペアもちゃんと3ヶ月前まであったのですが、いつの間にか不明に。経緯はわかってます。車庫から自転車を出そうと、車を移動させたヤスオおじいちゃん。そのままポケットへ。

老人福祉センターまで急いで約15分くらい。いぁーまいった、まいった。救われたのは、ナカコおばあちゃんが調子が良かったこと・・・・すぐに起き上がれたし、お願いしたとおりに早くに開始していただいた様でした。看護師さんにお礼をいって急いで帰宅。ベットに寝かせて、砂糖茶を作って、パンを2個、枕元においていざ出発。

間に合わなかったぁ~。残念。

二つ目、「103万円枠超過」。

103万円の枠。越えてしまいました。どうする???来年は控除なし。ほんのちょっぴりなんだけど。どうする??? いい知恵ありましたら、みなさんにお助け願いたいです。ハイ。

三つ目、「携帯修理、延滞料」。

ナカコばあちゃん1月前くらいに電話連絡受けてたらしい。これ以前にも3回も修理出していて結構な時間かかっていたので、今回もそれくらいはかかるとたかをくくっていたのでした。娘が何気に、まだ連絡こないかなぁとナカコさんに確認。そういえばかかってきたよ、との返事。今日取りにいったら、な・な・な・な・なんと・・・・・¥17○○円、タダだと思ってお金なんて持ってない。

これには抗議したい。たった一回の本人確認もせずに「携帯修理直りました」だけで1月間そのままでこれじゃ、ボッタクリもいいとこじゃ~ないの!!!

と腹がたった。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

高P連の研修会はすっごくよかったです。音楽を聴いて涙が流れました。人の心に響きます。感動です。

これについては心が穏やかになったら記事にしますね。

題目 「モンゴル800年の文化を感じる---モンゴルの文化の紹介と馬頭琴演奏会」

講師 リポー氏 http://www.morinhuur.jp/~ripo/ 

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年11月27日 (月)

tomorrow-world

nyao2は、埃が原因ではないかということです。(やっぱり、お掃除行き届いていないから(笑))どうもウィルス性のものでもあるらしいです。鼻水も出るので飲み薬と目薬いただいてきました。今週はこれで様子みてみましょうとのことでした。

動物病院に行くことはnyao2にとっては、非常に恐怖のようです。病院内では私にしがみついて固まっていました。診察台でもあご、胸、おなか、全て台に密着させて固まってしまっていて、先生に目薬指されたら「シャー、シャー」言ってました。よっぽど恐かったのか帰ったら、寝てしまいました。(しろぱんさんちの菜々ちゃんといっしょです(笑))

**********************************

前回会員になったユナイテットシネマで、早速6ポイント使用で無料での映画を観てしまいました。

今日は「トゥモロー・ワールド」。

不思議に思ったのは、なぜ日本での上映でR指定がないのか?

SFなんだけどね。話は単純なんだけど、やけにリアルなんですよ。

ドキュメンタリータッチ。これがすごいのよ。テロの恐怖と戦場に本当にいると錯覚してしまう感じ・・・ちょっと言いすぎか(笑)

なぜ、なぜを追求していくと、あれこれ疑問もでてきますが・・・・。これはSFということで。

でも笑える映画ではなかったです。イラク戦争、各地で起こっているテロとか、日本人にとってリアリティがさほどない・・・・っていうのが本音じゃないかな。それでも、イラク戦争で日本人が巻き込まれたこと思い起こせば、現実味があります。あのやりきれない気持ちが蘇ります。実際もこういうふうだったのかな・・・なんて思うと、とてもっても複雑な気持ちになります。

観てる時にはどっぷりその世界に入っていけるけど、映画館でてしまうと非現実物語・・・・まぁ映画はそうなんだろうけれど。・・・ごめんなさいうまく伝わりにくい・・・

ワールドトレードセンターの後とはかなり違う思い・・・・(複雑)

ここから先は、映画観ようとしている人は控えてくださいね。

***********************************

思ったことは、どうやって撮影したのだろう。本当に戦闘地にいるかのように、本物のテロ爆弾のように、本当に人が殺されたかのように、本当に集団で車に襲撃されたかのよう、本当に子供を出産しているかのように・・・。やけにリアルなのよね。

