« 同じ体験 | トップページ | うなぎ »

2006年7月19日 (水)

ギャップ①「行き先は連絡しましょう」

先日、偶然久しぶりに再開した友達がブログを見てくれていました。

「自分のことはあまり書かないね。ナカコさんヤスオさんの名前おぼえっちゃったよ。」との感想をいただき、もっと自分のこと書こうと思った次第です。

私が嫁いで早20年。

新婚当時からずっと思ってきた心の内を打ち明けますね。

私の実家が常識的だとかそういうのでなく、子供のころから培ってきた価値観のズレを、結婚してから感じたことがあるんです。

それを少しずつ記事にしようかな・・・それぞれの家庭で、そうなる理由ってのがあるんですね。まあ我が家の歴史探求ですね。

その① 「行き先は連絡しましょう」

必ず出かけるときは行き先、いつ帰るか、食事はどうするのか・・・家族には連絡してから出かける・・・変更があれば電話で連絡・・・・これは世間の常識でもありますよね。

しかし、我が家にはこの常識はナイ・・・。

現状・・・教育上これは絶対に良くないことなので、私は常々子供達に行き先、いつ帰るか、食事はどうするのか、必ず聞きます。今は携帯という文明の力がありますので、この問題はすぐに解決できます。

嫁いだ頃、私は最初から食事の支度を任されました。ある日曜日食事の用意をしましたら、ナカコさんがいません。ヤスオさんに尋ねると○○に出かけたといいます。時々ありました。分かっているなら連絡くださいと主張しました。しかし、改善されません。

ある日、食事の用意しておいても、もったいないから出かけるとき、要らないときは連絡してか出かけてくださいと申し出たところ

「いつかは食べるんだから、へるもんじゃないしとっておいてれればいいじゃない。」

「それでも、作りたてでないと美味しくないものもあるから、言ってくれないともったいないじゃない。」

と反論したのを覚えてますが・・・。

麺類なんてとっておけないじゃんねぇ。

2年前までは夫は、毎土日朝から晩まで必ず家にいません。勿論仕事なのかなんなのか連絡なしですね。親がこうだからいたし方ないのか・・・。

ひたすら言い続けましたよ。

今になってやっと、やっとですよ、ヤスオおじいちゃんは書置きしてくれるようになりました。ナカコさんは相変わらず、連絡無しの方が多いです。

人の為に食事を用意することがなかったナカコさんなのかな・・・と自分で割り切りました。

腹は立てぬよう、いやなことは忘れましょう・・・と心に誓いました。

|

« 同じ体験 | トップページ | うなぎ »

コメント

私、前にも言いましたが「報・連・相」なんですよね・・・。報告、連絡、相談をしていれば間違いはないはずです・・・。それができてないから和合はできないと思うんだけどな・・・。
社会のなかの一番小さい社会って家族じゃない?
その家族から和合していかないと、大きな社会でいいようになるわけないじゃん!

やっぱ、家族でもルールはいるはずなんです。それでないと家族はやっていけるどころかバラバラになってします・・・。

親の背を見て子は育つ・・・。
ジジイと父ちゃんみててわかるわ~。
これは、もう誰にもアテにならないとわかったらBiさんが主導権握って、家庭のきまりっつうもんを決めてはいかがでしょうか???

また、的はずれなコメントになっちゃったかしら???最近文章読んでも、読解力がなくてごめんなさい・・・。

投稿: ポムモモ太郎 | 2006年7月20日 (木) 午前 12時37分

ポムさん、全然的外れじゃないよ。
当時、この家ってバラバラじゃんって思ったもの。
私の常識は、我が家では常識だという認識がないような気がするのね。だからこの家では私だけ跳ねられてしまうのね。私は間違いないということでも3対1じゃねえ。
それでね、一人で仕切ってきたのよ子供達のことは・・・自分中心で突っ走ってきたわけなんです。父親役もやって、つかれちゃって・・・。
まあ夫との道徳基準が違うのは確かに認識しています。許せる範囲ではなかったです。
また聞いてくださいね。

投稿: Bi | 2006年7月20日 (木) 午前 12時55分

何度もすみません・・・。
なんか、Biさんとこの旦那とウチの旦那、似たようなトコあるかも???

そう、道徳基準なのよ!!!
あ~~~、リキ入るわ~~~!
自分はそうやって育てられてきたから、私たちが見て「この人達変!」って思う事も当たり前になっちゃうのよね・・・。
この親にして、この子あり!なのよ・・・。
やっぱ、ジジイの子だから、こうなんだろうな~って思うもん・・・。
私がジジイの愚痴言っても、「常識がないからしょうがない・・・」の一言。
それからの進歩がないわけよ・・・。
言い方悪いけど、教育はしなおせないから死ぬまでそれと付き合わないとね・・・。

あ~~~、なんかお友達がいて良かったわ!
お互い苦労するね~~~。ガンバ!!!

投稿: ポムモモ太郎 | 2006年7月20日 (木) 午前 09時37分

お~、盛り上がってますね、nekosann付いていけないから、今日はこの辺で(^_^;)
アハハハ、我が家の旦那、今でも出掛けるとき何も言わずに出掛けますよー、
結婚して30年弱、諦めることが多かったかな、
旦那もそうだと思うけど(^_^;)

投稿: nekosann | 2006年7月20日 (木) 午後 08時36分

あはは・・・私も若い頃は、どこ行くのか何時に帰るのか聞かれてイヤだったな~(笑)
夕飯はいらないって事は、ちゃんと言いましたけどね。(*^_^*)
嫁って、大変なのね~。(しみじみ)

投稿: しろぱん | 2006年7月20日 (木) 午後 09時36分

ポムさんへ
後悔先に立たずで、結婚はできるだけ価値観の似た人、または違う価値観を認められる相手を選ぶ・・・これが大事だったのかな・・・。
相手を十分理解できないうちに結婚してしまったのかな・・・。
20年たってしまったのだから、なんとかうまくもってかないとね・・・。お互いに目を瞑るところもあるし・・・ね。
「結婚は人生の墓場」と申します・・・これを実感しましたが、逆転させていこうと、今奮闘中です。
過去仲人2組やったことあるポムさん夫婦・・・、ウチはそんなこと考えられないですよ。

投稿: Bi | 2006年7月20日 (木) 午後 11時48分

nekosann,こんばんは。
人生の先輩として、経験談時々教えてくださるから、うんうんって読んでます。
本当に全てにおいて一致している夫婦なんて少ないと思います。生まれ変わってもこの人と結婚したい・・・こういう夫婦ってそういないですよね。
結婚した当初は幸せになろうと結婚するのに、なぜにこうなるんでしょうね。
nekosann夫婦は信頼関係が培われているんですね。それと人生に余裕があるというか・・・。
ここにきてやっと、夫のいい面をさがす努力ができてきました。

投稿: Bi | 2006年7月20日 (木) 午後 11時54分

しろぱんさん、こんばんは。
親は、子供のことは許せるんですね。
食事のことに関しては、当時一生懸命作ってたんでしょうね・・・だからせっかく作ったのに・・・って思いが強くって時間とお金がかかっている分怒りにかわっちゃったんでしょうね。
今は急に必要なくなったらラッキーと思えるくらいの手抜き料理に変化しました。
家族といっても、人対人だからコミュニケーションが一番ですね。

投稿: Bi | 2006年7月21日 (金) 午前 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/11014715

この記事へのトラックバック一覧です: ギャップ①「行き先は連絡しましょう」:

« 同じ体験 | トップページ | うなぎ »