« 送別会 | トップページ | 術後経過 »

2006年3月11日 (土)

お勉強

思い起こせば、私は「介護」とは無縁にはなれないんだなぁー。

育った環境は祖父母同居でした。祖父が先に寝込んで、次に祖母と・・・。寝込んでしまってから二人で5年間くらいだったと思います。

祖父は今でいう認知症でした。ものすごくお風呂好きで、家族の寝静まった夜中に入浴したまま、お湯を炊き続け、大やけど寸前で気がついたことがありました。それからというもの、お風呂にはカギをかけておくようにしたのです。ところが、それでも祖父はお風呂に入りたい一心でか、2時間も3時間もずっとドアののぶをひっぱり続けるのです。カチャカチャと・・・・。この他にも、朝起きると布団はものけの空。見つけ出したところは水路端に倒れ込んでいたり・・・・何度も救急車のお世話にもなりました。

祖母については脳梗塞で一度倒れ、リハビリでなんとか歩ける状態になったものの、体の調子をくずして入院中に転倒。そして、ナカコおばあちゃんと全く同じ部分の大腿骨付け根を骨折。そのまま整形外科に延長入院。祖母は手術を受けましたが・・・。なくなって遺骨の中から、骨の代わりに埋め込んだ鉄製の人工間接骨が出てきました。さげてみると、実に重かった。たぶん実家の仏壇にはまだ残っていると思いますが・・・。

当時のことを考えると、母は随分と辛抱強く、看病していたと思います。

ナカコおばちゃんが、実家の実のおばあちゃんとたびたびダブルことがあります。

介護時代のことと同じくらいに、健康であった時の、私たちを可愛がってくれた祖父母の姿も思い出すんですよ・・・。

いままで、介護に関係する仕事には決して就かない、就きたくない・・・ヘルパーなんてとんでもないという気持ちがずっとありました。ところがここにきて、介護について少々知識を増やしたいと思うようになりました。なぜに・・・?  私にも不明・・・。

とにかく、私が一番大変ではく、大変なのは被介護者だということを忘れたくない・・・・と思うこの頃です。

|

« 送別会 | トップページ | 術後経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159574/9045205

この記事へのトラックバック一覧です: お勉強:

« 送別会 | トップページ | 術後経過 »