カメラに血糊が飛び散っても撮影している戦闘の数分のワンカットシーン。恐怖よりこれ本物じゃないよねぇーって考えてしまってました。

命の尊さを伝えたかったんだろうと思います。それにもまして、失う命の多さにどうもつりあわない・・・。

とにかく、映像で伝える映画でした。衝撃度大きかったです。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年11月26日 (日)

眼瞼炎(がんけんえん)

最近、目の周りが赤く、目頭あたりに目やにを沢山ためているnyao2。

心配して、目やにをふき取ったりしていますが、すごく嫌がります。ナカコさんが、使っていた目薬をさしてやってというので、試みると1度きりでもう付けさせてはくれません。

今日は異常に変だったので、病院に連れていくことにしましたが、残念・・・いつもは日曜は診療日なのですが、今日は休診日でした。明日、仕事お休みなのでつれていってみますね。

ネットで検索してみると、眼瞼炎(がんけんえん)のようです。

ちょっと可愛そうな姿ですが見てみて・・・。

Img_0699 Img_0701_1

先日の記事の交差点の写真、生憎天気がよくないせいか昨日、今日だれもいませんでした。そういえば、屋根がない!これは雨の対応ができないなぁ~。これじゃ、雨の日のコミニティーは無理ですねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

シルバーコミュニティー

我が家の南東に、「☆☆☆町」の交差点があります。

道幅5メートル(東西)、7メートル(南北)ほど車道が東西南北に通っています。中央線が引かれ、両サイドに2メートルのレンガのひかれた整備された歩道、街路樹も植えられている道路の交差点です。信号機もあり、朝は小学生、中学生の通学でにぎわい、みどりのおばさんも立っています。交通量も結構あります。

その交差点の一角に、いつのころかシルバー世代の方たちがパイプ椅子とか、要らなくなった椅子をならべて横一列に、談笑する光景を目にするようになりました。

その一角とは交差点の中央から、北東に位置するレンガ敷きの歩道なんですけどね。そこの椅子からは南西方向が正面になり、交差点が一望できるのであります。

最近寒さをふせぐために、手づくりのビニールカーテンが掛けられるようになりました。どなたかが作ったのだと思います。

暖かい日にはビニールのカーテンは下ろされていません。風の強い寒い日はビニールハウスのように暖かそうで、会話も弾んでいるようです。

ちょっと面白い光景です。

写真アップしたいけれど、これってちょっとマズイのかな。風景としてならいいんだよね。

明日写真撮ってみよっと!

ちょっと、見たいでしょ~?

朝からほぼ日が暮れるまで、誰かがいる状態です。

ほのぼのしてとってもいい光景なんです。

難をいえば、こういう場所って、市で工夫して設置してくれると町の外観も損なわないのに・・・

(決して損なっているわけではないですよ。でも小奇麗な方がみんな喜びそうですし、危険も伴わないかもね・・・(笑))

一つ心配なことがあります。

ここの交差点、魔の交差点です。交通事故多発してます。車が逆さに横転してたこと何度もありますし歩道に乗り上げた事故も数知れず・・・。

くれぐれも、巻き込まれぬように・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

宅訪

宅訪・・・「たくほう」あまり聞いたことないことばだったんですけどね。

いい店づくりのために、お店の周りに住んでいらっしゃるお宅に訪問してアンケートに応えていただきました。

市場調査ってとこかしらね。

一人5件。今日、休日返上で行ってきました。花のエリエールティッシュ1箱、単三乾電池2個パック、アジエンスのお試しシャンプー持って回ってきましたよ。

すごいよ、8件回って5件の方が、親切丁寧に応えてくれたんですよ。嬉しいですね。まぁセールスじゃないから・・・・。それと近くのスーパーだからかなぁ~、みなさん感じよかったです。

1件目は、時間ないからと断られてしまいました。

3件目の方は、先ほども応えたんですけど・・・という返事。確認しましたらチーフが午前中まわったらしくて、私のテリトリーの方だったけれど、外に出てたんで応えてもらったんですって。

5件目留守。

後は順調。

収穫は大きかったですよ。

スーパーのパートでこんな仕事するとは思ってもみなかったです。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

試し書き

最近、スーパーの売り場に、年賀状コーナーを設置しました。

筆ペンコーナーには10種類くらいのペンと、メモ用紙を用意させていただいてお客様が気楽に試し書きできるようにしてあります。

4日目なんですけどね。

みなさんだったら、何を書きます?

娘は「あ」だって。

息子はクルクルクルと「続き円」。

私だったら、~~~~~~(波)線かな・・・?

実はね、こんなこと深く考えることないんだけど・・・考えちゃったのよ。

4日間続けて「死ね」と書いてあるメモがあるのね。それも一日一枚でなく、今朝なんて3枚くらい。書いている本人、意図あるのかなぁ~。

筆ペンで試し書きするのに「死ね」とは、決して「美しい日本」になりますまい・・・と思ってしまったのね。

この言葉しか発想できない人間って・・・・・・。

深く考えすぎ・・・・・かもね。

今日、娘の通っている学校の名前が、あまりよくないニュース内容でデカデカと新聞、テレビ放映されてました。学校集会があり、校長先生が凄く落ち込んでいる様子で、大丈夫かなと娘が心配しておりました。渦中の先生には、日本史教えてもらったらしくて、いい先生だよと娘は申しております。どうして、こういった手違いが出てくるのかなぁ~。私もちょっとへこんだんだけどね。先生方、がんばって名誉挽回しましょうね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

契約更新

前回の更新から半年。新たに契約となる昨日の面接時、とうとう止めたい意思を表示いたしました。

あれから、半年・・・いろいろ考えたんですよ。

まず、朝7:30はとてもきつい。洗濯物干して、朝食作ってがやっと。

12:00までといっても、12:00に終了できたことはほとんどない。

仕事内容は重労働。(本当に重いんだな商品が・・・。)

不満は沢山あるのですけど。介護・家事・パートをこなすのは体力的に難しくなってしまったということですわ。

止め難い理由もあるんですよ。

せっかく仕事覚えて、一人である程度できるようになった。

責任の持てる仕事あたえられて少し自信がもてた。

同じ部署の方々は先輩後輩みんないい方でとても離れがたい。

それでも、止めを選択しました。

疲れが溜まったのかも知れません。

お掃除がゆきとどかない我が家は住み心地が悪いです。

掃除が思い通りできなくて・・・・。

ところが、なんと意思表示して、2日目なんだけどね。なんか、心が生き生きしてきて前向きなんですよ。

まぁ、あと2ヶ月で有給消化して晴れて、退職ですわ。

今後どうするかって?

どうしよう?

明日は明日の風が吹く・・・・・ってか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

いじめ

「嫁と姑」問題と同じで、永遠のテーマだと思うんですけどね。

大人社会の反映です。・・・・と私は思うのです。

何処の職場でもありますよね・・・・。仕事のできない人間に対してとか要領の悪い社員に対してとか、少しばかりできる人間に対してとか、平均から少しズレてる人間に対して、無遠慮に集中的に物申す人物。みんなが言っているから自分も・・・。みんながちょっとおかしい人物だといっているから、その人に挨拶しない。なんか人間的にレベルが低くってやになちゃうね。

家庭内でもあるんだなぁ。人間3人いれば社会ができます。

仕事で疲れているから、家庭で弱い立場の人間(妻だったり、子供に)に暴言を吐く夫。そういう姿を見て育つ子供。

日常の当たり前と思っている世界が実は、いじめを誘発する要素だったりするんではないかなぁ。

小学校5年生だった頃、母に「転校したい。」と言ったことがあります。

ここから何を連想します?

私はいじめられていたと思う?

新聞記事で過去にいじめられていた方の意見をよく目にするこの頃ですが、具体的にどういうふうにじめられていたか、人には知られたくないと思うのは私だけでしょうか。書けないです。

どういう言葉が、どういった行動をされてたとか・・・。心の底に封印してあります。

親が知ったらショックを受けそうだから、周りの人間が引いてしまうかもしれないから・・・。理由はあるけど、今よく生きてられるね・・・と思う人もいるかも。

どうやってそれを克服できたのか・・・。わたしは周りの人間に手を差し伸べてもらったのでも、友達が励ましてくれたのでもなかったなぁ。今もよくするんだけど・・・現実逃避。本を読みはじめた気がする。周りが何を言おうと無視していたなぁ。本をよく読むようになると、少しばかりお勉強が出来るようになる。そうすると自分に自信がついてきた。

周りから無視されている子に声を掛けられるとつい関わりたくないと愛想のない対応をしてしまう・・・・こういった行動をとったこともあります。これはれっきとしたいじめだと思いますよ。

町内会でもあるんですよね。母親同士の関わりのなかで、皆さんも体験されたことがあると思います。○○さんには気をつけたほうがいいわよ・・・という忠告。自分には実際に被害は及ばないのに警戒して近付かない人物。相手からみれば、無視されているになるんでしょうね。

平等でいじめのない社会なんてのは非現実的なものなのかもしれないですね。

心の傷つきやすい心の弱い人間はどう対処していったらいいのかしら?

体の弱い病弱な子と同等に保護してあげなければいけないですよね。治療も必要ですし、体を鍛えることも必要ですし。

なによりも今、すぐに保護してあげないと・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ワールド・トレード・センター

「ブラック・ダリア」か「父親たちの星条旗」かこれのどれにしようか迷ったんだけどね。

ブラック・ダリアは11月24日までで、レイトショーでしか上映されてなかったです。

「父親たちの星条旗」は先日、息子が観に行ったんですけど「どうだった?」という問いに「普通」という返事だったので「ワールド・トレード・センター」に決定。今回は時間しっかり確認してきたから、ちょうどいい時間。

夫婦で鑑賞するといいのかなぁ~。

実際、夫婦で観に来ているカップルが多かったです。

家族愛がテーマかな・・・。それと、どんな状況下でも諦めない気持ちが奇跡を起こす・・・。

時間的経過が説明なくてもわかるんですね。現実に起こった2001年9月11の出来事だから。何の音なのかってのも・・・。

最近、流す涙はしょっぱくなかったんですけどね。今日はちょっとしょっぱかった。(笑)

帰り同級生でお友達のK・Iちゃんに遇ったんだけどね、彼女も今日はお休みで妹さんと「父親たちの星条旗」、観に来てたんだって。久しぶりだったんだけど、とても同じ年齢には見えなかったんだな。若々しかった~。ファッションも彼女らしい感じ!見習わなければね・・・。

お正月以来だから、またみんなで会いたいね・・・なんて話して・・・。

今度は「カオス」か「硫黄島からの手紙」を見よう!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

現実逃避

時々息抜きしたいと思う日があります。

朝から現実逃避します。

一応一通りの家事を早朝に済ませて、モーニング行って映画みて、通常の仕事時間に帰宅。

時々やります。(笑)

明日は決行日。

さて何観ようかな?

Kちゃん、休みかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

不思議な老婦人

買い物中に、見知らぬ初老の婦人から声を掛けられました。

初めてお目にかかる方でした。

「私、○○と言います。歳は73歳です。少しお話できますか?実は・・・・・・・・・・・・。」

要約しますと、東京からこちらに移って、この辺りのアパートに住んでいるそうです。まだ一月くらだそうです。、自分が移り住む近辺に、あることないことよからぬ悪評をたてて、電話とかメールで人格を中傷する噂を流す人物に今、ストーカー行為をされているそうです。なぜそういうことが発覚したかというと、急に近隣の方の態度が変化するそうなのです。いたたまれなくなり、どうしてそういう態度をとるか訊ねたところ、悪評を聞いてそういう態度をとったと言われるそうです。そして、その噂の内容を聞くとみんな口を閉ざすそうです。あなたが怒るかもしれない・・・、とても言えないといって確認できないそうです。だから、この辺りでそういった人を中傷するような「変なおばさんが越してきた」みたいなことを聞いたことないか?・・・・そういう変なおばさんがいるとか、あの人を観察するようにとかの噂を聞いたことないか?・・・ということでした。

内容如何によっては、事を荒立たせずにほっておけるものなのか、名誉傷つけられている噂なのか、自分は知りたい。でも、だれも教えてくれない。訴訟も考えていると言われます。

私はこの婦人と、15分~20分ほどスーパー内で立ち話していたのでした。その間、その婦人はそばを通り過ぎるお客さんをよそよそしく見て気にしている様子でした。

最初、話が見えなくて、結局どうしたいのか、新種の詐欺なのか、お金を貸してくれと最後なるのか?なんて聞いておりましたが・・・・。気の毒に同情する振りをすればいいのか?いろいろ心に浮かぶのですね。

結局なんだったんだろう・・・・?

100パーセント純粋に話を受け取れなかった自分って、今の時代に汚染されてる?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

家族総倒れ!

11月6日(月)早朝、ヤスオさんの調子がおかしいと、ナカコさんが心配して言ってきましたので、様子を見に行きましたら、なるほど少しからだが大変そうでした。嘔吐と下痢だそうです。

午前中仕事から帰ると、朝のままです。食事もいらないというものの、なにも与えないわけにはいかない嫁業。消化のよさそうなものをベットまで運んで後は本人の意思にまかせて、ナカコさんのお迎えに出かけました。

夕食時、様子を伺いに行くと病院に連れていってほしいという要望があったのでかかりつけの近くのM医院に連れて行きました。点滴をした割には時間的に早く診療を終えました。

11月7日(火)ちょっと変だぞ・・・と思いながらもルル3錠飲んで仕事へ出かけました。やっぱり仕事がうまくはかどらない・・・まだまだ元気。帰宅して、食事すませてからなんか体がたるいし、吐き気がするし・・・。ナカコさん、ヤスオさんに気分が悪いからちょっと休むからといって布団に入って熟睡・・・・・PM4:30目覚めたけれど起きられない。これはダメだと、「夕食なにか買ってきて」と主人にメールしました。体の節々が痛むし、なんといってもものすごい吐き気、我慢しけれず嘔吐3~4回。ビックリ顔で眺めるnyao2を見て、まだ笑っていられたけれど、さすがにたびたび来る吐き気にはもう苦しくて苦しくて。

PM6:30 息子帰宅と同時にトイレに掛け入る様子。嘔吐している様子。同じだ!

娘から迎えに来てくれとTEL。とてもとても無理だと返事すると歩いて帰宅しました。

PM11:00 あまりに苦しいからと、病院に連れて行ってくれと息子。夫にたのむと・・・(ひどいいつもの返事)。仕方なく、休日夜間診療所へ私と2人で向かいました。車中での会話「老後の世話はしたくないね・・・。」と息子。私「・・・・。」どう返事していいものか・・・。幸い2人とも運転中に吐き気をもよおさなかった・・・よかった。(笑)

11月8日(水)私、スーパー休日。昨夜と症状の変化なし。ものすごい吐き気と、下痢が続き、息子も同様。おまけに、娘も同じ症状に陥っていたらしい。起きてきて、今日はどうしても出なければいけない授業があるから学校に送っていって欲しいだって。・・・・送って行きましたよ。途中停車して嘔吐してしまいましたけれど・・・。(笑)娘もかわいいところあって、キリキリなのにそんなに急がなくてもいいから・・・なんて言うから少しホロってくるのよね。

ヤスオさんは随分よくなってきたみたいです。

AM10:30 娘よりTEL。38度になってしまったので帰るので迎えに来て欲しい・・・ですって。母は頑張りましたよ。帰宅してから3人ともダウン。

PM1:45 鞭打ってナカコさんのお迎えに行きました。話しかけられると嘔吐しそうだったのでひたすら無言。

PM3:00 症状の改善のない息子をM医院に連れていき、点滴をしてもらいました。点滴してもあまり変わらないなんて言ってましたが、帰宅して1時間ばかり眠ったら随分良くなったと起きてきました。まず安心。

吐き気がおさまったので、そのまま夕食の買い物に。これがまた大変。強度の下痢症状で出かけるのは決してしますまい!と思いましたよ。

吐き気が済むと、今度は頭痛・・・。こんなにひどい風邪は久々でした。持ち込んだのはヤスオさんですよ。(笑)

ただ今娘は、薬飲んで寝ています。

息子は少し元気がでたせいかオジヤを少し食べられる状態に。

夫は帰宅して寒気がするといい、眠ってしまってます。

ヤスオさん、日中ゴソゴソ動きまわれるほどに改善。

今回、ナカコさんだけが風邪ひいてなんですよ・・・・でもね、今日輸血したんだって。

私、現在、下痢はしてるけれど吐き気はおさまり、頭痛薬飲んだから頭痛もしなくなりかなり良い状態!明日はOKです。

嘔吐下痢の風邪が流行しているようです。皆さん気をつけてくださいね。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2006年11月 5日 (日)

介護の本音

お互い慈しみ合い、愛を培っている夫婦にとって義理の親の介護は、そうでない夫婦よりはるかに軽減されるのではないでしょうか。まぁ、こういった夫婦の場合は、介護はお互いに重荷にならないようによい対処方法を考えて、問題が生じればその都度話し合い、助け合うでしょうし、今は介護保険でヘルパーの手助けも得られます。

そうでない夫婦の場合、これは大変な心理が潜在いたします。

特にお互い背を向けて生活している夫婦の場合、嫁・舅・姑・小姑の関係は良い関係に築かれていない場合が多いのです。

妻は夫に些細な出来事を聞いてもらいたい・・・特に新婚時代から同居してきた妻は思うのです。・・・そういった事が妻のストレス解消となるわけですが、それがなされなかった場合、ストレスは蓄積されていっていずれ爆発を起こします。その蓄積でまた、関係壊れていきます。

今から書くことは、私の本音なんですけどね。

またまたお風呂のこと。

今日は確かに暖かいです。夫は今まで口にしたことのない事を言ったのでした。

ナカコさんに

「暖かいからお風呂に今から入れば・・・。」

この一言に私のヨコシマな気持ちが、真夏の空に入道雲が発生するように心を占領してきたんですよ。何かっていうとね・・・・。

いったい誰が入れるのよ。

ヘルパーさんにお願いして、やっと入れてもらえるようになったのに余分なこと言わないでよ。

ナカコさんも、ナカコさんでヘルパーさん断っておいてなぜに、今日入りたいワケ?(ここ2週間ばかり、介護師さんに断ってます)

とこう思ってしまったのね。

実のところ、心に中に浮かんだことはこれだけでなく、過去の出来事。

ナカコさんね、我が家の子供達が幼少の頃、毎日のように義姉の家に留守番に行っていたんですね。

もちろん、ヤスオさんの食事は私が作っていたし、昼になると帰宅して昼食食べて、また行くんですよ。

いったい私は家政婦じゃなのよ!っていつも思っていたのよね。

おまけに、娘が歩くようになりかわいい盛りになると、娘も連れていって・・・。私は嫌だったんですけど、言えなかったんですね。私は気が小さくて、まだ結婚五年目くらいで、そんなに強くないわけですよ。

働こうと思った時にヤスオさんに言われた言葉。

「子供は親が見ないでだれが見るんだ!」ってことも・・・なんて矛盾したこと言うんだ!・・・なぁんてね。今にしてみれば、夫婦一体の考えではないんですけど、ナカコさんイコールヤスオさんだったんですよね。

こういった過去を断ち切って介護したいね・・・・どうしても心に蘇るんだけど・・・・どうしたものでしょう。

なぜ、これが風呂に関係するの????・・・って思うでしょ!

この心理ってなんでしょうね!

このままでは、危ない人間になりそうな気がしたので

夫に「おばあさん、一人でお風呂は入れないこと知っている???」って聞いたら、「知らない」だって・・・・。いままで何見てきたのよ・・・ですよね。

ナカコさんに正直に話してみましたよ・・・・。

アラ、不思議。なんか心がふっきれて、大事に思えてきたんですね・・・・やっぱり思ったことは正直に話したほうがいいのかなぁ~・・・・ナカコさんも言ってくれてありがとう・・・なんて言うからさ・・・・ますます、愛おしくなるわけですよ。でもね、言い方には、気を使いましょう・・・・。

というお話でした。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・**・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

個人的なことでしばらく、塞ぎこんでましたけど、なんか元気でてきました。

気にかけていただいてありがとうございました。

| | コメント (15) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »